太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2014年11月28日

019 天照大御神と卑弥呼宗女壹與(臺與)

019 天照大御神と卑弥呼宗女壹與(臺與)
20140926

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

 
百嶋神社考古学では天照大御神を卑弥呼とします。
 今回は、混乱が生じているというより大半が誤解している卑弥呼宗女壹與(イヨ)についてお話ししたいと思います。
 まず、卑弥呼宗女イヨの宗女を直系の子孫と考える方が多いのですが、いわゆる直系が「血筋が親子関係によって直接につながっている系統」と解すれば、まず、配偶者を持たなかった卑弥呼に直系の娘などいなかっただろうことは、魏志にも記述があり(それを信じれば)異論はないでしょう。
 さらに言えば、非常に大雑把ですが、古代には直系が母系によって保たれていたことから、現天皇家において特別に「男系」が問題とされるような半島経由の草原の民の習俗とは相いれないものだったのです。
 この点からだけでも、明治まで伊勢神宮に参拝してこなかった現天皇家と天照大御神が繋がっていないことが浮き上がってくるのです。
 ここで、blog「ひぼろぎ逍遥」136 大江山皇大神宮(外宮)の豊受大神とは何か?“ 突然始まった周防から丹後の神社調査 G ”で先行掲載した天照大御神と神武天皇が登場する神代系譜をご紹介したいと思います。
 これには非常に興味深い内容が含まれています。
 藤原が造った系譜では神武と天照は遥かに掛け離れているのですが、百嶋系図では呉の太伯の流れを汲み十歳違いとなる実の姉弟となるのです。
 そして、78歳も年が離れ全く血縁のないイヨとの間に職務代行者(巫女)としての豊受大神(伊勢の外宮の祭神=アメノウズメ)が継投していることが読み取れるのです。
 この卑弥呼代行者である豊受大神は、有力者であった海幸と山幸と順次婚姻関係を持っていることからも古代の権力が女系で維持されていたことが分かります。
 “天照大神は男性ではないか”といった話が神社フリークの間で飛び交っていますが、この豊受大神が伊勢の外宮の主祭神とすれば、対応するはずの内宮が山幸彦である可能性は高く、その流れを汲む物部始祖=ニギハヤヒが「天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊」(アマテルクニテルヒコアマノホアカリクシタマニギハヤヒノミコト)天照を名乗っている事とが整合するのです。
 この系統はそのままイヨに継承されたようです。
 なぜならば、ニギハヤヒの直系がウマシマジと考えられるからです。
 このことは、トレッキング中心の太宰府地名研究会が頻繁に現地探査を続けていることから良く分かるのですが、直接天照大御神を祀る神社は筑前、筑後でも少ない上に、これが物部の中心地(物部は筑後から筑豊に発展的に展開し物部25部族地名がそのまま残る)の筑豊地区に入ると天照大御神とは全てニギハヤヒという男神を祀っているのです。
 伊勢神宮や元伊勢とされる大江山皇大神宮が内宮と下宮を持っていることに、この男系と女系、臣下と宗祖の関係があるのです。
 この仮説を検証するには元伊勢として知られる籠(コノ)神社に伝えられた「海部文書」物部系譜などを研究する必要があるでしょう。
 百嶋先生はこの点についても十分にご存じだったと思いますが、収録が間に合いませんでした。
 手元には、先生の話された内容の一部しか残されていません。
 ここまで考えてくると、現在の伊勢神宮内宮の天照大御神も物部の始祖とも言えるニギハヤヒが祀られている可能性が見えてくるのです。
その薄い証拠が、藤原が造った天照大御神の姿とは掛け離れた豊受大神が外宮に祀られている事なのです。
そして、そのことを十分理解していたからこそ、明治になるまで皇室は参拝を行ってこなかったのです。
 最期に九州王朝の系統の系統が見えていることを話しておきます。
 もう、お分かりと思いますが、百嶋先生は、呉の太伯(君長)「姫」(キ)を姓とする中国周王朝の流れこそ、正統の天皇であり、列島の代表者であったと考えられていたようです。
 それが系譜の左端に書かれた本物の神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)以下の流れであり、神武と十歳違いの姉である天照大御神が(すごい話ですね)、懿徳天皇には臣下としての豊受大神が、孝霊天皇にはイヨがそれぞれ寄り添い、巫女として協力していたことが見て取れるのです。
 そして人皇の天皇としては初代となる孝元天皇の子が開化天皇となり、その子である仁徳天皇が九州王朝の最後の天皇であったと言われていました。
 ここからようやく三世紀の話になるのですが、卑弥呼は長生きだったため、イヨとも実際に逢っているし三世紀でも活動していたといった内容の話をされていました。
 まだまだお話ししたいことはありますが、一度にお話しすると大変になりますのでこれまでとします。

無題.png


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: