太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年11月03日

131 川崎町の帝階八幡神社とはどこか? “田川郡川崎町の正八幡宮は帝階八幡神社か?”

131 川崎町の帝階八幡神社とはどこか? “田川郡川崎町の正八幡宮は帝階八幡神社か?”

201504020

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


久留米地名研究会のサブ研究会とも言うべき神社考古学研究班にとって、重要なテーマの一つに神武巡幸(行)があります。

百 嶋先生が特に強調されていたのが“神武東征はなかったが、神武御巡行はあった”“神武東征を行ったのは神武僭称 贈)崇神だったが、その後の九州王朝東遷は存在した”“三次に渡った仁徳による九州王朝東遷(初代神武による「神武巡幸(行)」とは別)によって移動し (主として第二次東遷による)、奈良に九州王朝の末裔とする秘密の神社もある”と考えています。

 この神武巡行(南九州からの九州西岸右廻り)に関係する神社があるのではないかと考えていました。

 これについて、豊の国古代史研究会のN氏(川崎町)から非常に興味深い情報をもらいました。


無題.png

それは、川崎町の隣の添田町のHPの記事でした。

無題.png

無題.png




それ以外にも同じ内容の記事がネット上からもかなり拾えるのです。

ここには、非常に興味深い神武巡幸(巡狩)の話が数多く拾えるのです。以下。


北九州での神武天皇の痕跡

3.田川市の伝承

川崎町帝階八幡神社御由緒

 神日本磐余彦命(神武天皇)が日本巡狩の時、此川(川崎の地)に住まい、猪を狩猟した。これにちなんで猪膝、猪尻(井尻)、猪鼻などの地名になった。神日本磐余彦命は父母や祖父母神兄弟神を迎えて川崎に居を営み、この川を「高日ア早日川」といい、後世の川崎の地名になった。多分ここでいいのではないかと思いますが神武天皇の伝承です
無題.png

無題.png

 川崎町帝階八幡神社御由緒


  神日本磐余彦命(神武天皇)が日本巡狩の時、此川(川崎の地)に住まい、猪を狩猟した。これにちなんで猪膝、猪尻(井尻)、猪鼻などの地名になった。神日 本磐余彦命は父母や祖父母神兄弟神を迎えて川崎に居を営み、この川を「高日ア早日川」といい、後世の川崎の地名になった。 
 なんと神武天皇は 家族を呼んでこの川崎の地に住んでいて狩りをしていたとあります
「高日ア早日川」は 狭野渡, 佐野命がこの地を出発し、東の方へ行かれる際に、最初に渡った川といわれているそうです。
 さらに父母や祖父母神兄弟神を呼んだと有ります 少しおかしな記載がありますね。

無題.png




「古事記」には長髄彦との交戦後、始馭天下之天皇宣言後の神武巡幸とみられる記事があります。


神武天皇31年、巡幸して腋上の丘に登り蜻蛉(とんぼ)のとなめ(交尾)に似ていることからその地を秋津洲と命名した。


とは言え、神日本磐余彦命は父母や祖父母神兄弟神を迎えて川崎に居を営み、この川を「高日ア早日川」といい、後世の川崎の地名になった。」という伝承(川崎町帝階八幡神社御由緒)は衝撃的です。神日本磐余彦命、佐野命と書かれている事から神武僭称贈)崇神とは思えませんし、神武東征ではなく神武巡幸(狩)とされている事からも、どうも本物の神武天皇の事績の様に思えます。

問題は、この帝階神社がどこなのかが、現在、全く分からないのです。

「田川市の伝承」氏は川崎町の正八幡神社で良いとされていますが、その根拠は示されてはいないようです。

当方は、国土調査が完了する前の川崎町の小字を確認しました。貴船屋敷、宮前…といった気になる地名がありましたが、現地を確認しながら再考する必要があるでしょう。

この作業だけからは、帝階八幡神社に直接繋がるような地名は見出せませんでした。

そうした中、成立間もない豊の国古代史研究会のメンバーのお一人から、興味深い場所があることを告げられました。

それは、「天皇屋敷」と呼ばれるものので、一目、古代の汀線と思われる湾曲した水路、道路がセットで伸びる陸側の一角でした。

ひぼろぎ逍遥(跡宮)118.川崎町(福岡県田川郡)大石神社の「石」の字には何故「、」が付いているのか? でご紹介した川崎町の大石神社正面参道からそう遠くない場所で、数十年前までは、その「天皇屋敷」と呼ばれる場所で盆踊りなどが行われていたそうです。

今のところ、帝階神社の探索の作業は中断していますが、地名研究会の筑豊、豊前へのクサビとも言うべき「豊の国古代史研究会」の活動開始はこれらの探索継続に繋がって行くことでしょう。

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: