2019年06月06日

589 出羽から陸奥への道 H “青森県弘前市の鬼神社”

589 出羽から陸奥への道 H “青森県弘前市の鬼神社”

20180615

太宰府地名研究会 古川 清久


 これもメンバーの女性から是非行って欲しいと言われた神社ですが、青森での探訪を終え秋田に南下する途上に足を運んだ一社です。何とも凄まじい社名の神社です。

無題.png

旧郷社 

御祭神 高照比女神 伊奘那岐大神 大山祇神

青森県弘前市にある。岩木山から北東に直線距離10Kmの鬼沢に鎮座。東へ5Kmに板柳駅がある場所。

参道入口には赤い大鳥居が立ち、東北に多い俵型の注連縄が面白い。

参道を歩き、幾つかの赤い鳥居をくぐると川に出る。そこで左に曲がってUターンすると境内。

境内に入ると、狛犬のある場所に、魚が横になった狛魚が一対。

残念ながら、その由緒は分からないが、これも面白い。社殿の前には、通常の狛犬もある。

創祀年代は不詳。社伝によると、坂上田村麿東征のおり、岩木山山頂奥宮に鎮まる高照姫神の霊験により当地に再建されたお宮。一般には、鬼を祀った神社として、通称、おにがみさま。

資料では、鬼神社と記されているが、鳥居の扁額では、鬼のツノの無い文字になっていた。

当地にあっては、鬼は忌むべき存在ではないという意味か。一説には、旱魃に苦しむ人々のために、鬼が用水路を作ったという。拝殿には、額に入れられた鉄製農具が多く奉納されていた。社宝にも、1000年前の鉄製の鍬形があるらしい。神紋は、神社案内には「まんじ巴」とあったが、境内の鳥居には、まんじ紋が付いていた。境内に入ると、近所の子供たちが遊んでいた。撮影を始めると、男の子は興味深く此方を見つめていたが、女の子はチラチラと様子をうかがっている。社前の池の中央にある弁天社を見て戻ると、子供たちは消えていた。物騒な世の中だから仕方ないけど、少し凹む。

無題.png

祭神の 高照比女神 伊奘那岐大神 大山祇神ですが、玄松子氏はこの高照姫命についても書いておられます。いずれにせよ、青森まで大国主系、大山祇系のスクラムで開拓が行われている事が見えます。


別名 高照光媛大神:たかてるひめのおおかみ……

『先代旧事本紀』に、大己貴神と高津姫神の子とある神で、都味歯八重事代主神の妹。事績は不詳。

高照姫命 を祀る神社 (玄松子が参拝した神社のみ)

鬼神社   青森県弘前市鬼沢字菖蒲沢151

長柄神社  奈良県御所市大字名柄字宮271

水無神社  岐阜県高山市一之宮町石原5323


『古事記』では、大国主神と多紀理毘売命の娘で、阿遅金且高日子根神(アヂスキタカヒコネ)の妹とされますが、多紀理毘売命とは宗像三女神の豊玉姫の事で、青森の開拓にも大国主命(百嶋神社考古学では大国主命は大山祇命の子としますのでそもそも重複していますが)の後裔と大山祇系氏族が入っている事が分かるのです。

無題.png

『先代旧事本紀』地神本紀では、大巳貴神(大国主)と田心姫命の娘で、味金且高彦根神の同母妹。

事代主命

父:大国主命 母:神屋楯比売 (高津姫)子供:蹈鞴五十鈴姫(1神武天皇后)・五十鈴依姫(2綏靖天皇后)・天日方奇日方別名:都味歯八重事代主。 恵比寿さん  同母兄弟:高照姫三輪氏考参照 賀茂族の中心的神。出雲大社攝壮 大六持御子神社祭神 事代主神 高比売神 御年神であり、事代主神、高比売神は大國主大神の御子神で國土経営に大神を輔けて力を尽くした。後世大年神の御子御年神を合祀して 三歳社という。高比売と御歳神は、別神。                古代史俯瞰 by tokyoblog

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


百嶋由一郎氏が残された音声CD,手書き資料DVD,神代系譜を必要とする方は09062983254までご連絡を!

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記