2019年02月23日

547 近江散歩 I 大国主神社“滋賀県高島市新旭町”

547 近江散歩 I 大国主神社“滋賀県高島市新旭町

20180416

太宰府地名研究会 古川 清久


 安曇川での調査に区切りをつけ本来の目的地の長浜市へ向かいました。出雲にも長浜がありますが、この琵琶湖北(東)岸の長浜も博多の長浜の地名移動としか考えようがありません。

 バイパスを離れ古代のルートであったはずの山沿いの道を走っていると大国主神社を見出しました。

 大国主命を出雲の神様と信じ込んでおられる方は致し方ありませんが、肝心の九州王朝論者でさえ、故)百嶋由一郎氏が“95%が嘘である”と言い切った「古事記」を偏重するあまり、何故、琵琶湖に大国主神社があるのかといった藤原が造ったトリックに陥ってしまわれるのです。

無題.png

大国主命を出雲の神様だと思い込んでおられる方が多い…とは故)百嶋先生でしたが、この地図の上の方に出している津野神社に通底するであろう宮崎県都農町の都農神社(日向国一の宮)の主祭神も実は大国主命なのです(今の時代そんなことはネットで瞬時に確認できるのであり要は通説に疑問を持つかどうかなのです)。

無題.png

この神社を見た瞬間、同社の祭神は改竄されているのではないかと思いました。

 それはこの神社が鎮座している地が五十川と呼ばれているからであり、五十川とは「イソカワ」であり、五十猛命(イソタケル)こと山幸彦=ニギハヤヒ=猿田彦を意味しているのです。

 福岡市も南区でしたか、「五十川」(ゴジュッカワ)が有りますね…。

 つまり、元はニギハヤヒ系の祭祀が存在していた事が見えからでした。

無題.png

同社前のコミュニティーバス停

 ウィキペディア氏も


明治維新までは、「高嶋今宮」「今宮山王宮」と称した。通称、「五十川神社(いかがわじんじゃ)」。旧社格は村社。


 と書いているとおり、今宮山王宮と呼ばれたのであれば、“今宮の「今」の意味は「射魔」であって、基本的にニギハヤヒ系のエリアには、今宿、今山、今津…といった地名が付される”としたのも故)百嶋由一郎氏でした。

 さらに、比叡山のお膝元の事、江戸時代の幕末までは山王宮であった訳で、その点でも明治維新によって祭神が入れ替えられている可能性があるのです。

 江戸時代は開幕以来裏のフィクサーであった天海僧正は比叡山の天台系の僧侶であって、彼は山王一実神道を創り日枝山王権現信仰を広めたのでした。


山王神道(さんのうしんとう)は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、天台宗の総本山である比叡山延暦寺で生まれた神道の流派である。狭義には、江戸時代の天海より以前のものを山王神道という。

日枝山(比叡山)の山岳信仰、神道、天台宗が融合したのが山王神道である。山王権現(日吉大宮権現)は釈迦の垂迹であるとされ、神仏分離では大山咋神とされた。また、「山」の字も「王」の字も、三本の線と、それを貫く一本の線からなっており、これを天台宗の思想である三諦即一思想と結びつけて説いた。

ウィキペディア(20180416 1628による


そして、この神社でも日枝山王権現=日吉宮=松尾神社=大山咋が祭神とされていたのでした。

無題.png

ここまで見てくるとほとんど祭神について議論する事に意味がなくなり、神社研究としての意味は存在しない事に成るのですが、比叡山のお膝元の事、政争に明け暮れた神社の悲哀を理解しなければならないと思うものです。むしろ大国主命については北の津野神社を取り上げるべきだったかも知れません。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記