太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2014年10月11日

004 久留米高良大社下宮(祇園社)の幸神とは何か?

004 久留米高良大社下宮(祇園社)の幸神とは何か?
20140630
 久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 かつて、九州の宗廟(このことは日本=倭国の宗廟であったことと同一であり、高良玉垂の宮は700年代にその権利を宇佐八幡宮に奪われるのです)であった高良大社を云々することは畏れ多いことですが、いつ消されてしまうかも知れない情報を書き留めておくことも必要と考え、いよいよ、久留米地名研究会が畏怖し見上げる高良大社にも少しずつふれて行くことにしたいと思います。
 高良大社の大鳥居から右に入ると百メートルほどで、祇園さんこと高良大社下宮の境内に入ります。
 ここには、印象的な一社三殿に三神が鎮座しており、向かって左が祇園社、真ん中正殿が当然にも高良玉垂命を祭る高良宮(下宮社)、右が幸神社とされているのです。
 そもそも、高良玉垂命とは如何なる神かという大問題(武内宿禰、月神、月読命、第九代開化天皇…説)もあるのですが、それを探る意味でもこの「幸神」についてふれておきたいと思います。

無題.png


言うまでもなく右殿が幸神なのですが、安曇磯羅を祭る大川風浪宮にも、この幸神様が祭られており、以前、久留米地名研究会で講演頂いた時に、直接、安曇宮司にお尋ねしましたが、「元々あったもので良くは分からないが、幸福を齎す有難い神様と考え社を再建しました…」とのお答えでした(祭神が誰かは分かっておられませんでした)。
 この「幸神」は筑前、筑後を廻ると、多くはないものの、それなりの数で出くわすもので、以前から気にしていたものでした。
 ところが、七年ほど前に高良大社下宮を実見し驚きました。
 高良大社自体は全国の消された高良玉垂宮の総本山であり、その下宮の主神が正殿に祭られている高良玉垂命そのものであることは疑いえないでしょう。
 その高良下宮社の右殿として掲示されているのが幸神社なのでした。
 では、その幸神とは何かを考えると、現在も残されている同社境内に残された古い縁起には第八代孝元天皇とあるのです。
無題.png

正殿 ― 下宮社 ― 高良玉垂命    ― 左三巴神紋  第9代開化天皇の可能性が極めて高い! 
左殿 ― 祇園社 ― 素盞鳴尊     ― 木瓜神紋   九州王朝に帰順した先在王権の象徴?
右殿 ― 幸神  ― 第8代孝元天皇  ― 五七桐    第9代開化天皇の父親


高良大社下宮(通称祇園さん)にある新旧二つの縁起


無題.png

左殿 祇園社 中殿 高良玉垂下宮社 右殿 幸神社
新しい縁起では旧縁起の第8代孝元天皇が「幸神」とされ、多少、神社庁の意図が感じられます。


無題.png

左殿 素盞鳴尊 中殿 高良玉垂命 右殿 孝元天皇(「九州年号」の「白鳳」も確認できますね) 


この古い方の縁起は、今もなお、現存するものの、公式のものではないことから、このままの形では残されない可能性もあり、郷土史会などが存続できなくなれば新縁起だけになり、いずれは誰も何も分からないと言ったことになりかねないものに思えます。新看板を見れば、高良玉垂命と孝元天皇の関係を象徴する貴重な郷土資料と言えるでしょう。

無題.png

二〇一三年御神幸大祭時の下宮社正面の兜箱 スサノウ=木瓜紋 高良玉垂=住吉紋、孝元天皇=五七桐

 今回は、高良玉垂命とは何かについて直接ふれるものではありませんでしたが、その前段として、幸神=第8代孝元天皇についてご紹介しました。
 ただ、重要なことは、高良大社は決して、奈良や京都と言った古代においては辺境の地にあったものではなく、久留米の高良山を本拠地にしたものであり、その高良玉垂命が津田左右吉により、最終的にいわゆる欠史8代として架空とされた第9代開化天皇であったとすると、第8代孝元天皇と親子共々、畿内大和ではなくこの地にいたことになり、九州王朝の天皇そのものだったことになりかねないのです。
 もちろん、古田武彦氏はもとより、九州王朝論者の中でもこのような立場を採られる方は存在せず、異端中の異端の話ですが百嶋神社考古学ではそのように考えるのです。
 してみると、その周辺に、開化の兄=大彦の子として、沼河別(安倍氏の祖=福津市の宮地嶽神社の数代前の宮司家一族に繋がる?)、布都押優信(武内宿禰の父=佐賀県武雄市武雄神社の主神)、山下影日売(武内宿禰の母=佐賀県武雄市朝日町黒尾の黒尾神社の主神)、建(武)内宿禰の、そして、公式に高良大社の祭神とされる武内宿禰がいても一向におかしくはないのです。
 最低でも、8代、9代の天皇は九州にいたのであり、我々が考える九州王朝論の中核をなしています。
 五七の桐が孝元天皇(国来命)の神紋とすると、その流れの一つから崇神天皇も、葛城ソツ彦も生まれており、法律上の明確な規定はありませんが、内閣総理大臣、政府、内閣府、例えば官房長官が記者会見を行う際に使う紋章が五七の桐であることは武内宿禰を擬えての事かも知れませんが、9代開化、8代孝元、武内宿禰に関係していると考えて良いのではないでしょうか。

大彦命(おほひこ=大毘古命)
 安倍氏族の始祖は大彦命、古事記では大毘古命とされるが、8代「孝元天皇」の長男で、9代「開化天皇」の実兄、10代「崇神天皇」の叔父であり義父でもあり、11代「垂仁天皇」の祖父という王朝内でも屈指の貴種だとされる。

『古事記』孝元天皇
大倭根子日子国玖琉命(オホヤマトネコヒコクニクル=孝元天皇)は、穂積の臣等の祖先、内色許男 (ウツシコオ) 命の妹の内色許売(ウツシコメ) 命を娶り、最初に大毘古(オホビコ) 命。次に少名日子建猪心(スクナヒコタケイゴコロ) 命。次に若倭根子日子大毘々(ワカヤマトネコヒコオホビビ=開化天皇) 命を生んだ。また、内色許男命の娘の伊迦賀色許売(イカガシコメ) 命を娶り、生んだ子は比古布都押之信(ヒコフツオシノマコト) 命。また、河内の青玉(アオタマ)の娘、名前は波邇夜須毘売(ハニヤスビメ) を娶り、生んだ子は建波邇夜須毘古(タケハニヤスビコ) 命。天皇の子は合わせて五柱。若倭根子日子大毘々の命が天下を治めた。
大毘古命の子の建沼河別命(タケヌナカハワケ)は阿倍の臣等の祖。次の比古伊那許士別命(ヒコイナコシワケ)は膳の臣の祖である。
また、木の国の造の祖先、宇豆比古(ウヅヒコ)の妹・山下影日売(ヤマシタカゲヒメ)を娶り、生んだ子は建内宿禰(タケウチノスクネ) 。宿禰の子は合わせて九人(男七人、女二人)。

『日本書紀』孝元天皇
欝色謎命 (ウチシコメノミコト)を立てて皇后とした。皇后は二柱の男子と一柱の女子を産んだ。一人目の男子を大彦 (オオヒコ) 命という。二人目の男子を稚日本根子彦大日日天皇(ワカヤマトネコヒコオオヒビノスメラノミコト)という。三人目は女子で倭迹迹媛 (ヤマトトトヒメ) 命。
(異伝としてさらにもう一子、少彦男心 (スクナヒコオココロ) 命がいたと記載されている)
また妃の伊香色謎命が彦太忍信(ヒコフトオシマコト)命を産んだ。また同じく妃の河内青玉繋の女の埴安媛 (ハニヤスヒメ)が埴安彦(ハニヤスヒコ)命を産んだ。長子である大彦(オホヒコ)命は、阿部臣、膳(カシワデ)臣、阿閉(アヘ)臣、狭狭城山(ササキノヤマ=近江の安土一帯)君、筑紫 (ツクシ) 国造、越(コシ) 国造、伊賀臣ら、全部で七つの氏族の始祖である。
「堀貞雄の古代史・探訪館」より一部を引用

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: