2018年12月13日

525 白川の向こう側 “熊本県菊陽町の楠森天神社と井口天神社”

525 白川の向こう側 “熊本県菊陽町の楠森天神社と井口天神社”

20180211

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 一般的に熊本県には阿蘇神社しか存在しないと思われていますが、「熊本県神社誌」27pによれば、3237社(甲・乙社)中その三分の一近くの1012社が菅原系神社であって特に阿蘇郡、菊池郡の約半数が天満系の神社になるのです。つまり、阿蘇系神社はその後に続くのです。

その原型のようなものに気付いた事から今般取り上げることにしました。

場所は熊本市の東隣、大津町の西隣といったところなのですが、白川の両岸に広がり、近年、空港にも繋がる熊本市のベット・タウンとして人口が増加中のところでもあるのです。

まず、白川の左岸の馬場楠公民館の傍に社殿が無い鳥居と結界だけの神社があります。

無題.png

南には2017年の熊本地震(人工?)によって破壊しつくされた益城町が今も惨状を呈していますが、この菊陽周辺にもそれなりに破壊された場所を見掛けます。

 話が逸れましたが、社殿が存在しないまでも普通は石塔などが御神体として崇敬を集めるのですが、ここでは楠そのものが神体とされているのでしょうか、神社誌を見ても何も記述がないためここではこのような祭祀も存在する事だけをお伝えするに留めます。

 このような何の情報もない場合には、多くのファクトを押さえて帰納演繹する以外に手はないのですが、下流にもう一つの井口天神社が存在する事から見て頂きましょう。 こちらも社殿はありません。

度重なる白川の氾濫の結果絶対に流されない石塔と大楠といったものに信仰が託された可能性はあるのですが、定かではありません。

無題.png

井口の場合はその地名から明らかですが、加藤清正の農業土木による用水路の整備が反映されたもののようにも見えます。馬場楠も含めてエリア外の益城町の大社津守神社の境外摂社の意味合いも持っているようで、同社の甲斐宮司にそのうちお尋ねしたいと考えています。有難いことに立派な縁起が置かれています。そもそも津守神社がある益城町一帯は阿蘇系神社が全く存在しない所であり、阿蘇氏が列島に進出(侵入)するまでの神々も投影されているように思うのですが、それが的を得ているかは不明です。


【天神七代】

日本神話で、天地開闢(かいびゃく)の初めに現れた7代の天神。日本書紀では、国常立尊(くにのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)、(以下は対偶神。二神で1代と数える)埿土煑尊(ういじにのみこと)・沙土煑尊(すいじにのみこと)、大戸之道尊(おおとのじのみこと)・大苫辺尊(おおとまべのみこと)、面足尊(おもだるのみこと)・惶根尊(かしこねのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)7代。古事記では、国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神(とよくもののかみ)、(以下は対偶神)宇比地邇神(ういじにのかみ)・須比智邇神(すいじにのかみ)、角杙神(つのぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)、意富斗能地神(おおとのじのかみ)・大斗乃弁神(おおとのべのかみ)、於母陀流神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)7代。神代七代(かみよななよ)→地神五代(ちじんごだい)

デジタル大辞泉の解説

無題.png

神世七代 20140930

別天神(ことあまつかみ、別天津神とも)の五柱(造化の三神であるアメノミナカヌシノカミ、タカミムスヒノカミ、カミムスヒノカミのほか、ウマシアシカビヒコヂノカミとアメノトコタチノカミ)に次いで誕生した、古事記の最初に記されている神々の総称。全部で十二柱。一代目、二代目はそれぞれ一柱で、別天津神と同じく独神(ひとりがみ)。三代目以降七代目まで、それぞれ兄妹・夫婦神であり、十柱(男神五柱、女神五柱)いる。

神世七代

一代目:クニノトコタチノカミ - 独神 二代目:トヨクモノノカミ - 独神

三代目:ウヒヂニノカミ | スヒヂニノカミ - 大地が徐々に出来上がっていく

四代目:ツノグヒノカミ | イクグヒノカミ - 生物が発成し育つ

五代目:オオトノジノカミ | オオトノベノカミ - 大地が完全に凝固した

六代目:オモダルノカミ | アヤカシコネノカミ - 人体の完備

七代目:イザナギ | イザナミ - 国産み、島産み、神産み

イザナギとイザナミの子にあたるのがアマテラスで、地神五代に続いていくことになり、初代神武天皇および現在の皇統まで連なる。

敬愛する 無題.png による


まず、宇摩志阿斯訶備比古遲神の神が書かれています。通常の神社探訪ではまず出くわさない消された神様ですが、具体的には出雲大社の客人(マロウド)間以外では目にしないのです。

かく言う私も富士山浅間神社周辺と福岡市名島辺りで見ただけですのでめったに遭遇しないものです。

それが、書かれているのはびっくりしましたが、結局「古事記」を準えているだけと言う事でしょう。

この神が隠されたのは鎌倉期以降の半島系の神を排除する傾向からでもあるのですが(元寇の主力部隊はモンゴルではなく朝鮮、江南だった)、私はこの神がトルコ系匈奴=熊襲の主力部隊だった事から隠されたのではないかと思うのです。

 しかし、通常、天満宮、天神社、天神神社などと呼ばれるものの本質が見えた気がしています。

 つまり、天神様を菅原道真公を祀るものと考えるのは間違いで、立派な人物であったと思うものの、神様に祀り上げられる程の方ではない事は当然であって、藤原の指示で全国に道真を祀れとしてある種の神社群の本当の祭祀を消したのが本質ではないかと思うのです。

 この井口天神社もその一例なのかも知れないのです。

 また、宮崎、大分などで見掛ける天神社は天神神社、天満宮とは異なるものなのかも知れません。

 さて、つい数日前にも“百嶋説では「国常立神」は大幡主=神産巣日神だろう…としていますが、「天常立神」とは誰なのか…といった質問が持ち込まれました。

 メンバーの宮原誠一氏は天御中主命だろうとされているのですが、百嶋神代系譜との対応を考えると私の仮説は、神産巣日神の父神の白川伯王ではないかと思うようになりました。

 勿論、「天」は半島で、「国」は九州で、両方を行き来しているものの本拠地をどちらに於いているかの問題のような気がしています。

 ただ、井口天神社由緒でも神産巣日神と国常立神が別神扱いになっている事が気になりますが、この程度の混乱は良く遭遇するもので、混乱は列島全土に及んでいるのです。今後も悩みは続きます。

無題.png

上は「白川伯王神代系譜」 研究目的で百嶋神社考古学の資料を必要とされる方は09062983254に…

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記