2019年05月05日

573 糸魚川〜甲斐〜南巨摩の旅 L “金山彦を祀る岐阜県大垣市の南宮大社”

573 糸魚川〜甲斐〜南巨摩の旅 L “金山彦を祀る岐阜県大垣市の南宮大社”

2018017

太宰府地名研究会 古川 清久


 糸魚川から諏訪、甲府、身延の調査を終え、中山道を下って岐阜県庁付近で車中泊し、早朝から向かったのは南宮大社でした。

 あまり知られていない神社ですが、我々にとっては金山彦を祀る極めて重要な一社なのです。


無題.png
無題.png

金屋児神社を別にすれば、金山彦を単独祭祀する神社も少ない上に、しかも堂々たる大社を参拝するのは初めてですが、関ヶ原の東、甲信越への入口とも言える場所に金山彦を祀る大社が存在する事には納得してしまいます。

 それは、甲信越から遠州、駿河、北関東をなどに入ると明らかに金山彦系の祭祀が濃厚になる事を知ると、どうしても岐阜辺りに変わり目を見出してしかるべきだったからです。

 ここで改めて金山彦を考えて見ましょう。

無題.png

金山彦神

無題.png金山彦神(かなやまひこのかみ)は、日本神話に登場する神である。

『古事記』では金山毘古神、『日本書紀』では金山彦神と表記する。金山毘売神(かなやまびめのかみ、金山姫神)とともに鉱山の神として信仰されている。

神産みにおいて、イザナミが火の神カグツチを産んで火傷をし病み苦しんでいるときに、その嘔吐物(たぐり)から化生した神である。『古事記』では金山毘古神・金山毘売神の二神、『日本書紀』の第三の一書では金山彦神のみが化生している。

神名の通り「金山」(かなやま、鉱山)を司る神で、嘔吐物から産まれたとしたのは、嘔吐物の外観からの連想によるものと考えられる。鉱山を司どり、また荒金を採る神とされ、鉱業・鍛冶など、金属に関する技工を守護する神とされている。岐阜県垂井町の南宮大社(金山彦神のみ)、南宮御旅神社(金山姫神のみ)、島根県安来市の金屋子神社、宮城県石巻市金華山の黄金山神社を始め、全国の金山神社で祀られている。


無題.png まず、百嶋神社考古学の者にとっては「古事記」の95%は嘘であり「日本書記」は多少は本当の話が書かれている程度のもので、藤原にとって都合が良いように書かれた捏造、偽装の書であるとしか考えていません。

 この百嶋神社考古学の立場から言えば、金山彦とは九州王朝の初期を支えた人物で、秦の始皇帝(ご本人もイスラエル系ですが)と姻戚関係を持って先行して列島に入ったイスラエル系の製鉄神でもあった人物なのです。

また、本物のカムヤマトイワレヒコ=神武天皇(ハツクニシラスこと神武僭称贈る崇神ではない)の本物のお妃であったアイラツヒメの父神であり、スサノウのお妃となった櫛稲田姫の父神でもあった人なのです。

 これまで何度も申し上げてきた事ですが、手っ取り早く納得して頂ける例としては、金山彦の血を引く市杵島姫(宗像三女神)の正式表記がツ島姫であり、秦の始皇帝の名が、姓は(エイ)、氏は趙(チョウ)、諱は政(セイ)という姓名の対応に何らかの関係性が表現されている事に気付かれると思います。

無題.png

金山彦と市杵島姫の関係が分かりにくいと思いますので補足しますが、イザナミはイザナギと別れた後クマノフスミ(熊野那智大社)と名を変え白川伯王系の大幡主のお妃になっておられ、その間に産まれたアカル姫(スサノウから逃れた…)の子が市杵島姫なのです。

 このため、市杵島姫とは栄えある金山彦の血を引くプリンセスだったと言えるのです。

 詳しくは ひぼろぎ逍遥(跡宮)の以下外をお読み下さい。

106

白川伯王家の源流の神社初見 “飯塚市鹿毛馬の厳島神社(安芸の宮島のルーツ)”

 秦の始皇帝と姻戚関係を結んだイスラエル系の金山彦の一族は後に始皇帝の一族も避退してくるのですが、それに先行して列島へと渡海したことから、にさんずい偏を付し自らを区別したものと考えています。勿論、この話は故)百嶋由一郎氏が丹念に中国での調査を行われた上でお教え頂いたものです。


百嶋神社考古学に関する資料(神代系譜、音声CD、手書きデータ)を必要とされる方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記