太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年02月28日

049 何故か感涙を禁じえぬあまりに立派な高木神社 “大任町の高木神社”

049 何故か感涙を禁じえぬあまりに立派な高木神社 “大任町の高木神社”


「ひぼろぎ逍遥」「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院共通掲載

20150108

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


このところまだ公表できないある重要な考古学的(穴掘り考古学)テーマによって、筑豊でも最奥部、田川郡の大任町、赤村、香春町、川崎町近辺で活動しています。

その合間を縫って神社の探訪も続けているのですが、今回、みやま市(旧瀬高町河内)の超高格式玉垂宮に遭遇した時と同様の感激を覚える神社を発見しました。
無題.png

その神社は、普通、中々見つけられない人目に触れない場所にあり、まず、神社探訪を繰り返しているというかなり神社に精通した方でもご存じにならない宝石のような存在に思えます。

この神社の素晴らしさを一言で伝えるのは非常に難しいのですが、通常の土地開発から守られるような地形や環境に置かれている事、喧騒から隔離され神社が本来 持っているべき神秘性神聖性を失っていない事、神社の顔(祭神の顔)が明確に見える事、閉鎖性にも関わらず経年劣化を免れ手入れが行き届く地域の崇拝を得 ている事、歴史的地域的政情の変化から生き残るために祭神を隠し、入れ替え、他の神を受け容れた形跡がない事…など切りが無いのですが、事実、ご紹介した いものの、同時にそっとしておきたいという気持ちも伴っています。

ただ、神社に関心をお持ちの方にはどうしても見て頂きたい気品あるたたずまいを失っていない事から、そういう意味でも知って頂きたいために敢えてお知らせすることにしました。

特別豪奢な社殿を持っている訳でもなく、手入れの行き届いた神社というものは筑豊地区でも飯塚市内内野の老松神社や嘉麻市大隈町の北斗宮…などいくらもある のでしょうが、この神社はその閉鎖性から受ける神域性とその清浄な神聖性を保っているという印象が特に強いように思うのです。

さて、前置きが長くなりましたが、高木神社は九州でも甘木、朝倉から筑豊全域の山手の方を中心に広く、色濃く分布しています。

それ以外には、久留米市の高良大社の裾野や、当然にも(高来郡だからですが)諫早、島原、大村など長崎県の南北高来郡を中心に色濃く分布しています。

高良大社の裾野に鎮座する高木(高樹)神社については、久留米の現地では知らぬ者のない伝承が残されています。

これについては、HP天神地祇」が非常に正確にまとめられていますので、無断ながらご紹介しておきます。

高良山は古く、高牟礼山(鷹群山、たかむれ)と呼ばれ、高良山の本来の祭神は「高木神(高御産巣日神、高皇産霊神)」であったとされる。

 高木神の信仰に由来して「鷹」の神祇と呼ばれるものがある。鷹とは高木神の「たか」に由来し、高上ゆえに天空高く在って疎薄、そして猛禽ともされた神の異名。鷹巣や鷹取、鷹群など「鷹」地名を散在させる神祇が九州北半域に広がっている。

 山麓の二之鳥居の脇に「高樹(たかき)神社」が鎮座し、地主神として高木神が祀られている。この社の縁起では、高木神はもとは山上に在ったが、玉垂神に山を貸したところ、結界を張って鎮座されため山上に戻れず、麓に鎮座しているという。

 この域には「高木氏族」の存在がある。この高木氏族は御井、北野、大城あたりを本地とし、のちに肥前の大族ともなる。この氏族は高木神に由来するとされ、その領域は北部九州の高木神祭祀域と重なる。

 そして、大善寺玉垂宮周辺にこの高木氏族が濃密に在り、水沼氏に由来する日下部氏族に拘わったとみられる。

  のちの高木氏族が「日」の神祇、日章の「日足紋」を家紋とし、同族の草野氏(くさの)が日下部(くさかべ)の名義に纏わるとされる理由(わけ)。そして、 高木氏族が肥前一宮で奉祭する地神「與止日女(よどひめ)」は鯰を眷属とするなど、阿蘇の蒲池比唐ェ習合していた。この域において日下部氏族と高木神氏族 との拘わりは深い。


ともあれ社殿をご覧いただきましょう。


無題.png

無題.png左殿はスサノウ(昔氏新羅系)を祀る今宮社ですが、百嶋神代系譜によれば、右殿(主祭神)に高木大神、その次女である拷幡千々姫(タクハタチヂヒメ=ニニギの姉)それに少彦名命が祀られています。

参道の配置を見ると後で今宮社が加わったような印象を受けますが、少彦名命は、本来、大国主命(越智族=大山祇系)であり、許氏で高皇産霊系のニニギ一家に加わるはずがないのですが、これは今後の課題です。

なお、神紋を見ると両殿ともに、恵比寿系(古々代ユダヤ)の九本の燭台を意味する三柏紋であり、決して新ヘブライ系のスサノウのものではありません。

この古々古代ユダヤと新ヘブライの融合した神社がこの大任町の高木神社の性格のように見えます。

なお、今宮社の「今」は後から加わった新しいという意味か、山幸彦系の白木神社(福岡ならば糸島に近い今津、今山、今宿…)に象徴される「今」(実は山幸彦を意味する「射魔」)で、大任町の前身、今任町の「今」とも通底しているものと考えています。

今後、宮司にお話をお聴きするなどしたいと考えています。

この神社はカーナビで探さなければまず発見できない神社ですので、最後に検索用のデータを置いておきます。彦山に向かう途中の彦山川沿いで繁盛を続ける田川郡大任町大字今任原の道の駅「おうとう桜街道」から数分で行ける場所にあります。


福岡県田川郡大任町大字大行事成光23100947-63-2283)どんぐり保育園手前より100mほど奥に入る。

無題.png

と、話はこれで終わっても良いのですが、もう少しお話をしておきます。

 百嶋先生は、列島には5000年前からヘブライ系の人々が入っており、それを「古々代ヘブライ」と呼んでおられました。彼ら恵比寿は三柏の神紋を用いています。これに対して、紀元前後に入ってきたヘブライ系の人々を「新ヘブライ」と呼び、彼らは高句麗の「高」をシンボルにしていると言われていました。

高木大神=高皇産霊=高来=高城=高樹…

 その背景には、紀元前の中国において秦の始皇帝(イン一族)と縁組をした金山彦やイザナミの一族は海を越え列島へ渡来し(イ ン)の一族となるのですが、新羅系の昔(ソク)一族のイザナギとの間にスサノウが生まれ、その子長鞼彦(ナガスネヒコ)…それに博多の櫛田神社の主祭神で ある大幡主(白族)もその妹埴安姫が金山彦と婚姻しており、大幡主の子アカルヒメの子である宗像大社の市杵島姫(実は瀛島姫)もその系統になるのです。

 してみると、この新ヘブライを受け容れた古々代ヘブライ系集落がこの高木神社の集落となるのでしょうか? とりあえず、ここでは高木大神の次女である拷幡千々姫(ニニギの姉)を祀る珍しい神社があることを確認しておいて下さい(なかなか出くわしません)。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 21:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: