太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png読者の皆さんに…真実の神社研究へのご支援を…


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久




ひぼろぎ逍遥、ひぼろぎ逍遥の読者の皆様、また、グループのブログをお読みの皆様、暑い中、丹念無題.pngにお読み頂き有難いと思っています。


 古田武彦が亡くなり、また、百嶋由一郎氏が亡くなり数年が流れました。


 当初、貴重極まりない百嶋研究の一部でも残せないだろうかと考え、手書きデータや神代系譜文書のDVD化、音声データの保存、複製、宣伝という作業を続けて来ました。しかし、単にデータの保管、配布の体制を確立するだけでは継承ができないと考え、blogで百嶋研究の説明、現場実調を徐々に進め公開してきました。この結果、全国にも理解者が増え始め、神社研究ではなんとか特異な勢力を形成できる所まで漕ぎ着けました。


 既に、百嶋研究の一部でも接点を持った全国の二十五人を超えるブロガーが独自の側面から研究を進めておられますし、ブログは書かないまでも、神社調査を行い記録を残している方もおられます。


 勿論、統一性は取れてはいませんし、なかなか難解な内容だけに、解明できない問題についてはメンバーの若い世代に託すことになるでしょうが、なお不明なものは後世の研究者に期待する事に成るでしょう。


 百嶋先生と知り合いになったのは七年ほど前だったと思いますが、もしも後数年生きておられたならばもう少し古代、神代の謎を継承できたかも知れません。しかし、未熟な者だけで作業を行わざるを得なかった事から今尚皆さんにご迷惑をお掛けしているものと理解しております。


しかし、私達の能力を考えれば、むしろ上出来といったものかも知れません。


さて、メンバーの背骨を形成している中心的思想とは、当然にも九州王朝論です。


 百嶋先生も“私も九州王朝論が分かっていない人に神代史を教えても意味がないし、教えたくないですね…”と言われていた事が今でも耳に残っています(吾は百嶋由一郎の面受の弟子なり!)


さて、四月の近江〜但馬、五月の糸魚川〜諏訪〜山梨、六月の青森と15日間づつ三度に亘って長躯の神社調査を行いました。


ぶっ続けで調査すれば良さそうですが、落ち着いてリポートも書かなければならず、研究会のスケジュールもあってそういう訳にも行かず、各々3,0004500キロの往復の調査とならざるを得なかったのです。


今後も、三重、和歌山、岐阜、福井…と、よりきめ細かい調査に入るつもりですが、もはや資金が底を尽きつつあります。


元々、福島の原子力災害辺りから、これ以上行政機関に留まりたくないとの思いが募り、後先き考えずに58歳で早期退職した事から(当時上の娘は大学に在学中だったのですが)年金と言ってもギリギリ暮らせる程度の物で、なんとかここまで働かずに神社調査を行ってきましたが、既に限界点を越え始めたようです。事実、当会は研究を優先するためメンバーから会費を取る事なく僅かな参加費で運営しています。


人手不足の時代、まだ、働こうと思えば職はあるはずですが、拘束時間が長くなれば、研究を進める事ができないまま人生の終末期を迎える事にもなりかねず、できるだけ体力がある間に遠距離の調査に入りたいと思っています。このため、出来る事ならばこのまま神社研究に専念したいものと考えています。


基本的には年金生活で何とかやっていますので、月額であと二〜三万増やせれば、車の維持、車検、保険、介護保険料、研修所の維持、研究会の組織化、ネット規制に対応するためにもう一つ別の発信のためのサイトの準備……と増加する負担にも対応できるのではないかと考えています。


今後、研究内容を保全するためにも、外付けハード・ディスクをタイム・カプセル化して鍾乳洞に保管する(太陽フレアによる磁気データの消失への対策)とか、研修所の維持、後世に残すためにユーチューブ化してオンエアするなど新たな作業に入る必要も生じており、もし可能であれば、通説とは全く異なる百嶋神社考古学の保護と継承のためのご支援をお願いできないかと考えています。


無題.png



年間一口2000円以上の任意の百嶋神社考古学研究会の支援会員となって頂ければ、九州においでになった際に会員待遇として温泉付き研修所に一泊お泊めできます。九州での神社調査の拠点として活用下さい。


振込用の銀行預金講座、郵便貯金番号は以下の通りです。


 大分銀行 若宮支店 000093−7505802 フルカワ キヨヒサ


 ゆうちょ銀行 店番 778 預金種目 普通預金 口座番号 1165562 氏名上に同じ


また、もし差支えなければ、以下のメールにお名前と住所と電話番号を以下のメールに送信して頂き、カンパした旨の連絡を頂ければ、神代系譜のDVD(既にお持ちの場合はそれに代わる音声データなど)をお送りできるものと考えています。


 携帯のメール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp携帯 09062983254 (常時対応)


無題.png


無題.png



2016年03月30日

180 天高く、青空に誘われ日向の神社探訪 D “三島神社正面の河野家墓地群”

180 天高く、青空に誘われ日向の神社探訪 D “三島神社正面の河野家墓地群”

20151030
久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

日向市以南宮崎市以北の神社探訪は過去何度も行っていますが、今回の神社探訪はそれなりの大社ばかりではなく小さな鎮守の社といったものまで含んでいます。
ただし、その全てをブログに書くなど到底できるはずもありません。
従って、初見のものでも何度となく訪れているものでも、自分の理解度が変われば自ずと見えていたものが誤りであった事に気付きますし、新たに見えないものが見えて来ることの繰り返しになります。
このため、ブログに取上げる神社は、その時々の問題意識、探究テーマに左右され、神社の格式、古さ、規模と言ったものとは直接には関係が無い事になります。
 この神社も、都農町の南の川南町が都農町と境を成す名貫川左岸に近い海岸部に鎮座する全く目立たない小さな神社です。
 両町を挟んで「名貫」という地名がありますので、この地名は通常の行政区画とは別の古い起源を持つ地域である事が分かります。
恐らく、この神社は川南町の中心部(川南町大字川南9041番)に鎮座する三島神社と同系等の神社と思いますが、どちらが主たる神社であるか(あったか)は今のところ両者を見ていない事から分かりません。
この三島の意味も大山祗を祀る瀬戸内海の大三島の三島からとられている事は間違いないでしょう。
ただ、最近、この三島も継体天皇が葬られたとする三島の藍の三島と重なり、継体天皇がもしかしたら大山祗系(もしくは子の大国主系)だったのではないかと考えており、三島が朝倉市朝倉の三島(ここには藍という小字も確認できる)が起源かも知れないと考えているところです。
また、内倉武久氏が主張している朝倉市長田大塚古墳継体天皇陵説の関連で調べた、隣町の杷木町の杷木神社が大国主を祀り継体天皇側に立った神社であることからも関連が推定できる所です。
これについては、「ひぼろぎ逍遥」223内倉武久氏による朝倉市長田大塚古墳=継体陵説と杷木神社縁起との整合について225内倉武久氏による朝倉市長田大塚古墳=継体陵説と杷木神社縁起との整合について A 外をお読みください。
無題.png
宮崎県川南町北部名貫付近の三島神社正面

この川南町の三島神社も百嶋神代系譜で大国主命の実父の大山祗を祀る神社である事は間違いないでしょう。
場所は直ぐには分からないと思いますので、現地を確認したい場合は付近で大猪ノ久保公民館を探して下さい。

カーナビ検索 宮崎県川南町名貫
無題.png
今回訪問した他の神社を含め、日向に大山祗命、大国主命を祀る神社が数多くあり、両者の信仰圏が広がっている事が見えてきました。
 その前に、三島神社が大山祗を祀る神社である事を確認しておきたいと思います。
一例ですが、越後の三島神社を敬愛するHP「玄松子」からご紹介しておきます。
無題.png
この神社の境内の一角にも石を持ってきて祀る習俗が認められました。
これは、筑豊一帯でもかなり見掛けるもので、大山祗、大国主命の信仰圏のメルクマールとも言えそうです。
無題.png

川南町名貫の三島神社の石持神事 (上) 都農町都農神社の石持神事 (下)

無題.png
ここで、面白いと思ったのは、道を挟んだ神社の正面に氏子の集落のものと思われる数十基の大型墓地があった事です。
無題.png
既にお分かりかと思いますが、大半というより九割方河野家の御墓なのです。
 当然、瀬戸内海の河野水軍との関係が想像されますが、恐らく間違いない事でしょう。
無題.png
問題は、そのベクトルです。
それこそ、島根県の山奥の三島神社を含め、多くの三島神社がその起源を瀬戸内海の大三島神社としていることは十分に承知しています。
しかも、瀬戸内海と一衣帯水の日向の海岸部の事ですから、そう考えない理由はなさそうです。
では、お尋ねしますが、山の神様とされる大山祗命が、何故、瀬戸内海の真ん中に鎮座されているのでしょうか?
山の神様とされる大山祗命が元々海に居たはずはないのであり、神話の世界にしても、必ず、故地があるはずなのです。
以前にも書いていますが、九州のフィールド・ワークを続けていると、中九州から南九州に掛けて大山祗、大国主命を祀る神社が数多くあり、出雲の神のはずであくまでもですが大国主の子とされる建御名方を祀る神社(南方神社、諏訪神社…)も驚くほど多く拾えるのです。
この事にも表れている様に、ある時代にこの一族が南九州を中心に大量に入っているのですが、何故か、国ツ神とされ、古くからいた天孫族に先行して渡来していた先住神の事が隠されているようなのです。
物部氏ともされる河野一族ですが、船を操る人々は同時に山から木材を切り出し、筏を汲み、川に流し、船を造る人々でもあるのです。だからこそ山の神を祀り、橋を造り、城を築く事も出来るのです。
勿論、物部氏は、ニギハヤヒ、ウマシマジを奉祭する山幸彦系の人々こそ本体でしょうが、この大山祗命、大国主命、建御名方を奉祭する一族も物部氏の一翼を担っていたはずなのです。
今、 ようやく分かって来た、中九州以南(豊後を含む)、南九州の基層部にこの一族が広く展開していた事を知る時、「古事記」が描く国譲りなるものが何だったの か、譲った国がどこで、明け渡しの後の移動したところがどこだったのか?という非常に重要な問題が浮かび上がってくるのです。
現在の出雲は神話の「出雲」ではなく、南九州こそが国譲りさせられた「出雲」だったという驚愕の答えに辿り着きつつあるのです。

建御名方建御雷神が大国主神に葦原中国の国譲りを迫ると、大国主神は御子神である事代主神が答えると言った。事代主神が承諾すると、大国主神は次は建御名方神が答えると言った。建御名方神は建御雷神に力くらべを申し出、建御雷神の手を掴むとその手が氷や剣に変化した。これを恐れて逃げ出し、科野国の州羽(すわ)の海(諏訪湖)まで追いつめられた。建御雷神が建御名方神を殺そうとしたとき、建御名方神は「もうこの地から出ないから殺さないでくれ」と言い、服従した。この建御雷神と建御名方神の力くらべは古代における神事相撲からイメージされたものだと考えられている。なお、この神話は『古事記』にのみ残されており、『日本書紀』には見えない。   「ウィキペディア」(20151102 1930による

天津神 天津神は高天原にいる神々、または高天原から天降った神々の総称、それに対して国津神は地に現れた神々の総称とされている。ただし、高天原から天降ったスサノオや、その子孫である大国主などは国津神とされている。

国津神 日本神話において、国津神がニニギを筆頭とする天津神に対して国土(葦原中国)の移譲を受け入れたことを国譲りとして描かれている。ヤマト王権によって平定された地域の人々が信仰していた神が国津神に、ヤマト王権の皇族や有力な氏族が信仰していた神が天津神になったものと考えられる[1]。国津神については、記紀に取り入れられる際に変容し、本来の伝承が残っていないものも多い[3]。日本書紀ではしきりにある文として伝承等を引用している点から、その記録文書は後世では失われてしまったようである。

「ウィキペディア」(20151102 1930による

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: