太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年05月06日

伊倉023 天子宮は誰を祀るか? 023 “岡山の武苔(ムトウ)神社は天子宮か?”

伊倉023 天子宮は誰を祀るか? 023“岡山の武苔(ムトウ)神社は天子宮か?”

20070328

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


イ ンターネット検索という便利なものが登場し、知識や情報というものが広範に共有されてしまった結果、もはや、それを唯一独占してきた大学の支配的学派や学 閥というものが、第一義的には権威も意味も失ってしまいました。学問や科学としては、その爆発的に膨大する情報を加工できる創造性、独創性こそが問われる 時代になったように思います。このような時代にこそ、古田史学は実に切れる鋭利なメスと言えるのであり、また、そのようにあらねばならないと考えていま す。

それはさておき、東北の天子はひとまず置くものの、ネットに掛かってきた愛知県刈谷市小山町の天子(アマコ)神社と岡山県小田郡矢掛町小田の武荅神社(ムトウジンジャ)=通称名 武荅天子宮(ムトウテンシグウ)は気になります。

武 苔天子宮については、「祭神はスサノウを祀り、従来は武荅天子宮と呼んでいたが、明治六年武荅神社と改称した。」と、されているようですので、この方面の 古田史学の会会員で調査して頂ける方、また、当方のホーム・ページ(旧「有明海・諫早湾干拓リポート」現「アンビエンテ」)の読者で情報をお持ちの方は、09062983254までご連絡下さい。ここでは、愛知県と岡山県に天子宮の可能性のあるものが在るということだけに留めておきます。いずれ、岡山までは現地踏査に行くつもりです。

 直接で面食らわれたようですが、兵庫県在住の永井正範氏に同社の調査をお願いしています。

 署名論文を頂けるかも知れません。


武苔神社 カーナビ検索岡山県小田郡矢掛町小田5634

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: