太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年01月29日

290 大宮神社と猿田彦大神 I “山幸彦=猿田彦のもう一つのルーツについて”

290 大宮神社と猿田彦大神 I “山幸彦=猿田彦のもう一つのルーツについて”

20160723

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


百嶋由一郎氏からは“山幸彦のルーツは島原の猛島神社だっただろう”といった話を聴いています。

サンゴ礁の海とは行きませんが、肥後よりは肥前の香りがする明るい南からの風が入るところです。

既に何度もお話ししてきたように博多の櫛田神社の主神である大幡主は、“博多港を拠点に武装商船隊を組織して半島、中国、インドシナへと交易をしていた”と話されていました。

 大幡主とは大きな旗を靡かせて海上を疾走する外洋船(海賊船)のイメージが付き纏いますが、恐ら幡とは船の帆を意味していたのではないか(大幡とは大きな帆それも高価な絹の?)と思います。

 それが、多くの幡=帆を意味する八幡神となり、倭寇に関しても海賊船=八幡船(バハンセン)と呼ばれていたのです。

 それがいつしか贈)応神天皇ごときが八幡神などと考えられるようになり、区別できるように正八幡神社(行橋、筑豊などに散見される)などと自称せざるを得なくなったようなのです。

 では、猛島神社です。
無題.png

主祭神 五十猛尊、大屋津姫命、抓津姫命


配祀 譽田別命、大綿津見命、天照大日命、天津兒屋根命、 菅原道眞、沫那藝命、沫那美命、國常立命、

(応神) (大幡主)  (天照)  (海幸)   (菅公) (イザナギ)(イザナミ)(天御中主)

彌都波能賣命、猿田毘古命、 現仁命、多紀理比賣命、狹依比賣命、多紀津毘賣命、奇稻田比賣命、

(ミズハノメ) (山幸)   (崇神)(宗像タギリ)(市杵島姫)(宗像タギツ)(クシナダヒメ)

神速須佐能男命、 八男子命、大國主命、大山咋命、八重事代主神、御年神、大年神、若年神、志賀神、

(スサノウ)    不明    OK     OK    OK   玉名疋野 (孝安) 不明  安曇礒良  

猿田彦神、宮毘神

(山幸)  不明

摂社 御前神社「八重事代主命」

         (エビス)


由緒

 「平成祭礼データ」から

 御祭神は、素佐之男尊の御子、五十猛神大屋津姫神柧津姫神を配祀する。

 日本書紀一書によれば、五十猛神が新羅から多くの木の種を持って帰り、それを妹の大屋津姫、柧津姫の2神と共に筑紫の国からはじめて全国に播いて歩かれたという。

 元和4年(1618)年、松倉豊後守重政公が、森岳城(現島原城)を築くまで、森岳大権現として祭っていた。

 その創祀は遠く不明であるが、森岳の森は神を祭る木の茂った聖地の意味で、岳は神聖な高地を意味する。この聖なる森岳に迎え祭った神は、森信仰の神であることには想像するにかたくない。森の神は地主神であり、農の神である。その神格は周辺の集落を開き造り始めた住民たちの祖霊と習合する民俗信仰にもとづいたものである。

敬愛する「神奈備」による

五十猛=大屋彦(オオヤビコ)と同母の妹とされる大屋津姫(オオヤツヒメ)柧津姫(ツマツヒメ)

このオオヤビコはイソタケルの別名であるという説(本居宣長「古事記伝」)がある。

無題.png

本殿遠景


この他にも五十猛=山幸彦=猿田彦=ニギハヤヒの祭祀圏を探ると以下になります。

全て現地踏査済、神社誌等で確認済(基礎データは敬愛するHP「神奈備」外)


佐賀県三養基郡基山町    荒穂神社

佐賀県佐賀郡大和町大字梅野 梅野神社

佐賀市鍋島町大字森田    新庄神社

佐賀県杵島郡大町町大字大町 大町八幡神社

佐賀県杵島郡白石町大字馬洗 妻山神社

佐賀県杵島郡有明町大字辺田 稲佐神社

佐賀県藤津郡太良町大字多良 太良嶽神社

長崎県島原市宮の町     猛島神社

長崎県南高来郡小浜町雲仙  温泉神社


以上、熊本を中心に、佐賀、長崎の猿田彦=山幸彦祭祀圏を概括しましたが、例えば、太宰府、嘉麻市外の荒穂神社とか、久留米市の天照御祖神社、筑豊の白木神社を始めとして多くの猿田彦を祀る神社がある事は言うまでもありません。なおも探査は続けます。……

なお、猿田彦が佐田大神との思い込みが蔓延した震源地は伊勢の猿田彦神社にあります。

同社縁起は以下。

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: