太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年03月28日

059 後の九州王朝東遷の神社で当方をご存じの場合はご連絡下さい。 “情報をお寄せ下さい!”

059 後の九州王朝東遷の神社で当方をご存じの場合はご連絡下さい。 “情報をお寄せ下さい!”


「ひぼろぎ逍遥」、「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院 共通掲載       20150123

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


“神武東征はなかったが、神武御巡行はあった”“神武東征を行ったのは贈)崇神天皇だったが、その後の九州王朝東遷は存在した”…が当面の基本認識です。

ただ、百嶋由一郎先生は「奈良に九州王朝が現存しております。九州王朝との約束によって出版しないということを守っています。…」また、「全ての研究データを奈良県のある神社に送り続けています。…」とも語っておられました。

こ れらについては、三次に渡った九州王朝東遷(初代神武による「神武巡行」とは別)によって移動し(主として第二次東遷による)、奈良天理に自ら九州王朝の 末裔とする秘密の神社(自らはご存じと思いますので)があり、もし、そちらの目に留まれば当方へとご連絡頂けるものと考えています。

この神社がどちらかについては、当方もある程度の見当は付けておりますが、百嶋由一郎先生は最後までその神社の宮司様とのお約束を守られ、私達にもその神社がどこかを告げずにお亡くなりになりました。

このメッセージだけで、もしお分かりになれば、先生の残されたデータ(恐らく、60年以上の調査内容の全てを送り続けておられたものと思いますので、当方の手持ちの何十倍もの資料をお持ちの事と思います)の存在を確認させて頂きたいと考えています。

無題.pngそちらがお持ちでないものを当方で持っている場合もありますので、もし、当方のブログをご存じの場合は是非ご連絡頂きたいと思います。

少なくとも、そちらがお持ちでない生の音声データを数十時間分保管していますので、それらを全て寄贈したいと考えています。

勿論、そちらには一切ご迷惑をお掛けするつもりはありません。


今回は保安上の問題からこの嘘つき国家の下では、これ以上の事を書けません(既に戦前の「国体明徴運動」以上の酷い状態にありますので…)。

余白を埋めるためと言っては申し訳ありませんが、代わりに吉田耕一先生のデジタル絵画「本日晴天」をご覧いただきます。画質はネット配信の都合上ある程度落としてありますので悪しからずご容赦。
無題.png

不知火海の縁にお住まいの九州王朝論者 吉田耕一(芦北町)の「本日晴天」

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: