2022年08月09日

904 筑豊から消された諏訪神社 B  “事代主命再考” 「事代主のブログ」氏と伴に

904 筑豊から消された諏訪神社 B  “事代主命再考” 「事代主のブログ」氏と伴に

20210831

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


事代主と言えば、島根県松江市美保関町美保関608が著名であり全国三千社と言われる恵比須神社の総本山が出雲の美保関にあります。美保神社です。この外に事代主神社、恵比須神社、西宮社…があります。

無題.png

故)百嶋由一郎氏も博多から北九州だけでも1000基近い恵比須さんが祀られているだろう…と言われていました。九州では直接鳥居、社殿を構えた恵比須系神社は少なく、大半は商売繁盛のシンボルとしての石像神が大半の様で、立派な社殿を持った神社は飯塚市の高宮八幡宮の境内社、国東半島、朝倉市甘木などで散見される程度です。

無題.png

まず、三穂津姫良くが分からないのですが、高御産巣日神の御子。『日本書紀』によると、出雲国譲りの後、高御産巣日神が大物主神に、 もし国神を妻とするならば、あなたが心を許していないと思う。 だから私の娘の三穂津姫をあなたの妻とし、八十万神をひきつれて、皇孫のために護り祀れと云った。”

敬愛する「玄松子」氏より

 高木大神から事代主への強烈な懐柔工作が行なわれているようなのですが、元々、事代主は土地を基盤としているのではなく、神社を中心に商を行なう通商民、商工業者集団であって、土地、国土には経済基盤を置いていない集団だったのです。

これで、事代主が高木大神系に寝返っている事が良く分かるのです。

 そもそも、三穂津比売自体がむしろスサノウとの関係が想定されるものであり、高木大神の子ましてや天津神系などというのは大嘘に思えるのです。

美保神社はウィキペディア氏が言われる様に単独祭祀が正しかったのでしょう。


美保神社 『出雲国風土記』には、大穴持命(大国主神)と奴奈宣波比売命(奴奈川姫命)の間に生まれた「御穂須須美命」が美保郷に坐すとの記述がある。元々の当社の祭神は御穂須須美命のみであったのが、記紀神話の影響により事代主神と三穂津姫命とされたものと見られる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』20210815 10:07


さらに神屋楯比売命も厄介なのですが、国幣中社に列せられ戦後も別表神社なのですから無視する事はできないのです。


神屋楯比売命 『古事記』に登場する女神で、大国主神の妻の一柱。名前だけの記述で、親神や神格などは一切不明。

ただし『先代旧事本紀』では高津姫という名で宗像の辺津宮に坐す神としているので、この伝承によれば多岐都比売命と同一神ということになる。また『日本書紀』には登場しない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』20210815 10:52


大国主命が市杵島姫と豊玉姫を妃にしていることは重々承知しており、それ以上に、往古、宗像大社は大国主命と少彦名命を祀る神社であった事も探査の重要ポイントとして各メンバーが苦闘されているのですが、神屋楯比売命までが大国主命の妃だったとは今までの認識を書き換えられそうです。これは一応は保留しますが、多岐都比売命となるとただ事ではなくなりそうです。それは、この女神こそが下賀茂神社の主神である鴨玉依姫に当るからです。

 さて、同社HPによれば、事代主命は神屋楯比売命こと鴨玉依姫と大国主命の子であるとされているのです。

 これも高木大神系の主張はいつも誇張が多く偽装が多いと言う印象を持ちますのでそのまま受け入れることはできないのです。

無題.png

依然として事代主の素性は不明です
無題.png

百嶋由一郎008イヨ神代系譜(部分)


どうも事代主という人物についてはハッキリした情報が少なく、これ以上の解析ができないのですが、易々と国譲りを受け入れてしまうなどやはり商売人という印象を拭えません。

 無題.pngこれも百嶋由一郎氏から聞いた話ですが、百嶋説では事代主は古古代ヘブライ系の人物で、元々、非常に古い時代(同氏の説では起源2000年前〜)に列島に入っている種族だった。 彼らは神農様を祭り、縁日などで物品を販売する権利を持つ集団だった。俗に的屋と言われるもので、固定した店舗での販売が多数派になるまで、縁日での販売による収益というものは非常に大きなものだったのです。そして、昔は良くこのテントの奥などに神農さまを祀っていたと言われていたのですが、最近はそれも減っているようです。この集団は「男はつらいよ」フーテンの寅にも散見されるものですが、古代から近代までかなりの影響力を持っていたのです。


的屋とは、縁日や盛り場などの人通りの多いところで露店や興行を営む業者のこと。 香具師、三寸とも呼ばれる。また、職業神として元々は中華文明圏より伝わり、神道の神となった「神農の神」「神農黄帝」を祀ることから、神農とも呼ばれる。


神農(しんのう)、炎帝神農(えんていしんのう)は、古代中国の伝承に登場する三皇五帝の一人。人々に医療と農耕の術を教えたという。神農大帝と尊称されていて、医薬と農業を司る神とされている。薬王大帝(やくおうたいてい)、五穀仙帝(ごこく無題.pngせんてい)とも。

神農は医療と農耕の知識を古代の人々に広めた存在であると伝承されており、その名は最古の本草書『神農本草経』(しんのうほんぞうきょう)の書名にも冠され残されている。

伝説によると神農は、木材をつかって農具をつくり、土地を耕作して五穀の種をまき、農耕をすることを人々に伝えた。また、薬となる植物の効用を知らせたとされる。そのために薬草と毒草を見極めようと神農はまず赤い鞭(赭鞭)で百草(たくさんの植物)を払い、それを嘗めて薬効や毒性の有無を検証した。神農の体は頭部と四肢を除き玲瓏透明で、内臓が外からはっきりと見えたという。もし毒があれば内臓が黒くなるので、そこから毒が影響を与える部位を見極めたという。その後、あまりに多くの毒草を服用したために、体に毒素が溜まってしまい、最終的には罌子(ケシ)を服用したとき亡くなったという。四川省に伝わる民間伝承では「断腸草」という草を嘗めたのが最後で、腸がちぎれて死んだともされる。

神農は初代炎帝ともされる。初代炎帝は、古代中国の王で、姓は姜。120歳まで生き、長沙に葬られたといわれている。もしくは陳に置いていた都を魯に移し、140年間在位したとも伝えられている。『帝王世紀』には五弦の琴を発明し、また伏羲の作った八卦を2段に重ね、さらに研究して8x8の六十四の卦を作ったとある。神農の末裔たち炎帝神農氏は黄帝との衝突ののち合併・融合した。この子孫が後の漢族とみなされている。西晋代に至ると西周以前に漢水流域に居住していた農耕部族の歴山氏と同一視されるようになった。

伝説では炎帝と黄帝は異母兄弟であり、『国語』には、炎帝は少典氏が娶った有蟜氏の子で、共に関中を流れる姜水で生まれた炎帝が姜姓を、姫水で生まれた黄帝が姫姓を名乗ったとある。また『帝王世紀』には、神農は、母が華陽に遊覧の際、龍の首が現れ、感応して妊娠し姜水で産まれ、体は人間だが頭は牛の姿であった。火の徳(木の次は火であること、南方に在位すること、夏を治めること)を持っていたので炎帝とも呼ぶ。とある。  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』20210824 16:07


祭り、縁日とくれば、今は、焼きそば、綿菓子、烏賊焼き…が相場ですが、江戸期までは、作物の種、農薬、普通の薬、農耕用の鎌、鍬、鋤…などが中心で、まさに移動ホーム・センターの様な役割も持っていたのです。これがエベス様が商売繁盛の神様とされ、国譲りに抵抗した建御名方と異なり土地を奪われる事に執着しない理由だったのかも知れません。実は、9月にメンバーのS氏「事代主」のブログ管理者と出雲の美保ケ関の美保神社に行く予定を立てています。

 神社研究の専門家だけに一緒に行けるのはこの上ない機会であり、いつも行うトレッキングは下調べをしたうえでガイドを行なっているのですが、二人だけで機動的な調査を行なえることは有難い限りです。

 今回書いているものは下調べに近く、30年以上前に一度参拝しただけの神社ですので、実質は初見のようなもので、何か発見できればと思っています。勿論、私のテーマは、前述の以下の内容です。


神屋楯比売命 『古事記』に登場する女神で、大国主神の妻の一柱。名前だけの記述で、親神や神格などは一切不明。ただし『先代旧事本紀』では高津姫という名で宗像の辺津宮に坐す神としているので、この伝承によれば多岐都比売命と同一神ということになる。


 大国主命は鴨玉依姫を妃にしていないという理解をしていましたので、それで良いかを確認する事がテーマになりそうです。

 ただ、国譲りにいともたやすく了解していることから、国譲りの現場は福岡県の旧朝倉郡と考えてはいますが、何らかの糸口でも掴めないかと思うものです。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記