太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年03月26日

178 朝倉市佐田の山奥深く瀛津嶋(イツクシマ)比賣命を発見した!”安倍貞任後裔の秘密集落の高木神社“

178 朝倉市佐田の山奥深く瀛津嶋(イツクシマ)比賣命を発見した!”安倍貞任後裔の秘密集落の高木神社“

2015130

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

内 倉武久氏による継体天皇陵長田大塚古墳(朝倉市)説の検証作業を進める中、安倍宗任の後裔一族の墓を発見し、更には死んだはずの貞任の末子の後裔の一族ま でもが朝倉市内に居られる事を知り、その現地確認作業を進めているのですが、そうした中、七年ぶりに朝倉市佐田の高木神社を訪れることになりました。

予定では二週間後のつもりでしたが、今日が祭礼日と聞き、急遽訪問した訳です。

ただ、神事の形跡は見られるものの、既に直会(ナオライ)に入っているようで、ただ一人、静かな社殿を見せて頂くことになりました。

 この地は“安倍貞任の末子を、血を絶ゆさぬように“…と宗任に託され逃れた一族の定着した隠棲地と聞き及んでいます。

 それを伝えるかのように、今も一族の名の刻まれた石柱が静かに立っています。

 こちらの安倍一族は、木和田、地下両地区に十戸ほどおられ、アベでも「安陪」の字を使っておられます。

無題.png

高木神社参拝殿(朝倉市佐田)

九州に配流され下向した(実は故地に戻って来たと考えていますが)安倍一族については、既に大分市の宗任後裔の直系のご子孫の方が四月に自家製本ながら600pの大著(「豊後安倍氏の伝承」)を出され、こちらも少ずつ調べている段階ですし、差し障りがあるといけませんのでこれくらいにしておきます。

九州の通説派の方々(といっても大した数はおられませんが)は、“宗任は配流されているが、貞任は自決したはずで、その一族の後裔などいるはずもない”と考えておられるようです。

しかし、現実にその一族の事を知り、その五輪塔などの存在をまでも知ると、大分大学の教授や学芸員など通説派の判断も底の浅いものでしかないとの思いを深めてしまいます。

朝倉市佐田の鳥屋山の奥深くひっそりと隠れ住んだ安陪の一族を思う時、この一族が、“何故、この地を選び移り住んだのか”に思いが馳せるのを抑える事ができません。

私達は、この安倍の一族が、久留米の高良大社にいた高良玉垂命(実は第9代開化天皇)の腹違いの兄弟=第8代孝元天皇の別れである大彦の流れであると考えています。

してみると、九州王朝論の立場からも、やはり故地に戻って来たのではないか…と考えてしまうのです。

カーナビ検索 福岡県朝倉市佐田

無題.png

建設者の後、「安」の崩し文字の「あ」+「陪」で「アベ」、「アヘ」と読み取れますね

高木神社の話に戻します。言うまでもないことですが、高木神社は彦山周辺七里四方48大行事社と重なっており、高木大神=タカミムスビの神が祀られている事は疑いようがありません。

しかし、我々神社考古学のものは、その背後、基層、深層を探るのを常としており、やはり、脇殿に配(廃)された須賀神社(スサノウ)こそ、本来の氏神ではなかったかと考えるのです。

無題.png

正面左 摂社 須賀神社(神額にも須賀と)       高木神社神殿

ここまでは、誰でもが想像する許される範囲で良いと思うのですが、実は、境内にはさらに三つ摂社が置かれています。

下の写真を見て頂きますと、竹で組んだ棚状のものがあります。これは、祇園社、八坂神社、須賀神社…などスサノウ系の神社で良く見掛ける習俗で、この点からも、同社の基層には、スサノウ系の人々がおられたのではないかと考えているところ。

 三摂社の右端の竹棚は壊れていますね(写真)。

左から瀛津嶋比賣命 五十猛命(読み辛いのですが五十鈴命ではなく五十猛かと)命 大山祗命と書かれていました。

もしかしたら、スサノウの後に祀られたのがこの三神で、その後、高木大神に変わったのかも知れません。

真中が怪しいのですが、第10代崇神天皇のお妃である五十鈴媛命かも知れません。しかし、を書かずに五十鈴命と読むはずもなく、組合せが奇妙ですが「五十猛命」と読んでおきます。

無題.png

左から瀛津嶋比賣命 五十猛命(読み辛いのですが五十鈴命ではなく五十猛かと)命 大山祗命

無題.png

文句なく瀛津嶋比賣命=市杵島姫命ですね

無題.png

祭礼に間に合わず宮司にお会いできませんでしたので確認はできませんでした

無題.png

大山祗命

いずれにせよ、文献では見るものの、実際に市杵島姫命を「瀛津嶋比賣命」と銘記しているものに出くわすことはほとんどありません。

これも、フィールド・ワークの賜物です。「瀛」が秦の始皇帝と金山彦との縁組により許された名誉ある表記であることについては以前も触れましたのでここまでとします。

関心をお持ちの方は、ひぼろぎ逍遥 156「秦の始皇帝と市杵島姫」外をお読み下さい。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: