太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年02月10日

043 四国に高良神社を探る @ 

043 四国に高良神社を探る @ 


“しまなみ海道〜中瀬戸自動車道 年末2(車中)泊3日の駆足調査旅行捷一号作戦

20150103

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


山陰米子に高良神社を発見して以来、畿内大和政権によって掻き消されたと考えられる九州王朝の宗廟=高良大社の分社を探る調査を行ってきましたが、いよいよ、四国は伊予の調査に入る事にしました。

 20141228日、田川郡川崎町在住メンバーの御自宅で行われていたもち突きを見せて頂き、つきたてのおもちを頂き、一路、伊予へと向かいました。

 北九州に近い豊前の田川郡とは言え、関門トンネルを経由し高速道路を利用しない一般道利用の行程ですからあまり時間的余裕はありません。

 詳しく調べてはいませんが、午後一時に出発し、二号線で広島県尾道市向かいました。

経費を抑えるために真夜中を挟んでしまなみ海道に入り大浜PAで車中泊の予定でした。

当方の「ひぼろぎ逍遥」でもメールのやり取りをさせて頂いたHP暗号「山上憶良」氏のリストには四国に7つの高良神社がリスト・アップされていました。

四国に高良神社があることは、一応、把握していましたが、これほど正確には掴んでいなかったため、まずは実見すべしと重い腰を揚げたのでした。


高良神社  愛媛県西条市氷見乙無題.png

高良神社  香川県三豊市山本町財田西

高良神社  香川県三豊市豊中町本山甲1448

高良神社  香川県観音寺市八幡町1丁目1

高良神社  徳島県三好市山城町末貞 

高良神社  徳島県徳島市飯谷町高良14

  高良神社  徳島県徳島市応神町古川字高良63




さすがに年末の喧騒の中、未見の神社を探すという作業は非常に神経を使うため、最終的には徳島までの遠征はやめ、まずは、伊予、讃岐の高良神社を確認できた事に満足し、阿波の調査は次回に回すとして、四社を確認して九州本土に戻りましたが、最低でも伊予、讃岐にまでは九州王朝の版図が広がっていた事が見えて来たのでした。


 個々の調査については、以後、西条市、観音寺市、三豊市の四社をお知らせするとして、夕暮れに近づいたものの、29日単日で順調に実見できました。

香川県坂出市内の某温泉で疲れ切った体を休め、再び、瀬戸中央自動車道に入り与島PAで再び車中泊し、早朝から2号線で九州へとんぼ返りすることになりました。

これで、無事に帰りつけば万々歳で、長駆1200キロの調査旅行は完遂するわけです。

徳島の三社については次回の楽しみとして残したようなものであり、いずれ、研究会のスケジュールの合間を縫い、鳴門海峡大橋を渡り阿波の調査に入る事にするでしょう(捷二号作戦の発動です)。


今回は前振りのようなもので何の参考にもならないと思いますが、「民俗学を志す者は高速道路を極力避けるべし」と言っている以上、当然にも実践すべしと自ら単独調査に及んだのでした。

HP暗号「山上憶良」氏のリストには山陰、山陽、畿内ばかりか、埼玉、宮城、青森(青森については数社あるはずですが、当方も未確認のため)の高良神社も搭載されています。

ここでは、山陰、山陽、畿内のデータをお知らせして終りたいと思います。

もし、読者で九州王朝論に関心をお持ちの方がおありになれば、付近の高良神社に関する情報をお寄せ下さい09062983254


HP暗号「山上憶良」による


高良神社  山口県下松市河内665        高良神社不明

高良神社  島根県松江市八幡町

高良神社  鳥取県米子市兼久114                      古川実見済み

高良神社  岡山県津山市押入111

高良神社  兵庫県姫路市飾東町北野

高良神社  京都府福知山市字鋳物師60-1     厄除神社

高良神社  京都府八幡市八幡高坊

高良神社  大阪府寝屋川市打上元町38-1    打上神社 (高良神社)

高良神社  奈良県天理市櫟本町1496      写真9番目

高良神社  滋賀県長浜市宮前町13-55      長濱八幡宮

高良神社  滋賀県彦根市鳥居本町2464     不明

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 11:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: