太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年02月02日

伊倉012 天子宮は誰を祀るか? 012 “八代と津奈木の天子宮”

伊倉012 天子宮は誰を祀るか? 012 “八代と津奈木の天子宮”

20071206

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


九州の地中海ともいうべき不知火海の東岸、熊本県葦北郡津奈木町の北端に平国(ヒラ

クニ)という漁村があります。連休初日、熊本市の西、金峰山の西麓を抜け宇土、八代を経由して芦北町から津奈木に入りました。

ここに天子宮があることはネットで拾ったものですが、現地に入ると天子宮は集落の中心地に近い小丘に何事もないかのごとく鎮座ましましていました。

 この平国は不知火海沿岸に通い詰めている私にとっても初めて入る地区でした。近年ようやく道路事情も良くなり楽に入れるようになりましたが、芦北の女島(メシマ)や田浦の波多島(ハタト)と並び、戦前まではほとんど船でなければ入れない場所だったことでしょう。 

逆に言えば、そのような場所であったからこそこの宮が残ったのだと思います。

調査はこれからですが、球磨川以南の、芦北、津奈木は六世紀末に活躍する日羅(芦北国造阿利斯登の子)の領域です。日羅は百済に仕え高位の達率となりますが、敏達天皇に招かれ難波の宮で暗殺されたとされています。

ま ず、芦北町には白木という集落があり、隣接する坂本村(現八代市)には百済来川が流れ、久多良木集落があるのですから、どのように考えても六〜七世紀にか けて朝鮮半島との関係が極めて濃厚な場所だったはずです。このことが、九州王朝の天子宮の存在に関係しているとすることは必ずしもおかしくないでしょう。

芦北町湯浦在住の元美術教師で、私が主催するHPア ンビエンテ(「有明海諫早湾干拓リポート」改名)に寄稿頂いている吉田先生が平国の隣にある合串(エグシ)港で釣りをされていると聞いて平国からの帰路に 立ち寄りました。サヨリ釣りの邪魔をしながらこの天子宮の話をしたところ、いとも簡単に「ああ、天子宮さんね・・・」との返事が反ってきました。自分の住 む近所にも天子宮があったからのようです。 

このことから想像すると、どうやら芦北、津奈木一帯には、ほかにも天子宮があるようです。

八 代に戻り、翌朝、日本製紙工場正面の少名彦命神社(八代市福正本町)を見に行きました。ここに天子宮があることは『九州古代王朝の謎』に荒金卓也が書いて おられましたが、別に何の努力も無くネットでも拾えます。ここも少彦命神社とされてはいますが、地元では天子宮と呼ばれ、『肥後國誌』でも天子宮とされて います。

八代以南の天子宮については、今後の調査に待ちたいと思います。ただ、平国の天子宮の寄進名簿を見ると、その分布が田浦町から芦北、水俣市まで広がり、辺鄙な小集落にしてはかなり特異な現象のように思えました。

それとも、これが芦北の日羅の領域の広がりを示すものなのでしょうか。


無題.png

津奈木町平国の天子宮

無題.png

津奈木町平国(マピオン)

無題.png

八代の天子宮(少彦命神社)縁起


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: