2016年03月27日

179 天高く、青空に誘われ日向の神社探訪 C “西都原に大山祗命の痕跡がある!”

179 天高く、青空に誘われ日向の神社探訪 C “西都原に大山祗命の痕跡がある!”

20151030

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

宮 崎県延岡市、日向市の南、都農町から木城町、川南町、西都市など延岡市から宮崎市の間が今回のフィールド・ワークのエリアですが、全ての神社についてブロ グに書く事はできませんので、どうしても特徴的で読者の皆さんが関心を示されるものを選んで何社かを書く事になります。

 今回ご紹介するのは西都市の石貫神社です。

無題.png

カーナビ検索  宮崎県西都市三宅4615ロ石貫神社

西都原古墳群に近接(東側)して石貫神社があります。

 この石貫神社については地元では知られているようですが、北部九州にお住まいの方にもほとんど知られていません。

 この事には、そもそも「大山祇命」を直接祀る神社が北部九州には少ない事があり、コノハナノサクヤのお父さんといった事以外、馴染みが少なく印象が薄い事があると思うものです。

 ただ、今回の天高く、青空に誘われ日向の神社探訪」は、大国主と大山祇命の痕跡を辿ることがテーマですから、日向に幟を揚げた大山祇命のお社を見出したのは有難い限りです。

 さらに言えば、百嶋神社考古学の立場からは大山祇命(実は月読命)は大国主の父親であり、妹にあたるコノハナノサクヤはニニギと直ぐに別れ、豊玉彦(ヤタガラス)と一緒に古代の日向である溝部町に前玉(サキタマ)神社として祀られ後の埼玉県の地名の起源となった前玉神社になっているとするのです。


由緒

 当社は古くは日能若宮又は石貫大明神と称し、創建は天平五年(733)と伝える。社地は創建時の記録『日能若宮元元由来記』によれば、「大山祇命」(中略)阿佐久良山[木患]木 原五百世山元筑波山云留彼所事、歳月遠座也」の地にして、筑波御殿の遺跡と伝える。往時は、社殿、境内、宏壮森厳で、真に筑波御殿の名に背かざるもので あった。弘治二年(1556)六月の『古帳神社知行目録』によれば、神田十二町一反歩を有し、応永二十四年(1417)社殿改修に当たり神饌田が加増さ れ、以来応永二十五年、二十六年、二十七年、永享二年(1430)等、幾度に渡り神饌田の増加の記録が現存する。しかし天正十五年(1587)豊臣秀吉、 島津出兵の際、羽柴秀長、兵を率いて都於郡に陣営した時、当時の石貫神社の祠官が軍令に従わなかった事によって社地は没収された。

石貫神社の名は、大山祇命の娘の木花咲耶媛を嫁にほしいと云って来た鬼に、一夜で石造の館を造ればと命じた。鬼は夜明けまでに造ったが、大山祇命は窟の石一個を抜き取り、東の谷に投げ、未完成とした。これで鬼の要求をはねつけたと云うことによると伝わる。

敬愛するHP「神奈備」より

無題.png
無題.png
無題.png


無題.png

この石貫神社がもしかしたら本物ではないかと考える理由は、この旧溝部町の前玉神社の存在を知っているからですが、大山祗命の娘であるコノハナノサクヤが、埼玉は本より関東全域で桜姫と呼ばれている事の起源が、この神社の直ぐ東側を流れる桜川を起源にしているのではないかと考えるからです。 

無題.png

参考


無題.pngこのコノハナノサクヤ姫が桜の意味を示しているのだという。

文中には桜という文字は出てこない。

初見するのは下巻(しもつまき)の履中天皇の宮殿の名前が「伊波礼の若桜の宮」のそれである。

国語辞典では「木の花」は桜花の異称。「此の花」は梅花の雅称としているように、コノハナノサクヤ姫は桜を表しているというのが定説となっている。

サクヤのヤは感動を意味する助詞で、木の花が美しく咲いているという感動を美しい乙女に重ねた名前でその花は桜でなければならないという推測である。

桜は古には佐久良、佐区羅、佐具良などと書かれ、その語源も麗らかに咲くから咲麗(さくうら)からさくらになったなど諸説あってはっきりしていない。

HP「いけばな歳時記」から

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: