太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2014年11月13日

014 「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)について “なんとか二本立てブログ体制が軌道に載ったことから”

014 「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)について “なんとか二本立てブログ体制が軌道に載ったことから”
20140917

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


新ブログもある程度軌道に載ったことから、ここで、当ブログの基本的な位置づけと編集方針を明らかにしておこうと思います。
まず、ブログ・ヘッド・ラインにおいて、“当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。”と書いているように、「ひぼろぎ逍遥」が、地名研研究、民俗学、古代史、神社研究…の複合体として、既存のメディアから分離しつつある一般の方々を対象としていたものから、第2ブログ「跡宮」は、より「神社考古学」にシフトし古代史と神社考古学との融合を強く意識した専門的なものとしてスタートさせることにしました。
一応、月間で10本ほどの掲載を予定していますが、「神社考古学」「古代史」は非常に神経を要することからなかなか気楽に書いて行くという訳には行かないと思います。
このため、不定期、中断、休止もあるとは思いますが、可能な限りペースを維持し、書き続けたいと考えています。
「九州王朝論者」の端くれではあるつもりですが、現段階でも既に逸脱は著しく、凡そ荒唐無稽な輩と思われているかも知れません。
ここで思い出すのが、故人となった百嶋由一郎氏が語った「多少とも九州王朝論を理解できる人でなければ神社の話をしても仕方がない…」です。
実際、九州王朝論を意識することなくいくら多くの神社を見て回っても、それらが全て否定されてしまうことになりかねないからです。
九州では学会通説と異なる神社伝承などが、まだまだ、ゴロゴロ転がっているにも拘わらず、藤原により捏造された古代史観を持って神社伝承を解釈すれば、そうなってしまいかねないのです。
良い例が、高良大社に残された「高良玉垂宮神秘書」(コウラタマタレグウジンヒショ)です。
百嶋先生も自らの体系を、この文書と前世紀までは神社の神主の間で何とか伝えられてきた秘された事実や神職間だけで通用した本当の話(ここだけの話)に基づき組み立てられていたのでした。
先生と接触したのが約五年前でしたが、もし、あと五年早く出会うことが出来ていたら、もっと多くの事をお伝えできたかも知れませんが、頂いた文字資料の整理と解読を進め、現在の嘘神話と異なるものを幾らかでも復元できればと考えています。
百嶋先生も「古事記神話の九割は嘘です…」と明言されていましたが、典型的なものが、所謂、欠史(缺史)八代問題でしょう。
「古事記」「日本書紀」において、系譜だけは在るが、その事績がない第2代綏靖天皇から第9代開化天皇までの8代は架空としていることです。
高々、700年からスタートした藤原天皇制(近畿大和朝廷)が、その権威を高めるためだけに、遠い九州王朝の事績を取り込んでおきながらその痕跡が畿内には一切ないことから、それらを全て架空であり捏造であるとしたのが津田左右吉の説だったのです。
では、初代の神武の事績があるかと言えばそれもほとんど嘘で、第10代の崇神天皇の畿内進出(神武東征は自称神武の崇神天皇)の事なのです。
本当の神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)は、一部「神武巡行」はあるものの大半は九州内で活動しており(「鞍手郡史」他)、日向から東征したとする神武は自ら神武と僭称した崇神天皇(ハツクニシラススメラミコト)であり、第9代までの事績が確認できないのは、学者が畿内にしか目を向けていないから当然であって、津田の言は自ら藤原天皇制が底の浅いものであったことを自白したようなものだったのです。
その証拠に、蘇我、許勢、平群…といった有力氏族の大半が、欠史八代に端を発していることでも推量できそうなものではありませんか。
つまり、藤原天皇制もそのルーツを九州に持っていたのですが、正しく一から畿内に挿し木されたのではなく、只々、九州王朝の末端の枝に接ぎ木したものだったのです。
それを、「全ては架空としたのが」科学的だとか、真実を曲げない学者の生き方と持ち上げ評価したのが戦後の間の抜けた風潮だったのです。
結論から言えば、時流に乗っただけだったのです。
どちらかと言えば、同族で骨肉相食む話ばかりが目立つ神代を架空とすることを持って戦前の天皇制にゴマをすろうとしただけだったのですが、没落期の軍国から排除されたことが功を奏し、戦後は高く評価されたといったところが実情だったのでしょう。
いまや、開き直りが確定し、手のひらを返したかのように「欠史八代」を議論しないことが、あたかも学者のステータスになっているかのようであり、もしも、「本気で神代を調べる気があるのなら畿内から九州に居所を移せと」言いたいところですが、これは長年九州に住んだ人にしか見えてこないものなので俄仕立てでは、所詮、無理としか言えないでしょう。
通説の系譜ではヒメタタライスズヒメとされますが、神武天皇の正妃はアイラツ姫であり、その流れから懿徳天皇、孝霊天皇、孝元天皇、開化天皇が出ているのです(孝昭天皇=草部吉見、孝安天皇もただの臣下)。
その事績は、痕跡は九州にしか存在しないのです。
古代には、多くの妃を持ったと言うより新たな侵入者が渡来してきた際に、現地の有力者が多くの力ある男神を取り込み、その娘が政略結婚として夫を度々替えていったのです。

無題.png


無題.png


未公開百嶋神代系譜の一部


アイラツ姫がいた場所も熊本県山鹿市菊鹿町相良(旧吾平村)なのです。詳しくは久留米地名研究会のHPから20.「吾平」(アイラ)をお読みください。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: