2021年08月03日

662 “ピラミッドの法則”で肥後の11の神社が配置されている!   草部吉見神社 祭神編

662 “ピラミッドの法則”で肥後の11の神社が配置されている!   草部吉見神社 祭神編

20210701


太宰府地名研究会 古川 清久

無題.png

五年前の夏の大祭前日の写真 雨でぬれた30段の階段は注意が必要です


草部吉見神社の祭神についてはこの間何度となく書いてきましたので(2030本)、バック・ナンバーを読まれるべきですが、タイトルだけは、ひぼろぎ逍遥(跡宮)660番から検索して下さい。

 ひぼろぎ逍遥(跡宮)

660

“ピラミッドの法則”で肥後の11の神社が配置されている! D 阿蘇神社 祭神編

659

“ピラミッドの法則”で肥後の11の神社が配置されている! D 阿蘇神社 数理編


 ここではこの神社が何なのかについて別の側面から簡潔に申し述べておこうと思います。ご参考になれば幸いです。

無題.png

まず、同社の位置をご確認下さい。阿蘇外輪山南東側の丘陵から大峡谷に遮られる要害の地に草部吉見ことヒコヤイミミの本拠地があったのです。

北東は祖母、傾山山系の最大級の障壁に守られ、南には見るべき人口集積地もなく五ヶ瀬川の大峡谷によって守られる九州山地でも厳しい難攻不落の地だったのです。

 この地に雲南省麗江から海南島を経由し九州に進出した黎族の一派がいたのですが、その最も戦闘力を持った集団のリーダーがヒコヤイ(ハエ)ミミだったのです。

無題.png

彼ら(多氏、宇治氏、阿蘇氏)こそが、大陸で最期まで漢族…と最期まで闘い、それでも帰順しなかった栄えある一族だったのです。黎族は雲南省麗江から怒江(チンドウィン河)を降りホーチミンへ、白族は昆明から紅河(ファン河)を降りハノイへ…正面は海南島だったのです。

その彼らが列島に入り、現日本人のかなり割合で御先祖となっているのです。この両民族は、雲南省以来の盟友として列島の開拓に乗り出すのです。この一族こそ天御中主命=白山姫に象徴される刺国大神=白川伯王〜大幡主〜豊国主=豊玉彦=ヤタガラスの一族で、熊本から移動し博多を拠点に船による開拓に乗り出すのです。彼らは、一時的に高木大神の配下に入り、豊玉彦は長女豊秋津姫を妃とします。

 一方、阿蘇に拠点を得た黎族は、先住者でもあり高千穂(三田井)に拠点を置いていた高木大神=タカミムスビの傘下に入り、ヒコヤイミミは次女タクハタチジヒメを妃とします。話を元に戻すと、この日子八井命(ヒコヤイミミ)は実は彦山の正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミミコト)であり、阿蘇を弟の健磐龍に任せ、北に向かい東に進出するのです。

無題.png

これが後の藤原(多氏=宇治氏)氏になっているのです。

対して、阿蘇氏は養子として健磐龍の血を受け続けますが、この一族は高木大神の一族でしかなく阿蘇氏とは高木大神系の氏族なのです。いずれにせよ、阿蘇氏とは高木大神と手を組んで列島を支配する事になるのです。彼ら黎族の血は列島に住む者の最低でも二割はあるだろうと考えています。

 恐らく、阿蘇氏(黎族)と天御中主の一族(白族)を併せれば三割ぐらいにはなるのではないかと思うのです。

 前掲のグーグル・マップをご覧ください。大峡谷に挟まれているとは言え、草部と高千穂=三田井とが如何に近いかがお分かり頂けるはずで、この雲南省から入って来た生きのいい若者が高木大神に見初められた事はお分かりになると思うのです。このため、草部吉見は高木大神系の傘下に入った事から草部=伽耶(高木大神の本拠地新羅の大邱)部の吉見さんと呼ばれたのでした。

無題.png
無題.png

麗江支那 手書きデータ 百嶋神社考古学初期03230121

無題.png

上)通信文(黎族)下)多大将軍と百嶋先生 手書きデータ 百嶋神社考古学初期05(不明)

無題.png
無題.png
無題.png

2011夏の大祭

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:15| Comment(0) | 日記