太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2014年12月30日

029 伏見稲荷様も九州出身 “春日市の白川伯王益寿稲荷”

029 伏見稲荷様も九州出身 “春日市の白川伯王益寿稲荷”  

20141114

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

無題.png

文化百選紹介 お宝文化百選紹

学ぶ・楽しむ・社会教育

お宝文化百選紹介無題.png

048 白川伯王益寿稲荷神社

幕末期に京都伏見稲荷大社より勧請して健立。54額ある絵馬は有名絵師により描かれ寄進されたものもあり絵馬の博物館といわれる。

[所在地] 須玖北 [読み方]しらかわはくおうえきじゅいなりじんじゃ

春日市に白川伯王益寿稲荷という古風な神社があります。

稲荷については、オコンコン様として以外は分からず、文字通り狐につままれてきたのですが、最近になって、ようやくその一部分が理解できるようになってきました。

「ひぼろぎ逍遥」でも、063 「神埼の櫛田宮内の二つの稲荷神社の祭神」として取り上げています。

さて、「白川王家」というものがあり、この白川伯王家に伝わる宮中秘事である天皇が行う「天子の行」など祭儀とそれにもとづく理論が「白川神道」であり天皇家と皇室のための神道があったとされていますが、これは明治維新前後に消えたと聞き及んでいます。

「稲荷神」とは難解でいまだに要領を得ませんが、製鉄に絡む神であることだけは確かです。

 それは、鳥居の色にも示されていますが、ここでは稲荷一般について語らず、京都伏見稲荷大社さえも上回るドエライ神社があると聴いていることをご紹介したいと思います。

 簡単に言えば、京都の伏見稲荷の原点がここであると言えばお分かりいただけるのではないでしょうか。

 幸いにも菊池川流域地名研究会メンバーで「牛島稔太のHP」のマネージャー牛島氏(最近会から離脱されましたが)が神社伝承から見る古代史」百嶋由一郎先生の世界--- もう一つの神々の系譜 --- で百嶋講演を文字化しておられますので、以下、白川伯王益寿稲荷について話されたことをご紹介します。


この地域でとてつもない神社といえば、秘密になっているが春日市の須玖に出勢(いせ)の稲荷さんがある、御祭神は伏見の稲荷さんである。先ほどいった狗奴国の乱の整理を済まして、ほっとしている出勢の稲荷様、ただしその当時はまだ、出勢稲荷なんて申し上げないていないので、判りやすくいうと、伊勢の外宮様と申し上げておく。

そして、狗奴国の乱を起こしたのが、大山祇の神、別名、月読みの神です。齢は西暦2000年を基準にいきておられれば、即ち、積年1888歳である。そして、このスクの稲荷さんの叔父さんである大国主のみこと、この方は、狗奴国の乱の張本人、大山祇(月読みこと)の神の息子であります。その張本人と同じ責任を取らないといけない立場にあったのが、大国主のみことである。そして、これはそういう乱を起こしたからといって、乱を起こしたほうが悪いというわけではない。民族と民族の対決なので喧嘩してもどうということはない。とにかく、そういう過程を経て、日本という大和と言う国が出来上がったという一つの段階としてお考えて(ママ)下さい。

そこのスクの稲荷さんのお名前を申し上げます。白川伯王益壽稲荷(出勢の稲荷様の別の名前)


この神社はいつ消えてなくなるか分からない非常に重要な神社のため、あえてカーナビのデータを上げませんでした。

熱心な方だけに訪問して頂きたいからです。ただ、非常に分かりにくい場所にあるため下調べをして参拝されることをお勧めします。

参拝に際しては失礼がないように、また、存続のために多少の御寄進、お賽銭をお願いします。

もっと詳しくお知りになりたい方は「春日市誌」を何度もお読み下さい。

 正しいことが、分断され分からなくなっていますが、何度も読めばご理解いただけるかと思います。


京都伏見稲荷大社の原点 白川伯王益寿稲荷神社

無題.png

無題.png

無題.png

白川伯王益寿稲荷神社(春日市)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: