2019年01月20日

番外C 愛媛の白王神社 “愛媛県西予市鬼北町の白王神社”

番外C 愛媛の白王神社 “愛媛県西予市鬼北町の白王神社”

20180311

太宰府地名研究会 古川 清久


既に、ひぼろぎ逍遥(跡宮) 531 檮原街道の白皇神社 “愛媛県西予市城川町田穂の白皇神社”によって、驚愕の白川伯王神社の存在をお知らせしましたが、檮原街道の帰路、西予市にあるもう一つの白王神社を訪ねることにしました。

一つだけでも凄い事だと思っていたのに二つ目を帰路に拝めるとは、故)百嶋先生から頂いた知識のプレゼントと偶然に感謝したいと思います。

一般的にはこの重要性を理解して頂けないと思いますが、造化三神として知られる神産巣日神=神皇産霊尊神の父神=豊玉彦(ヤタガラス)の祖父神で、天御中主命の弟神にあたる文字通りの天地開闢の神なのです。

ところが、西予市と言う愛媛でも僻陬の地も、まだ、調査を始めたばかりにも拘らず、土佐に入り調べ始めると、四万十川流域を中心にとんでもない数の白川伯王系神社が存在する事が分かって来たのです。


無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


 無題.png土佐の神社調査に関する資料としては、県立図書館に行けば門外不出のものも含めいくらかあるのですが、手っ取り早くは、市販されている竹内荘市氏による「鎮守の森は今」があり、この本に依れば、高知県だけでも44社の白王(白皇)神社が存在する事が書き留められていたのでした。

 今回で5度目の四国訪問でしたが、まだまだ、フィールド・ワークが全く不足している事を思い知らされたのでした。

 高知県での白王神社の調査はこれからですので何とも言えないのですが、四万十川流域に集中している事もあって、かつては広く広がっていたものがそのまま残されたと考えるよりは何らかの事情で、僻陬の地へ避退したのではないかと考えているのですが、それも含めて今後の課題です。

 2000社以上存在する高知県とはいえ、44社の白王神社以外にも聖神社(孝元天皇)、若宮神社(高良玉垂命=開化天皇と神功皇后の長子)、物部の仁井田神社…と重要な神社が目白押しなのです。

 これまで、九州全域は元より、山陰から甲信、北陸、関東以北へも調査を行ってきましたが、これほどの数があるとなると、最低でも10日から20日間の調査は必要となり、車中泊としても長期の滞在が必要になります。

 しかし、山陰、北陸にも比較して重要度は否定できません。

無題.png

ともあれ、愛媛の二つ目の白王(白皇)神社をご覧頂きましょう。

無題.png

白王神社は、愛媛県宇和島市百之浦1204 や愛媛県西予市鬼北町延川野村町釜川にもあり、早々に、再度、調査に入りたいと考えています。

無題.png

写真は省略していますが、神殿は鞘殿で奉斎氏族が気になります

無題.png

神社庁の資料では「吾田鹿葦津姫命(あたかあしつひめのみこと)」とされていますが、白王、白皇神社については関係者も良くご存じないのか、祭神がバラバラになっています。

 吾田鹿葦津姫命はコノハナノサクヤヒメでしょうが、白川白王神社の祭神としては齟齬をきたしているため当面保留したいと考えています。

 いずれにせよ二つ目の白王、白皇神社となりました。南予、西土佐は道路整備が遅れていた事から、移動だけでも大変ですが、逆に言えば久々に広大なフィールドが展開した事から新たな対象が天から降って降りてきたような気もしています。


百嶋神社考古学に関する資料を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 08:37| Comment(0) | 日記