2019年05月26日

583 出羽から陸奥への道 B “兵庫県豊岡市の高良神社”

583 出羽から陸奥への道 B “兵庫県豊岡市の高良神社”

20180612

太宰府地名研究会 古川 清久


 時系列的にも地域的にも書いていないため話は前後しますが、調査を終えて京丹後市から、兵庫県の但馬地方の豊岡市を通過する途中気になる神社があったため立ち寄ったところ、高良玉垂命の祭祀を発見した事から書き留めておきます。

 兵庫県の北半部=但馬国に関しては最初に注目し十五年前から調査に入ったエリアでした。

 御井の神、若宮神社はかなり拾いましたが、これまで、はっきりとした高良玉垂命の奉斎の痕跡を見いだせないでいました。

 しかし偶然とは恐ろしいもので、道を間違え豊岡市でも合併された旧日高町へと向かう道すがら、訪ねた神社に高良玉垂命が祀られていたのです。当然、意識するのは九州王朝の但馬への避退です。

 これについては、ひぼろぎ逍遥531533 但馬(上、中、下)をお読み下さい。

無題.png

ご覧の通り円山川に出石川が注ぐ合流部に鎮座する低湿地に鎮座する神社です。

通常、豊岡から養父、朝来へと向かう国道426号線(事実上の堤防上の道路)から降りた狭い一角であることからこれまでパス・スルーしてきたところでした。

 こういった神社にも敬愛する玄松子氏は足を運んでおられるのです。流石です。

 以下、少し引用させて頂きます。


式内社 但馬國城崎郡 女代神社 旧村社 御祭神 高皇産靈神 …(中略)…

通称は、お女代さん(おめしろさん)。女性っぽい雰囲気だが、祭神は高皇産靈神。ただし、豊受姫命とする説もあるらしく、また、当地のシャーマン的女性であるとする説も。 …(中略)…


御由緒

当社は延喜式神名帳に載する城崎郡二十一座の一社なり。

円山川と出石川合流の西窪地田園に囲まれ数百年の老樹の繁げれた宮地なり。御祭神は造化三神(天御中主神、神産巣日神、高皇産霊神)と賛えられ、高天原に在せられし神である。往古祝融の災害により創立年月詳ならずと雖も古社たる事明かなり。

仁寿元年正月正六位(文徳帝御宇・西暦八五一年)往古境内地五町四面なりしと伝えられる。当社御稜威の赫々たる事は古人の普く知るところにして、往古浮島明神と称せられ神殿が田圃の低地にあると雖ども円山川氾濫に際して未だ嘗て階段に浸水せしことなく浮島の名称空しからず、豊岡領主京極家は家臣をして洪水に際し詣拝せしめ実地測量せしめし事天和、元禄年間等一再ならず、僅かに数間の距離に於て数尺の水の高低あると伝え聞く。

然るに天正五年(安土桃山時代)社頭没収せられ其れがため祭祀衰えかつ寛永六年(江戸時代初期)神主住宅並に社務所・宝庫焼失し当時の古文書悉く烏有に帰し史料空し。其の後明和三年(徳川時代中期)古社大破せるを改築す。

文化五年(徳川時代後期)神祇伯白川資延王殿より社号の染筆を賜わる(由来神祇官西院に八神殿を設けられ宮中を始めて崇敬者篤かりしが神祇官荒廃後には白川、吉田家において共に八神殿を建てて奉斎せられしこと史実に明なり。当社の祭神は八神殿奉斎の御一座にあらせられるがため現在の御本殿掲載の社号の染筆を賜わったものなり)                      −『平成祭データ』−


由緒書きに“往古浮島明神と称せられ神殿が田圃の低地にあると雖ども円山川氾濫に際して未だ嘗て階段に浸水せしことなく浮島の名称空しからず”とあるように、境内に入ると川舟が一隻奉納されていました。

無題.png

次に目に留まったものは水盤の紋章でした。

無題.png

由緒書きなど表向きの見解はともかくも、この神社には別の歴史があるように見えます。

そもそも、祭神を当たり障りのない造化三神(天御中主神、神産巣日神、高皇産霊神)とするなど、それは表面上のものでしかなく、実際には別の祭神を持っているとしか考えようがありません。

水盤に打たれた澤瀉(オモダカ)は同社の紋章ともされています。

一般的にも八坂神社、祇園神社の宮司家などが使うもので、この神社の出自を考えさせられます。

まず、頭に浮かぶのは出石に押し込められたスサノウ系の痕跡を感じさせるものです。

 播磨、但馬では、スサノウ系(実質的には金山彦系)と大国主系との衝突の結果、大国主系が勝利した歴史があり、これについては百嶋神社考古学の立場から暗示されていた九州王朝内の金山彦系〜大国主系(大幡主系)の転換も関係しているように見えます。

 つまり、この神社が造化三神を祀る前には別の祭祀が存在していた事が垣間見えたのでした。

無題.png

その一つが境内に置かれた摂社に反映されていました。

 天満宮に祀られる菅原道真は長脛彦系(スサノウと金山彦の娘である櫛稲田姫)の本家である伴の女の一族と大幡主系の本家同志の姻戚関係によって成立した家柄であり、澤瀉紋を使う宮司家とはそのような一族であり、そこに高良大明神が共に祀られていたのです。

無題.png

この神社に関しては、古い祭祀が入れ替えられており、しかも、粗末に扱われる事無く丁重に祀られています。

無題.png

それを明らかに表現しているのが一番奥に祀られた秋葉神社(金山彦)です。

無題.png

百嶋由一郎極秘神代系譜@(部分)


 神社は時の権力に左右され祭神を入れ替えます。

 現在、時の要請に応じて祭祀されているものの、ほんの百年前には現在と異なる神々が祀られていることは多々あります。

従って、氏子には昔と異なる神を祀っているではないかと抗議をする権利はあるとは言えますが、時代に順応する人々は多数派であって、本来の祭祀を現在に於いても守り通す事はなかなかできないものなのです。

ただ、本来、金山彦やナガスネヒコを祀る集落が、いつの間にか征服者の祀る神々を祀らざるを得なくなると言う事は悲しい事であって、本来の祭神を祀りたい守りたいと言う思いは共通しているはずなのです。

こうして、古い祭祀も境内の一角に摂社、末社、分社…もしくは合祀として、甚だしい場合は宮司家や排斥された元宮司家の屋敷神として残される場合もあるのです。

 この点、征服王権によって全てが掻き消されてしまう大陸とか半島とは異なり列島の神々とは比較的に幸せだったとは言えるかもしれません。

 青森からの帰路、偶然に見出した一社でした。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記