太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年12月17日

276 海幸彦を祀る神社を見に行こう “宮崎県北郷町潮嶽神社初見”

276 海幸彦を祀る神社を見に行こう “宮崎県北郷町潮嶽神社初見”

20160711


 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 熊本の神社トレッキング・メンバー数名から吾平津神社(乙姫神社)宮崎県日南市油津を日帰りで見たいとの強い要望が出たことから、当方が見たい神社も一社含めて三〜四社を選び強行軍の神社トレッキングを行うことにしました。

まず、熊本から高速で宮崎まで一気に移動します。次は宮崎から日南海岸を南下し、次の三社を巡ります。

しかし、実際に行き辺りで訪問する神社もあるはずですから三社詣りで済むとは考えていません。

調査旅行としては、途中で寄道する神社が必ずある事からこの程度のセッティングが楽で、実際にはこれ以上の神社を見る事になるでしょう。


@   野島神社        宮崎県宮崎市内海野島6227 

A   吾平津神社(乙姫神社)  宮崎県日南市材木町910

B   潮嶽神社        宮崎県日南市北郷町北河内8901

無題.png

既に2社は一〜二回訪問しリポートも書いていますのでお読みになった方もおられるでしょう。


ひぼろぎ逍遥(跡宮)201 宮崎市(日南海岸)のアコウの茂る野島神社

ひぼろぎ逍遥(跡宮)203 神武天皇の本当のお妃を祀る神社 “宮崎県日南市油津の吾平津神社”


 そこで、今回は初見の神社となる潮嶽神社の下調べとして事前調査をそのままブログにする事にします。

 フィールド・ワークは実際に行なう訳ですから、事前と事後の評価がどのように変わるかも面白いところです。

 百嶋由一郎氏は、“海幸山幸の争いは山幸の勝ちとなりました、それは全国に主神として山幸を祀る神社は山ほどあるのに、主神として海幸を祀る神社は数えるほどしかない…”と言われていました。

 勿論、海幸彦=草部吉見=春日大神=大歳神=武甕槌=鹿島大神=天児屋根命=正勝吾勝天忍穂耳=支那ツ彦=孝昭天皇(あくまでも藤原に格上げされた贈天皇)…と多くの名を持つ有力者ですが、春日大社にしても、本来は母系の神を祀っており、実際にはそれほど多くはないのです。

 これも百嶋由一郎氏が言われていた事を後追いしているのですが、そういった中、単独で海幸彦を主神として祀る神社の一つがこの潮嶽神社なのです。

無題.png

日南市北郷町の潮嶽神社はホスセリノミコト(海幸彦)を主祭神に祀る全国でも唯一の神社。

ヤマサチに敗れたウミサチは、磐船に乗ってたどり着いた越潮山(こしおやま)を潮嶽(うしおだけ)と称するようになったという。この地方では「ウミサチ・ヤマサチ」神話にちなみ、縫い針を他人に貸さない習俗があるという。

神話では海幸彦は山幸彦に隠れ有名ではありませんが、海幸彦は隼人(南九州に居住する氏族)の祖といわれております。

魚釣舞を含む潮嶽神楽や、神武東征の折、別れを惜しみ里の乙女が舞ったことに由来する御神子舞等の神事芸能も現存し、祭典時には大マグロや十数頭の猪頭も奉奠されるなど、海幸・山幸の御祭神の御神徳に因む漁業や狩猟の信仰が厚い。


これもネット上からですが、無題.pngから…


縫い針貸さない習俗

潮嶽神社は、北郷町北河内宿野地区の潮嶽に鎮座。祭神はホスセリノミコト、ヒコホホデミノミコト、ホアカリノミコトの兄弟3神。3神ともニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの間に生まれた日向神話ゆかりの神である。ホスセリは海幸彦、ホホデミは山幸彦、ホアカリは「播磨国風土記」によれば、風波をつかさどる神とある。

 神社の背後は飫肥杉の産地で、神話の里がどこもそうであるように、ここにも主祭神・海幸彦にまつわる地名が多い。潮嶽は、弟の山幸彦と釣り針のことで争ったとき、磐(いわ)船で満潮に乗り、越潮(こしおの)山に上陸、ここを潮嶽と称するようになったという。

 また、船から下りたところが「賢所」。禁足地となっており、ここには磐船が埋められていると伝える。さらに海幸彦が水鏡を利用し、みそぎをした池が「神池」、祭りのときアマテラスに酒食を出した場所を「饗(きょう)塚」という。海幸彦が国内を治めた後、この地で亡くなり、潮嶽川上の陵に葬られたと言われ、潮塚があてられている。ちなみに「宿野」は、信仰を集めた同社の宿坊が立ち並んでいたことによるという。

 ホスセリを主祭神とする神社は全国でも珍しく、土地では「海幸・山幸」の神話にちなんで、縫い針を他人には貸さない習俗がある。ホスセリは隼人族の祖とされ、日本書紀によれば隼人の声は、犬の遠ぼえに似ているとも書かれている。

 子供の初参りには、紅で額に「犬」の字を書き、病気封じをして強く育つよう祈願する。これも海幸彦にかかわるものとされている。

 同社の秋祭りで舞う獅子の「立藤舞」は、海幸彦の化身舞とされ、隼人の宮門守護を形象したものと伝える。痛々しいまでに、敗者に心を寄せる〈潮嶽の里人〉の優しさが身にしみる。


次は、

ひむか神話街道 50の物語集(神話編)より 第二十五話 こぼれ話 孤独な最後海幸彦のその後

からです


“弟の山幸彦が、兄の海幸彦の釣り針をなくしたことがきっかけで、兄弟仲が悪くなった二人。

山幸彦はワタツミからさずけられた塩満珠と塩乾珠を使って兄の海幸彦をこらしめます。

ある日も、山幸彦が海幸彦を攻めるため塩満珠を使うと、またたく間に海の水が満ちてきました。

海幸彦は「これは危ない。おぼれてしまう」と思い、「磐船(いわふね)」という大きくてがんじょうな船に乗り、その満ち潮にのって波間をただよいました。

船はやがて現在の宮崎県北郷町の宿野(しゅくの)あたりに流れ着きましたが、もう勝てないとさとった海幸彦はこの地で山幸彦に従うことを誓ったといわれています。

こうやって、山幸彦のこらしめからようやく解放された海幸彦ですが、その後、この地をりっぱに治め、隼人族の祖となったと伝えられています。

そして最後は一人さびしくこの地で世を去ったということです。

北郷町の潮嶽神社の西方の谷合地区にある大塚(王塚)は、海幸彦の御陵と伝えられています。


 勿論、百嶋先生の発言の裏取りのために探訪を行っているのですが、まず、この一帯は本物の神武天皇(神倭伊波礼比古命)の本物のお妃であるアイラツヒメを主神として祀る吾平津神社があるだけでも本気で考える価値はあります。


神倭伊波礼比古命

日向国にいた頃、吾田邑の吾平津媛(阿多の小椅の君の妹、阿比良比売)を妃として、 多芸志美美命(手研耳命)と岐須美美命(『日本書紀』には登場しない)を生んだ。

橿原宮で即位されたあと、媛蹈鞴五十鈴媛命(富登多多良伊須須岐比売命)を皇后とし、 日子八井命(『日本書紀』には登場しない)、神八井耳命、神沼河耳命(のちの第二代天皇・綏靖天皇)を生んだ。

敬愛するHP「玄松子」による

無題.png

百嶋神代系譜は通説と全く異なりますので、今では上のような神代系譜は全くの漫画に見えます。

 今のところ、この神社が本当に海幸彦を祀る神社であるのかについては全く判断できません。

ただ、敢て言えば敗者の海幸彦に肖ろうとする者はないことから、一定の真実が反映されているのならば回収したいと思うものです。

それが、本物の神武天皇のお妃を祀る神社に近いところにある事を考えると何がしかの真実があるのではないかと考えています。

通説では、神武天皇と海幸とは世代が合わない事になっていますが、百嶋最終神代系譜をご覧になれば分かるように、天照と神武は同世代というよりも腹違いの姉弟であり、海幸、山幸も同世代だからです。

 先に引用した、


子供の初参りには、紅で額に「犬」の字を書き、病気封じをして強く育つよう祈願する。これも海幸彦にかかわるものとされている。


無題.pngは、「犬祖伝説」と言われるもので、中国の雲南省、貴州省、四川省の少数民族に広く認められる伝説、伝承というより今尚残る優秀(勇敢)な犬を入り婿として取り込む習俗の延長にあるもので、宮崎県、鹿児島県に色濃く残るものの一つです。

 これについては、朝日新聞の記者であった内倉武久氏が何度も中国に足を運び熊襲の起源を大陸に求めておられ内容と通底しており、当方が阿蘇の草部吉見系氏族が雲南省から入っているという立場と無関係ではないのです。

 内倉氏と当方では多少立場が異なりますが、九州王朝を支えた重要氏族の一部は大陸から入って来ているという部分で一致しているのです。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: