太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年03月16日

055 金凝神社 “日田市天ケ瀬町五馬市の古社”

055 金凝神社 “日田市天ケ瀬町五馬市の古社”
「ひぼろぎ逍遥」「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院共通掲載 
20150122
久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

地名研究会、日田天ケ瀬温泉研修所の準備からオープンにかけて、頻繁に現地(大分県日田市天ケ瀬町五馬市)に通っていますが、直ぐそばに金凝神社というあまり見かけない神社がある事に気付き調べてみました。
 以前、山鹿市(旧鹿北町)芋生で一社見掛けたことがありますが、まず、類型の少ない珍しい神社です。
無題.png
旧天ケ瀬町教育委員会の解説文
単純過ぎますが、金凝神社の「金凝」から直ちに、製鉄、冶金に関係がある神であることを思わせます。
「凝」は、恐らく「日本書紀」のイシコリトメ、イシコリトベの「コリ」と同じでしょうし、金属を造ることに精通した(凝り性のコリ)製鉄神、カグツチ、韓鍛治(カラカヌチ)の仲間でしょう。
旧天ケ瀬町教育委員会(S49)の解説文によると和同三年以前の(変わった表現ですが?)創建、綏靖天皇、健磐龍命を祀る…とされています。
百嶋神社考古学の立場からは、綏靖天皇は正当皇統の天皇ではなく贈)天皇でしかありませんが、通説では、和風諡号カミ(ン)ヌナカワミミ 神渟名川耳天皇(日本書紀)神沼河耳命(古事記)を持つ堂々たる第2代天皇とされています。
 当初は故百嶋先生が「初期九州王朝親衛隊長…」と言われていた(イン)一族( 054 秦の始皇帝と市杵島姫 参照)の金山彦=金鑚大神と考えていましたが、ようやく、百嶋神代系譜(阿蘇ご一家)に登場する 贈)綏靖天皇=神沼河耳命=金凝彦=高龗神 であることに気付きました。
 それならば、綏靖天皇、健磐龍命が合わせて祀られていることにも納得がいきます。
綏靖天皇の妃は神俣姫=闇龗神であり、その間に生まれた贈)孝昭天皇こと草部吉見の娘婿が健磐龍命だからです。
無題.png
大変有難い事に、百嶋神社考古学は必ず解決の糸口を残してくれています。
なかなか分からなかったのですが、なんとか突破口ができた思いがしています。
 始めは、日田の山奥の辺鄙なところに阿蘇系の神が祀られているとは考えられませんでしたが、この五馬高原一帯の神社を見て回ると、数キロほどのところの塚田に立派な塚田阿蘇神社がありますし、阿蘇小国にも三十分で移動できます。
逆に久留米経由で菊池に行けば120〜130もあるのですが、山越えのコースで移動すれば、50キロ足らずで菊池まで移動できる所だったのです。
 五馬市の金凝神社を見た時、「豊後国風土記」に登場する土蜘蛛の首長五馬姫が、実は金山彦系の人だったのではないかと早とちりしたのですが、どうやら、この金凝神社は鎮圧した側の神社だったようです。
 やはり、五馬姫は玉来神社に関係しているのです。升田幸三の「錯覚いけない、よく見るよろし」が蘇ってきました。2015年1月の太宰府、玄海合同地名研究会主催日田三社詣りトレッキングに引き続き、春早々にも金凝神社を含めた仮題「五馬高原神社トレッキング」(玉来、老松、塚田阿蘇、元宮神社…)を行いたいと考えています。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: