太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年09月08日

113 狭野神社初見 “鹿児島県高原町は、はたしてカムヤマトイワレヒコの生育地か?”

113 狭野神社初見 “鹿児島県高原町は、はたしてカムヤマトイワレヒコの生育地か?”

20150512

                                       久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

「今頃になって狭野神社を見たとは…」とお叱りを頂きそうですが、神武天皇の出生地とされる鹿児島県高原町蒲牟田の狭野神社をご紹介します。

まず、神武天皇は幼名をサノノミコトと言います。勿論、お妃はアイラツヒメです。

この狭野神社では、この二つの事が正確に表面に出されていることから、この神社だけで考えれば、まずは疑いようがない神社に見えます。ただ、周辺の島津系の神社の印象からそう思えないのです。

無題.png

狭野神社正面中央参道


この事に拘る理由は、崇神天皇も神武天皇を装っていた形跡(ハツクニ…)が見て取れるからです。


神武天皇(じんむてんのう、庚午1月1 - 神武天皇763月11)は、日本神話に登場する人物であり、古事記日本書紀によれば、日本の初代天皇とされている。

日本書紀によると、天皇在位は辛酉年(神武天皇元年)1月1 - 神武天皇763月11とされる。

古事記』では神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれひこのみこと)と称され、『日本書紀』では神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)、始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、狹野尊(さののみこと)、彦火火出見(ひこほほでみ)と称される。

…中略…

神武天皇は即位前は神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)といい、彦波瀲武鸕鶿草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)の四男(または三男)である。生まれながらにして明達で、強い意志を持っていた。15歳のときに皇太子となり、長じて吾平津姫(あひらつひめ)を妃とし、子の手研耳命(たぎしみみのみこと)を得た。

ウィキペディア(20150513 0:40による


百嶋由一郎先生は、一応、狭野神社は本物の初代神武(カムヤマト…)を祀っており、正妃アイラツヒメを配されており本物と言える…とされていました。

ただ、出生地は列島大率の中心地の糸島半島であり、後にこの地に移動し巡行に向かったと言われています。また、百嶋神社考古学では、上記、ウィッキペディアの子の手研耳命(たぎしみみのみこと)を得た。は、アイラツヒメが正妃(皇后)の座を棄て(結果、名を変え蒲池姫となる)神沼河耳(カミヌナカワミミ)に払い下げられた後で生まれたもので、阿蘇氏もしくは藤原による脚色と考えています。

実は、この手研耳命(タギシミミ)こそ、タケシミミと呼び、阿蘇の主神である健磐龍命になるのです。


崇神天皇(すじんてんのう/すうじんてんのう、開化天皇10 - 崇神天皇6812月5)は、『古事記』『日本書紀』に記される第10天皇(在位:崇神天皇元年1月13 - 6812月5)であり、現代日本の学術上、実在可能性が見込める初めての天皇であると言われている。

和風諡号は『紀』では御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりびこいにえのすめらのみこと)。また、御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称えられる。『記』では御真木入日子印恵命(みまきいりひこいにえ)である。

ウィキペディア(20150512 20:40による


表記は異なるものの、明らかに自分も神武と読ませる和風諡号ハツクニシラスを付し、同等以上の業績を残した(日向からの東征とはこの崇神が行っているのであり、初代神武は九州西回りの瀬戸内海経由の巡行のみ)英雄との触れこみがなされているからです。

これに惑わされ、“初代神武とは崇神であるとか、第2代〜第9代までは架空である…”といった原点となっているものです。

従って、一部に初代神武天皇の正妃と解釈されているヒメタタライスズヒメ(媛蹈鞴五十鈴媛命)は当然にも第10代に格上げされた崇神天皇のお妃である事代主と活玉依姫との間に生まれた五十姫となるのです。従って下の後半部は誤りになります。


ヒメタタライスズヒメ(媛蹈鞴五十鈴媛命)は、神武天皇皇后である。

神武天皇は、東征以前の日向ですでに吾平津姫を娶り子供も二人いたが、大和征服後、在地の豪族の娘を正妃とすることで、天津神系と国津神系に分かれた系譜がまた1つに統合されることになった。

ウィキペディア(20150512 21:10)による


ただ、この東征以前の日向ですでに吾平津姫を娶り子供も二人いたが、は、一人は第4懿徳天皇となるのですが、もう一人は誰だったのかご存知の方はご連絡頂きたいと思います。

最初から一気に本題に入ってしまいましたが、観光客が屯する霧島神宮(これは明治以降の脚色)などを避け、本物の神社を見て回れられる方がよほど良いのではないかと思います。

無題.png

狭野神社 カーナビ検索 宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田117  0984-42-1007


なお、鎮座地の高原町蒲牟田は、現在でも33番神楽が奉納され続ける土地ですので、その時期においでになるのも良いかもしれません。

また、「蒲牟田」は「釜蓋」=「永尾」地名と同様のもので、「ひぼろぎ逍遥」211(掲載ペースから考えて半年後)で、「釜蓋」とは何か?“民俗学者 谷川健一の永尾地名から”G としてご説明したいと考えています。この地は水はけのよい溶岩丘陵であり、決して、蒲の穂が生い茂る湿地(牟田)だったのではありません。

無題.png
無題.png

本殿参拝殿正面


当日は熊本在住の霊能者グループの一行とスケジュールが一致したため51日の正午前後に現地の第4駐車場で待ち合わせしました。

このグループにも百嶋神社考古学はかなりの程度浸透しており、特にキャップのF女史は二十年の神社巡り研究の蓄積もあり、西日本の大半の神社を知りつくされています。

無題.png

神殿斜景

無題.png

彼女の姓も霧島の峰の一つであり、阿蘇の草部吉見神社の氏子であることから、参拝が済んだあと、境内社として「草部吉見神も祀られていましたよ!」と言ったところ気付かなかったとかで、再度ご案内してお教えしました。

境内右手奥の水神社の祭神の左端(格式としては一番低いのは当然ですが)に大年神(大歳神)として他の五神と共に祀られていました。

無題.png右から、スサノウの妃(神大市姫=ミズハノメ)、月読命(大山祇)、佐田大神(大山咋)、天御中主(白山媛)、伊勢外宮様(豊受姫)…と並ぶのですから、いくら藤原から格上げされた第5代孝昭天皇としても左下に並ぶのは順当と言えます。

してみると、草部吉見もここまで随行していたのでしょうか?

無題.png

と、ここまで考えて「狭野神社略記」を見ると、罔象女神、大山祇神、大山咋神、白山媛神と書かれており、残りの二神は本来の祭神ではなかったことに思い至り、急に力が抜けてしまいました。

 特に、大山咋神に至っては「咋」は「昨」と誤植され、真面目に考えたくなくなってしまいましたが、どうも単純にそうとも言えないと後で思い直しました。

 恐らく、豊受媛神も大年神も祀られていたはずなのです。

 ところが、神仏分離令によって神仏混淆の彦山山岳修験の正 勝吾勝勝速日天忍穂耳命(実は草部吉見=大歳神=大年神=実は春日大神=武甕槌…)が排除された結果、その妃(実はこちらの方がはるかに格上なのであり、 そのとおりの並び、序列になっているのですが)が表向きには摂社配神としては外され、実質的には粗末にできずに残されたと考えるべきであることが見て取れ たのです。

 薩摩も廃仏毀釈が吹き荒れた領域でしたが、明治の荒れた時代を生き延びた姿と見るべきだったのです。

 当時の御神職の方々の気持が垣間見えた思いがして、長駆遠征した疲れが吹き飛んだ瞬間でした。

 なお、豊受大神(辛国息長大姫大目命)=伊勢の外宮様には、前夫(海幸=草部)、継夫(山幸=猿田)がおられたことはほとんど知られていません。

無題.png

百嶋神社考古学最終神代系譜


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 21:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: