太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年01月14日

034 伊勢神宮にはなぜ内宮と外宮が存在するのか? A “夫婦石”

034 伊勢神宮にはなぜ内宮と外宮が存在するのか? A “夫婦石”

20141120
久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


無題.png


伊勢神宮を考える時、伊勢志摩国立公園の伊勢、志摩という地名が糸島半島から持ち出されたものであることは確実に思えます。

まず、福岡県の現糸島市は古代には対岸であった旧志摩町と前原市とが合併したものであり、筑前國續風土記の怡土郡、志摩郡は元より、律令時代の怡土郡が「魏志倭人伝」の伊都国に繋がることは疑い得ません 。無題.png

ただ、旧志摩町の志摩という表記がどこまで遡れるかは今のところ分かりません。
ただ、「日本書記」には嶋郡が確認できます。これが旧志摩町の領域であることも、同地に来目皇子の墳墓があることから間違いないでしょう。
来目皇子は死後、周防の娑婆で殯し、羽曳野市に葬られた…と。

推古天皇10年(602年)2月、来目皇子は新羅征討将軍として諸の神部及び国造伴造等、軍二万五千を授かり、筑紫の嶋郡に向けて出港、船で軍粮を運んだ…「日本書紀」

一方、律令制の時代、七世紀の東海道には既に伊勢国、志摩国(嶋国、志麻国)があった。
まず、この両地域が無関係とは考え難いところです。それは、冒頭に挙げた二見地名があり、夫婦岩が存在している事でも十分に思えるのですが、さらに、双方に「カフラ」と呼ばれる地名も存在するのです。


糸島市加布羅鳥羽市加府良古崎

伊勢志摩にはフィールド・ワークが及んでいないため、今のところこのめったにない特徴的な二つ地名の対応だけをお知らせしておきます。「ラ」は朝鮮語の国とか土地という意味ですね。
「しかし、肝心の伊勢地名がないじゃないか」とのお疑いが掛かるでしょうが、実は糸島市にも伊勢地名は存在するのです。
今は糸島市に編入された旧前原市の隣町二丈町に「伊勢ケ浦」という小字が存在するのです。

糸島市二丈上深江字小西、海老ノ峯、森園、木ノ町、佐屋ノ元・片峯、糸島市二丈石崎字小路、矢風、木ノ下、山口戸、金江、九反ヶ坪、堤田、曲り田、大坪の一部、糸島市二丈満吉字五久・吉木園、糸島市二丈松国字田、牟田、石橋、小松崎、松国ノ前、折井・小坂・宮ノ平・松国・高尾・牧ノ浦・伊勢ヶ浦、糸島市二丈武字荒巻、大曲、大輔、小柳、神田、尻長、向尺、菰田、松ヶ下、西久保、前田、岸ヶ下、南武、東ノ浦、迫、北武、庄司、牟田尻、組ヶ浦、梅ヶ浦、糸島市二丈田中字清水、八幡、山越、大坪、田中、蔵床、地蔵ノ前、中牟田、瀬崎、大塚、原ノ辻、糸島市二丈浜窪字五反田……

これは消された地名の痕跡と考えています。
ただの偶然と考える事もできますが、二見ケ浦の二見という末尾に「見」があり、「見」「美」「三」「実」「巳」…が付く地名は海人族が付すものと考えていることから海人族が移動した証と考えています。
この話は、サブ・ブログ「ひぼろぎ逍遥」の 010「見(ミ)という地名接尾語」をお読み頂きたいと思います。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: