太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年01月08日

032 草部吉見神社の由緒書について  

032 草部吉見神社の由緒書について  

20141119

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


阿蘇高森の草部吉見神社については、この間、サブ・ブログ「ひぼろぎ逍遥」において十数本の小論を書いて無題.pngきましたが、「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)奥の院においても、そろそろ取り上げることにします。
以前から草部吉見神社の由緒書はデザイン的に美しいばかりではなくかなり詳しく、「記」「紀」に書かれないところまで踏み込んで書かれている事からどなたが書かれたのだろうかと考えていました。
 まずこの縁起にあるように、草部吉見神社は祭神を「日子八井命」としています。
 この神は「古事記」に記載があるものの「日本書紀」には登場しません。
 この理由が何かはまだ分かりませんが、「古事記」「日本書紀」系譜と百嶋神代系譜との決定的な違いは、本当の神武天皇と同時代に活動した重要な神々を全て縦繋ぎに並べ全て天皇だった事にしている点です。
 そして、跡宮(奥の院)031 百嶋神代系譜について でふれたように、草部吉見神は藤原によって天皇扱いとされているのです。
 ただ、このことについて神社側はお気づきになっていないようで、本物の方の神武天皇の息子(第一皇子)とお考えのようです(035 阿蘇高森の「草壁吉見」神社とは何か? B 神代系譜)参照。
 さて、この草部吉見神社の由緒書を百嶋先生にお送りしたことがありました。
 普段は厳しい批評しか聴いたことがなかったのですが、これについては別で「由緒作文は見事です。」と返事を頂いていました。
 細部には色々と問題があったのかも知れませんが、その時のメモを保管しています。


@ 由緒書冒頭の神武天皇は、実際には第10代崇神天皇(ハツクニシラススメラミコト)の事であり、その妃である比売多々良伊須気余理比売=も福岡県久留米市荒木にいた(百嶋先生は荒木のシズチャンと愛称を付されています)のであり、最期の百嶋神代系譜と一致します。
本当の天皇の系譜は呉の流れ、従って周王朝の流れを汲む太伯=姫氏の系統であり、初代神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)のことであり、決して自称神武こと第10代崇神天皇(ハツクニシラススメラミコト)ではないのです。この自称神武が日向から東征を行ったのです。
A また、御由緒には「…これより先 神武天皇には日向国に住されていた頃阿比良比売との間に手研耳命、岐須耳命の二皇子を儲けられていたので、第三皇子とも云われますけれども当神社では御長男という事になっております。…」書かれています。
B この日向国の「阿比良比売」(当ブログではアイラツヒメとしますが…)も、実は、宮崎県のことではなく、玉名市の隣、熊本県山鹿市菊鹿町(旧吾平村=現相良観音のある土地)と考えられるのです。


九州王朝が一体どこにあるか、これは、一番最初の九州王朝親衛隊は一体どこに存在したか、それはソネのヒラバルである程度わかりますか?ソネ、ヒラバル、天照大神の古墳のあるところ、ソネのヒラバル、ソネ一族が九州王朝の初代親衛隊長金山彦です。金山彦が九州王朝の治政がある程度落ち着いたところで、金山彦の本来の仕事であるレアアースではないけれども、とにかく貴重な鉱物資源を堀るために、場所を移してある程度住んでおられた場所が熊本の山鹿です。従って、山鹿で神武天皇のお后アイラツ姫をお生み申し上げ、今度は、金山彦の嫁さんが変わって、そのお子さんとして櫛稲田姫をお生みになった。櫛稲田姫の出身地は熊本の稲田ですが、櫛稲田の名前で有名なのは佐賀の神埼(櫛田神社)です。そのほかの櫛稲田はあとでとっつけたものです。 


牛島稔太のblog 民俗・古代史及び地名研究の愛好家「菅原道真の先祖神は何か」     「百嶋由一郎先生2012年1月21日講演」          より引用したもの


無題.png


秦の始皇帝の苗字『嬴』になります。ところでこの方は、中国に逃げてこられた時に秦の始皇帝と縁組をなさっています。天下の名門、秦の始皇帝以上の天下の名門、モーゼを思い出してください。ともかくモーゼというのは、紀元前においては天下のモーゼだったんです。あの始皇帝がモーゼの系統と縁組をやっているのです。そして自分の苗字である『嬴(いん)』を縁組をした彼等に与えているのです。そしてこの人たちは海を渡りましたから《氵(さんずい)》がついているのです。これ以上、『氵嬴イン』について述べますと時間がかかるので、ここでストップします。

 相良観音におまいりされた方はいらっしゃいますか?さっきの『氵嬴イン』の頭領の金山彦、ここでは金金賛(かなさ)大神、この人の本当のご職業は、九州王朝第1期親衛隊長でした。最初の九州王朝はこのヘブライ人によって守られていました。どこに住んでいたかというと福岡市の隣の糸島市にソネ丘陵地があります。ともかく、昔も今も住むのには一等地です。いかなる洪水が押し寄せてもへっちゃらです。それからといって下に近いのですよ。まさに、殿様御殿。ここに住んで居られたアマテラスオオミカミ及び神武天皇のお姉弟を守っておられた九州王朝親衛隊長だったんです。それがある程度の年齢になってから、嫁さんをもらって、どこで誰が生まれたかを申し上げます。この金金賛大神ですよ、この土地では金山彦になっています。紋章はこれ“円天角地に十字剣”ですよ。相良観音、当時は相良観音はありませんよ。相良の土地でアイラツ姫をお生みになりました。そして今度はお后が変わりまして、おんなじ近くの、清浦圭吾が生まれたうちの近くに、これ“円天角地に十字剣”が残っていまして、ここではクシナダ姫をお生みになりました。この金金賛大神の下にアイラツ姫がのっています。右下にクシナダ姫がのっています。現地をわざわざ訪問なされなくとも、地図をご覧になれば現在も稲田村が印刷されています。そして、稲田村のそばには、皆さんも全く気づかなかったよとおっしゃる宮地嶽教団がございます。ご覧になったことがありますか?近くにありながら皆さん全くご存じない。宮地嶽というのは日本最大の秘密のお宮さんです。日本最高の格式のお宮さんでありながら、蓋をされたお宮さんです。九州全土をお回りになったら、あっちにこっちに宮地嶽神社、宮地嶽神社ってのがあります。しかも、高いところにあります。それなのに秘密になっています。そういう独特の天皇をお祭りした神社です。天皇のお名前で申しますと開化天皇です。この開化天皇が宮地嶽神社の本当の神様です。ところが福岡の宮地嶽神社は現在それを隠しております。それはどうしてそうなったかというと、神社庁自体が、神社庁の内部が喧嘩しているのです。神社庁の、そこに勤めている連中同士が喧嘩しあいまして、全く、意見が対立して合わないのですよ。


同じく「玉名・山鹿・菊池の神々」 2012年2月5日 百嶋由一郎先生講演 より引用したもの


無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 21:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: