太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年03月23日

057 畿内に神沼河耳(第2代綏靖天皇)を単独で祀る神社などありえない!

057 畿内に神沼河耳(第2綏靖天皇)を単独で祀る神社などありえない!


「ひぼろぎ逍遥」、「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院 共通掲載       20150124

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


久留米地名研究会のサテライト研究会である太宰府地名研究会を久留米との重複を避けトレッキング中心の現地探訪見学会に変更して数年が経ちますが、文献だけではなく、また、テーブルについて識者のご高説をただ拝聴するという体質から、自らの足と目と頭を働かせて調べるフィールド・ワークから得るものにも非常に大きなものがある事に全員が気付かされ続けています。

前々回のブログ 055 金凝神社“日田市天ケ瀬町五馬市の古社”で取上げた 神沼河耳(第2綏靖天皇)を祀る神社の確認は、九州の現地だからこそ出来たものであり、その足跡などありもしない奈良、京都近辺をどんなに探そうが遭遇することなどあるはずもないのです。

神代期の砂漠でしかない畿内を幾ら念入りに調べようが、何も見出せないのはないのは自明のことで、それは畿内が神代期の舞台ではなかっただけのことなのです。

津田でなくとも架空にしたいと思うのは良く分かります。

無題.png

2代 贈)綏靖天皇=神沼河耳命=金凝彦=高龗神を祀る金凝神社から数キロの天ケ瀬町塚田の阿蘇神社


 それは邪馬台国畿内説などと言う解放同盟の利権に連動するデマに基づき捏造された古代、神代を探ろうとも不毛でしかなく、結果、神代架空という愚かな結論に短絡しただけの事だったのです。

いわゆる欠史八代問題です。古事記」「日本書紀」において系譜はあるが事績ない第2綏靖天皇から第9開化天皇までの8代の天皇を全て架空としたのは津田左右吉でしたが、実は、崇神垂仁景行成務仲哀、(神功)も実在を否定しているのです。

百嶋神社考古学の立場から言えば、“天皇家が古来おられた畿内以外に古代の舞台などあり得ない!”とする思い込みからもたらされた単純な結論であり、分かりやすく言えば“ただの調査不足”でしかなかったのです。

まあ、この津田左右吉の手抜き学説は「思いつき程度」のものでしかなかったのですが、日本の古代史にとっても不毛と不幸をもたらしたものであり、同時に新たな原因にもなっているのです。

現在も、なお、“これらの天皇は実在せず、後世になって創作された系譜である“とするのがあたかも学門的であるかのようにも思われているようですが、皮相としか言いようがなく、欠片でも九州王朝論が分かっていれば、神代の舞台は九州であったことは明らかであり、革命的とさえ言われた戦後の史学でしたが、実は底が透けて見える程浅いものだったのです。

その最大の失敗が、ハツクニシラススメラミコト=神武僭称崇神による東征を、カムヤマトイワレヒコの神武東征と考えた事だったのですが、これは後のブログに話を送ることにしましょう。

当方も奈良周辺のフィールド・ワークが少ないため大口は控えておきますが、最低でも、神沼河耳(第2綏靖天皇)を祀る神社になぜ、健磐龍(タケイワタツ)=手研耳(タケシミミ=黎族の頭ミミもしくは勇者=乱暴者ミミと呼ぶべき)が絡むかを考えれば、初代神武が阿蘇周辺で活動していたことが分かるはずなのであり、九州から長期に巡行はしたものの、九州を越えての東征は行っていないのです。

国史学とか考古学の大家の先生方も、結局、原子力村と同じ仲間だったのですね!

 いつまで嘘が大手を振ってまかり通るのでしょうか?ほどほど日本とは嘘つき国家なのです。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 17:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: