2019年02月15日

544 近江散歩 F 丹生神社 “滋賀県長浜市余呉町”

544 近江散歩 F 丹生神社 “滋賀県長浜市余呉町

20180413

太宰府地名研究会 古川 清久


前ブログ543 近江散歩 E に佐賀県東部と筑後から琵琶湖周辺に移動した人々について (縮刷版)

で書いた通り、海人族は元より、地名を左右できるほど早い段階と規模で、北部九州から大量の人々が入っているだろうことをご紹介しました。

 その中でも、高時川は妹川と呼ばれていた可能性があり、鋳物師の川であっただろうことが読み取れるのです。

 その高時川流域に二つの丹生地名が存在している事自体、製鉄、冶金の民がいたと思わせるものであり、姉川、高時川(妹川)河川邂逅部を確認するや、いち早く向かったのが二つの丹生神社だったのです。

無題.png

谷川健一 管川は和歌山県伊都郡高野町筒香である。丹生都比売神社は藤代の峯から移されて現「播磨国風土記」逸文には、爾保都比売命が紀伊国の管川の藤代の峯に鎮座しているとされて中央構造線に沿って流れる和歌山県の紀ノ川ぞいにも、 丹生の地名と丹生神社が点々とある。丹生神社辰砂(水銀鉱)の産地であった。社が祀られている。「日本書紀」には「菟田の血原」と記無題.pngされていて、赤色を帯びた土が出て、(ママ)合も少なくない。奈良県宇陀郡蒐田野町大字入谷は丹生谷庄のあったところで、そこに丹生神二

135 ページ

谷川健一. 在、かつらぎ町天野に置かれている。この天野に鎮座する前は那賀郡粉河町の丹生谷にとどまっていたとされ、そこに丹生神社がある。また伊都郡の九度山町には丹生川があり、そこに丹布都比売を祀る河根丹生神社がある。丹生都比売を祀るかつらぎ町には、丹生狩場明神社がある。狩場明神は古代の豪族の身毛津君の末裔で、丹生都比売神社に勤仕していたが、弘法大師が高野山に入峯したとき、その道案内をしたと伝え、狩猙を業としていたので、狩場明神と崇め祀ったという(日本歴史地名大系『 和歌山 ...

「日本の地名」(岩波新書)谷川健一

無題.png

この高時川が姉川の支流の妹川であり 上丹生 下丹生地名が確認できるのです


下丹生神社


式内社 近江國伊香郡 丹生神社二座 旧村社  御祭神 高靇神 丹生都姫命

滋賀県長浜市(旧余呉町)にある。余呉湖の北東3Kmの下丹生に鎮座。高時川の西岸、284号線の側、南向きに境内がある。284号線には余呉公園などもあり、広く整備された道で走りやすい。

鳥居をくぐり、階段を上がると境内。境内右手に拝殿があり、後方の垣の中に本殿。

上丹生にある丹生神社の拝殿では、テント地の保護幕が全面に張られていたが、当社では、その保護幕が巻上げられて開放されていた。

もとは丹保高山の麓、神楽野に鎮座。 創祀年代は、天平宝宇字八年(764)。貞観十二年(870)、北方の現社地に遷座。 式内社・丹生神社二座の論社の一つ。祭には、丹保高山から赤土(丹生)を採り、

高取川の清水を汲んで、八十瓮に盛って神前に献じるという。その後、赤土と清水を混ぜ、氏子の額に印を付けて、無病息災の符とする。

文明二年(1470)社殿が焼失。大永八年(1528)に再建された。現在の社殿は、寛文七年(1667)七月に改築されたもの。拝殿の左手に境内社が二つ。蛭子神社と稲荷神社だと思う。

敬愛する「玄松子」による

無題.png

上丹生神社


式内社 近江國伊香郡 丹生神社二座 旧村社

御祭神 彌都波能賣命 丹生都比賣命

滋賀県長浜市(旧余呉町)にある。余呉湖の北東4Kmの上丹生に鎮座。

高時川を東へ越えた場所に、南向きに境内入口が見える。

鬱蒼と茂った木々の神域へ足を踏み入れ、鳥居をくぐり、階段を上ると、予想外に広い境内。

境内右手に、テント地で保護された、堂々として造りの拝殿があり、拝殿の後方、階段上に、垣に囲まれた本殿がある。

参拝は5月の連休。蒼々として活力に満ちた木々にちょっと癒される空間。そんな感じ。

創祀年代は、不詳。式内社・丹生神社の論社の一つ。

社伝によると、天武天皇の御宇、丹生真人がこの地を拓き、丹保野山に神籬を設け、山土と丹生川の水を供え、天津神を祀ったという。後、天平年間に現在の地に社殿を創建した。よって、当社は土と水の神。

丹生真人は、誉田天皇の御子稚渟毛二俣王の後裔で、息長氏の一族。息長丹生真人とも呼ばれていたらしい。

社殿には、巴紋が付けられていた。『滋賀県神社誌』には「円山水」と記されていたが図案は未確認。当初は、丸に三つ巴紋の別称だろうと軽く考えていたが、違うような気がしてきた。よって、追記しておく。本殿のある垣の中に、少し大きな境内社があるが詳細は不明。

敬愛する「玄松子」による

無題.png

前日の雨のためか高時川(妹川)は多少増水し長浜に流れ下っていました(右が下流)


 この祭神の丹生都姫については誰なのかがお分かり頂けないと思いますので、メンバーで百嶋神社考古学の立場からblogひとつあがりのカフェテラス氏が丹生の郷の神々@〜B書かれていますのでご紹介したいと思います。


罔象賣神についてWikipediaでは、ミヅハノメは、日本神話に登場する神である。

『古事記』では弥都波能売神(みづはのめのかみ)、『日本書紀』では罔象女神(みつはのめのかみ)と表記する。神社の祭神としては水波能売命などとも表記される。

無題.png淤加美神とともに、日本における代表的な水の神(水神)である。と説明されています。

百嶋系図では、罔象賣神(=神大市姫)はトルコ系の匈奴の流れを汲む大山祇(=月読命)と大幡主の実の妹である埴安姫(=草野姫)との御子であり、また、稲荷社の宇迦之御魂神とは伊勢の外宮様(=豊受大神=辛国息長大姫大目命)のことで、罔象賣神とスサノオの間にお生まれになっています。

つまり、この丹生神社では、母娘神が静かに寄り添うように鎮座されている、そういったところでしょうか。…

…ミヅハノメの神について、百嶋先生は、このように述べられています(「肥後翁のblog」から転載)。

熊本白川水源に白川吉見神社がある。

これは、表には春日大神を祀ると書いてあるが、このお宮は、ミヅハノメの神を祀ると書いてあります。

このミヅハノメの神が奈良の春日大社のもう一つ上の祭神です。こちらが龍神姫です。

丹生川上神社上社、中社、下社とありますが、本当の龍神様はこのミヅハノメの神、同一の神様です。

このお嬢様が、伊勢の外宮様の姫大神です。また、別の講演では、豊玉彦の働きは非常に大きかったが、隠れてなかなか表にお出になっていない。

その代表が吉野の丹生川上神社、表に罔象賣神を立てていらっしゃる、実際の御祭神は豊玉彦。

ともお話されています。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記