太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2014年11月15日

015 天御中主神社が福岡県那珂川町片縄に現存する

015 天御中主神社が福岡県那珂川町片縄に現存する
20140917

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


「天御中主命」と言えば、天地開闢に関わる神であり、「古事記」では、高御産巣日神、神産巣日神が現れると姿を消しており、神社研究者の間でも、昔は「天御中主命神社なるものは存在しない…」とさえしていたようです(事実、広辞苑や三省堂の辞書には項目としてさえ掲載されていません)。

無題.png


ネット検索を行えば、鹿児島県の旧加世田市津貫地区と鹿児島市宇宿町に天御中主神社(妙見神社)があるのですが、鹿児島市内のそれは鎌倉期に紀州那智山より妙見廟を迎えたとされているものです。
旧加世田市のそれもこの地に金峰町があり金峰山があるように山岳修験が持ち込んだものと考えられそうです。
もう一つ、兵庫県の加古川市加古川町にも天御中主神社があるのですが、妙見神社が形を変えた後発のものようであり後発の物との印象は拭えません。
しかし、どうしても、もしかしたら実際にこの開闢神が一時的にも居留していたのではないか思える天御中主命神社があるのです。
謂うまでもなく、学会通説は「欠史八代」でさえ架空としているのですから、それ以前の開闢神に至っては自ら飯のタネにしているにも関わらず、実在など全く信じているはずはあり得ません。
しかし、この神社が存在している場所が古代博多湾の湾奥の汀線と考えられることから、まずは、古代のウヲーター・フロントであり、現地も汀線であることを示すかのように曲がった道路の内側にあることから、背後の祭祀場と併せ相当に古い神社ではないかと思うのです。
この神社には4年ほど前に太宰府地名研究会のメンバーと現地を周ったのですが、付近には現人神社(崇神天皇)や時代は異なるものの神功皇后紀に登場する裂田の溝(サクタノウナデ)が現存し、実際にはダミーと併せ生延びていた安徳天皇の伝承が残る安徳台にも近いところなのです。
以下は、太宰府地名研究会が取り組んだ那珂川町トレッキングのドキュメントを友好関係にあるブログ「ひもろぎ逍遥」から読んで頂きましょう。
ここに登場する「くるま座さん」も地名研究会のメンバーであり、その当日は私も参加していました。

 珍しく、くるま座さんから連絡がありました。
「天の御中主神社って、そんな名前の神社は聞いたことがないと思っていたら、那珂川町にあるって聞いて、今度行こうと地図に印をつけていたら、とてもびっくりしたんですよ。」
「なんですか?」
「それが、他の神社と一直線上に並ぶんです。」
「へえ、そうなんですか。」
南北ラインでは、北は名島神社、箱崎宮。
南は現人神社、裂田神社、日吉神社、不動岩、そして何故かグリーンピア那珂川がライン上に乗ってくるんで
す。」
「え〜?那珂川の真北が箱崎宮と名島神社なんですか?」
「そうなんです。」
「南も有名な神社ばかりですね。
グリーンピアも、もともとイヤシロ地だったのを知らずに作ったのかも。」
「それがですね、さらに驚いたのが、東西にもラインが出たんです。」
「東西?」
「そうなんです。西は日向峠で東は日拝塚古墳、太宰府天満宮、大根地山なんです」
「ひ、ひなた峠!!!太宰府天満宮?」
「ただし、東西線は微妙にずれています。」
「東西線は、歳差運動でずれている可能性がありますよね。」


無題.png


天御中主神社(福岡県那珂川町片縄)


「そうなんですか。」
「測量線は厳密で、日の出が誰が見ても、ずれるようになったら遷都をしなくてはならなかったのです。70年で一日ずれます。東西ラインがずれていたら、逆算すると測量した年が却って分かるかも知れません。」
「70年。」
「真鍋大覚さんがそう書いているのです。」
「そうですか。その天之御中主神社に連休に行こうと思ってるんですが。」
「え?れ、連休?行きます。行きます。連れて行って下さい。」
という訳でようやく那珂川町へ行く機会が出来ました。
1週間前に九州歴史博物館で安徳台の展示を見たばかりだったので、
いつになったら行けるのだろうかと思っていた矢先でした。
安徳台では紀元前2世紀の製鉄跡が見つかっていて、早くから栄えていたようす。
その安徳台が那珂川町にあるのです。
それに加えて、この町こそ真鍋大覚氏のホームグラウンドなのです。
こうして、数人で那珂川町の逍遥へ。
込み入った住宅街の中をぐるぐると探して小さな神社に着きました。
扁額を見ると「御中主神社」と書いてあります。
これが神社の正式名かどうかは、まだ未確認です。

カーブした道路からすぐに一の鳥居がありました。
昔のままの小さな祠に屋根覆いがしてあります。
地元の氏神さまとして大切に守られているようすでした。


…中略…

無題.png


神社の形式を取り始めたのが崇神天皇です。
ここが「天の御中主の神」を祀る神社で、東西線と南北線の中心地だとすると、
何らかの盤座があるのかもしれません。
この神社の由来などに関しては、文献に当たっていないので、
また、おいおい調べて行きましょう。
古代祭祀線を調べるには国土地理院発行の広い地図を使います。
直線上にあると言う時は、少々の誤差も認められません。
古代の人の測量技術は、現代と同じだそうです。
そうでないと、宮殿や寺院は建たないし、船も作れません。

「ひもろぎ逍遥」[ 2011-05-07 14:56 ]天御中主神社/古代祭祀線を追ってより


無題.png


文字に書かれたものとしては日本で最も古い神、その神を祀り、実際には居留地であった可能性がある本物の「天御中主神社」です。
開闢期の博多湾奥と朝鮮半島を行き来していた時代があったのではないでしょうか?
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: