太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年02月02日

伊倉011 天子宮は誰を祀るか? 011 “道君首名の末裔としての金光上人”

伊倉011 天子宮は誰を祀るか? 011 道君首名の末裔としての金光上人


20071206

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


古田武彦氏の親鸞研究はつとに有名ですが、それは置くとして、最近、道君首名の人物像を探る上で興味深いことに気付きました。時代は平安末期から鎌倉期に下ります。浄土宗の開祖、法然の直弟子の一人に後に金光上人と呼ばれる人物がいました。 

実はこの金光上人が筑後の出身であり、八世紀に活躍した道君首名の後裔に当るのです。

上人は福岡県浮羽郡水縄村石垣の出身で父は竹野長者といわれる豪族であり、母は橘方子(筑後の旧吉井町に橘田という大字がありますし、私の住む佐賀県武雄市橘町にも濃厚な橘氏の末裔の伝承があります)とされていますので恐らく橘氏でしょう。

上人は、筑後の高良山の御井寺(天台宗)で修行した後、叡山に上ること二十年、筑後の石垣観音寺の別当になります。

この石垣観音寺(現在の石垣神社)は和銅元(七〇八)年開基という古刹であり、古くは十三の末寺と筑後守から与えられた七十五の寺領を所有していたというのですからその力が推測されます。

後 に別当所領に争いが起り、上人はその解決のために鎌倉に上ることになるのですが、果たせぬうちに法然の弟子である安楽房の知己を得、自らも法然の弟子とな ります。これにより奥州に入り、浄土教研究者の間でもあまり知られていない『末法念仏独明抄』を残すのです(このことについては古田史学会報七号掲載の “和田家「金光上人史料」発見のいきさつ”を併せてお読み下さい)。

私には阿部一族の中でも大和朝廷への抵抗派ともされる謎の安東一族の領域に向かったようにも思えるのですが、想像が過ぎるかもしれません。

仮に道君首名の出自が阿部氏としても、その後裔が本国に戻ることなく有力な豪族として連綿と土着し続いていたということ、また、九州王朝の本拠地と考えられている高良大社との関係が推察されるなど、非常に興味深い問題が残されています。

こ こまで考えてくると、道君首名の一族の性格に注目せざるをえません。一定、大和朝廷との関係を維持しているとしても道君首名は必ずしも大和朝廷の直接的臣 下ではない上に、白村江の敗北後の唐軍による占領から八世紀初頭の九州王朝滅亡によっても、直ちに近畿天皇家が直接支配を及ぼせなかったという可能性まで も考えさせるのです。

無題.png


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: