2019年04月21日

568 糸魚川〜甲斐〜南巨摩の旅 G “身延の賀茂神社への疑問”

568 糸魚川〜甲斐〜南巨摩の旅 G “身延の賀茂神社への疑問”

20180503

太宰府地名研究会 古川 清久


 天津司神社を後にし、次に身延山久遠寺に向かう途中に何社か見ようと思い南に下ったのですが、まずは、若宮八幡神社と賀茂神社を選びました。神社は直ぐに見つかりました。

 参拝者は後から来られたご夫婦だけでしたが、かなりの水量のある清冽な水が滔々と流れ下っておりそれだけで来たかいがあったような気がしました。

 まず、賀茂神社とありますが、下賀茂系か上賀茂系かが気になるところです。多分後者のはずです。

無題.png

賀茂別雷は崇神ですね 雷神は祖父の草部吉見=武甕槌…となる訳です 風神〜雷神

無題.png

ここが穴山梅雪の領地だったとは縁起を読むまで分かりませんでしたが、武田信玄の娘を娶った一門衆(武田24将の一人)であるも勝頼を裏切り織田信長に寝返ったという人物だそうです。

名前からすると鉱山開発と関わりがあるはずで、調べると付近の下部温泉辺りの金山開発も手掛けていたようです。さて、祭神は考えていた通り賀茂別雷大神(神武僭称第10代贈る崇神天皇)でした。

 ニニギとのカップリングの経緯は不明ですが、まずは順当と言った印象です(諏訪の手前に穴山が…)。


無題.png

穴山氏は甲斐国南部河内領の国人、甲斐巨摩郡穴山(韮崎市)を本願とする一族で、明徳4年(1393年)に河内地方を領する南部氏が陸奥へ移った以降に河内へ入部したと考えられているようです。

 これで、南部町が東北の南部氏と関係がある事も粗方見当が着きましたし、姓名だけで見当を着けたのですが穴山姓の分布(四国中央構造線沿いに)からは、薄い根拠ですが、四国の構造線に沿っている事からやはり鉱山開発、金属採取に関わる氏族であるとして良いようです。

無題.png

さて、気になる事が一つあります。それは、参拝殿正面に掲げられた幔幕に記された神紋です。

 これはどのように見ても瀬戸内海の大三島の大山祗命(我々がトルコ系匈奴と考えている人々ですが)の神紋なのです。

 それが、何故、賀茂神社の幔幕に記されているのかです。

 見ると、隣接する宮司家の家紋も隅切り角(八角形)に三つ引きであり、少なくとも宮司家は大山祗命に繋がる一族に思えるのです。

 一般的には、宮司家が大山祗とすると氏子総代から氏子一統もその可能性があり、これらが甲州騎馬軍団の一翼を担っていた可能性さえも想像できるのです。

 遠来の、しかも、初見の人間が何をとんでもない事をと思われるかも知れませんが、それならば、何故、大山祗の神紋が使われているかをお教え願いたいと思うものです。

無題.png

最低でも、賀茂別雷命とこの神紋とは直接の繋がりが無い事から、本来は大山祗命を祀っていた氏族でしたが、その後、何らかの事情で、上賀茂系統に切り替えられたのかも知れません。

身延町には浅間神社と山神社が6社はあるのですから。

 そう考えるのは、参拝殿の左手に少彦名命を祀る社が残されており、大国主命と国土開発に携わった神とすれば、大国主命の父神である大山祗命にこの神社の本質を見てしまうからです。

 百嶋神社考古学では大山祗命と埴安姫の間に産まれたのが大国主命とするからです。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)

無題.png

百嶋神社考古学に関する資料(神代系譜、音声CD、手書きデータ)を必要とされる方は09062983254まで

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記