2019年05月22日

580 神社についてのお尋ねにお答えします

580 神社についてのお尋ねにお答えします

20180525

太宰府地名研究会 古川 清久


 最近、神社そのものについての問い合わせが増えています。関係する自らの一族が何者なのか、当家の家紋との関係は、神社に祀られている中でもある神様の正体が分からないのですが…と言ったものです。

 勿論、普通は神社の神官なり神社庁なりにお尋ねになられるべきなのでしょうし、昔は校長先生なりお寺の和尚さんにでも尋ねておられたのでしょうが、一般的には地元の郷土史会なり研究者とか教育委員会でも、神様に対する基礎的な理解が失われ暖簾に腕押しと言った状態になっていることから、このような話が舞い込むことになっているのだと思うのです。

 それは、戦後のマッカーサーによる占領政策によってと言うよりも、新たな支配者に対して靡き尾を振る傾向が強まり、戦前の国家神道の封殺にとどまらず、自主規制(実際にはこちらが大きいのでしょうが)は元より、古代史、郷土史研究者の間でさえ、神社を真面目に取り上げる方が激減しており、神社や祭神に対する基礎的知識が失っているようなのです。

 一方、激変と言っても良いような社会の変化によって、“自らとは何なのか?”“自らの一族とは何なのか”“自分はどこから来てどこに行こうとしているのか”…と何らかの答えを得ようと神社を彷徨い歩く神社探訪者は増えているような印象をもっています。

 こうした中、現在、東北から四国に至るまで多少の差はあるものの、百嶋神社考古学の影響を受けた古代史、神社に関する研究者、ブロガーが集まって来られました。

 また、この2530のブロガー以外にもブログは書かないまでも、家族を連れテントを張って多くの神社を丹念に調べておられる方、四六時中ネット・サーフィンを続けながら神社を洗っておられる方、古文書を読みこなし神社の謎を解いておられる方…を内部に囲い込んでいるため、私がお問い合わせに対してお答えできないとしても、このネット・ワークによってお答えできる可能性があるのです。

 我々も今後何年活動が続けられるかは分かりませんが、後進も養成を行っていますし、あと十年ぐらいは力を着けながら神社研究を続けられるものと考えています。

 このため、「神社について分からない事にお答えします」と横柄な事を書きましたが、グループ全体として対応できるのではないかと思うと同時に、問い合わせによって得られた新たな研究テーマの提供は新たな謎の解明や新たな問題の提起に繋がるものと考えているのです。

 このため、私自身がお答えできるという意味ではなく、グループとしてはこのような要請に対してお答えできるのではないかと思うのです。

 もしも、神社に関して、どうしても分からない、誰に聴いても要領を得ない、いくらネットで調べても分からない…といった場合、お問い合わせに対してお答えのお手伝いが出来るのではないかと考えますので、09062983254 までご連絡頂ければ対応したいと考えています。

 経費についてご心配される方も多いと思いますが、現地に行くとなれば別ですが、電話でのご照会程度の事であれば、研究会に参加して頂ければ(年会費10002000円で神代系譜のDVD版をお送りします)。

 お金が無い方には無料で対応いたしますので、ご心配は必要ありません。

 また、一年の定期会員になって頂ければ、24時間源泉掛け流しの温泉付きの研修所(日田市天ケ瀬温泉)にも一泊できます。

その中でご相談にお答えできるでしょう。


無題.png
無題.png

本当にようやくですが、青森〜東関東に掛けて4件、愛知県2件、高知県1件、大阪府2件、大分県6件、福岡県11件、熊本県1件 合計28件のグループが形成されました。宮崎も準備中です。

この外にも、鹿児島県、福岡県、山梨県…からも新規に参加される方もおられ検討しています。

人材を残す必要から、テーブルに着いた神代史研究会も研究拠点として残す方向で動いています。

今は多くの研究者の連携を拡げ、独立した研究者のネット・ワークを創り、現場に足を運んで自らの頭で考えるメンバーを集めたいと考えています。そのためには少々の雨も寒さも厭わぬ意志を持ったメンバーこそが必要になるのです。勿論、当会にはこのブロガーばかりではなく、著書を持つ人、準備中の人は元より、映像を記録する人、神社のパンフレットを集める人、伝承を書き留める人、blogは書かないものの、徹底してネット検索を行い裏取りを行う人、ただひたすら探訪を続ける人と多くのメンバーが集まっているのです。

全ては95%が嘘だと言いきった故)百嶋由一郎氏による神社考古学のエッセンス残すためです。

なお、「肥後翁のblog」」(百嶋テープおこし資料)氏は民俗学的記録回収者であって民俗・古代史及び地名研究の愛好家 グループ・メンバーではありませんがご了解頂いています。この間、百嶋神社考古学の流布拡散に役立っており非常に感謝しております。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記