太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年03月04日

051 阿蘇国造神社と甲佐神社の祭神 @

051 阿蘇国造神社と甲佐神社の祭神 @

「ひぼろぎ逍遥」「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院共通掲載

20150115

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

 無題.png熊本市の南、上益城郡甲佐町に甲佐神社があります(甲佐町大字上揚882)。

阿蘇神社の二の宮とされ、健軍神社、郡浦神社とともに阿蘇四社ともいわれます。

このような格付けは後世のものであり余り重きを置きませんが、昨年末に益城町トレッキングを行った際にも立ち寄ったことから研究会の中からも祭神を知りたいとの話が出ていますので、個別に対応するのをやめネット上に公開することにしました。祭神についてですが、学者の権威を認めないことから、敢えて彼らが無視する「ウィキペディア」を利用しましょう。


健磐龍命(タケイワタツノミコト)の御子、八井耳玉命(ヤイミミタマノミコト、甲佐明神)を主祭神とし、健磐龍命、蒲池比当ス(カマチヒメノミコト)、神倭磐余彦命(カムヤマトイワレヒコノミコト)、媛蹈鞴五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメノミコト)を配祀する。なお、八井耳玉命(ヤイミミタマノミコト、甲佐明神)は、阿蘇神社の主祭神健磐龍命の子で速瓶玉命の異母弟であると神系図では位置づけられているが、他に神武天皇の第二皇子神八井耳命の異母弟説、神八井耳玉命が阿蘇家の祖惟人命説、など様々な説がある。」(別名八井耳玉命                  


とあります。

しかし、健磐龍命(タケイワタツノミコト)の御子、八井耳玉命(ヤイミミタマノミコト、甲佐明神)とは誰の事でしょうか?

八井耳玉命」とは草部吉見神の伯父「八井耳玉命」に似た名前ですが、同神とは異なります。

しかし、勿論、関係はあるのです。

誰にもDNA検査ができる訳はありませんので結論だけを申上げます。

御由緒書(写真)にも「八井耳玉命」とありますが、では、八井耳玉命とは如何なる神なのでしょうか?


実は阿蘇北谷の国造神社の祭神=速瓶玉命(ハエミカタマ)=大山咋(オオヤマクイ)命の事なのです。

古代の有力者阿蘇草部吉見神と秦の始皇帝=蠃(イン)氏の一族と縁組をした渡来系の瀛(イン)氏の一族である宗像の市杵島姫との間に生まれたのがこの速瓶玉命=大山咋命であり、阿蘇二宮とはされていますが、古代の神格からは阿蘇一宮の健磐龍などよりは遥かに上位の神なのです。

 この大山咋(オオヤマクイ)命こそ、松尾大神、佐田大神(出雲佐田神社の本当の祭神であり、決して猿田彦などではない)であり、日吉神社、日枝神社の祭神、ひいては比叡山にも通じる山王権現、山王神社の神でもあるのです。

 また、肥後向けに分かりやすく言えば、阿蘇高森の草部吉見の息子(重要なのは母が市杵島姫である事)であり、高木大神の娘である拷幡千々姫(タクハタチジヒメ)が草部吉見との間に産んだ阿蘇津姫=天豊ツ媛をこの甲佐神社の神=速瓶玉命=大山咋命は妃としているのです。

 このため、この神は阿蘇草部吉見神にとっては実の息子であり、阿蘇健磐龍命にとっては実の娘の夫になるのです。

 この神社が阿蘇の一族(実は中国の雲南省から渡ってきた民族)にとっては如何に重要であるかがお分かりになったのではないかと思います。

 後に、この速瓶玉命=大山咋命の息子が第10代崇神天皇(ツヌガノアラシト=ミマキイリヒコインエ)=自称神武天皇となるのです。

 もしかしたら、「ウィキペディア」氏が「神倭磐余彦命(カムヤマトイワレヒコノミコト)を配祀する。」としていることは、この自称神武こと崇神天皇(ハツクニシラススマラミコト)と混同されたのかも知れません。ただ、本物の神武天皇も、この甲佐からほど遠くない天君ダム付近にいたことから、決しておかしくはないのですが、まだ良く分かりません。ただ、「天君」とは「薫長」なのです。

 謎は、解いても、解いても、深まります。ただ、瞬間的に説けるのみなのです。

無題.png

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 14:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: