太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年08月09日

484 有明海のど真ん中 湯島の神社探訪 “上天草市湯島の諏訪神社”

484 有明海のど真ん中 湯島の神社探訪 “上天草市湯島の諏訪神社”

20170929

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 有明海の湯島と言えば天草島原の乱の談合島として知られていますが、一般にはほとんど知られておらず、“そんな島ってあったっけ?”…といった認識の方が多いかも知れません。

 まずは場所を確認して頂きましょう。

無題.png

これまで、熊本では数十人単位の大規模なトレッキングを行っていましたが、最近は各自五月雨的に神社トレッキングを行い始めています。調査をする側としては少人数の方が動きやすく調査にもなるのです。

 熊本では女性メンバーが多く土日に休みに難い事があるため、今後は小規模トレッキングを連発した方が密度も上がり、機動的に動ける事から重複が避けられ(勿論、何度も行くことによってようやく分かる事もあるため必ずしも重複が良くない訳でもないのですが)平日に何度か行う方が良いのではないかと考えていました。

第一、何台もの(時として10台も超える)車で狭い神社に移動するのは大変な事なのですから。

今回は、三人で神社を訪問するという話があった事から急遽湯島諏訪神社を見に行くことにしました。

これは、以前、船着き場に上陸しただけの湯島に上り、湯島の諏訪神社を見たと言うだけの小規模トレッキングのリポートになります。

無題.png

この湯島には二十年近く前でしたが、一度だけ、舟釣り(タイ、カサゴ釣り)で波止着けした事がありました。

 それ以来、アコウと猫島としても知られた島をじっくり見たいと思ってきました。

 まさに、個人的には「渡りに船」だった訳で、神社と民俗と猫とアコウが一度に堪能できる「湯島」は一度は踏むべき島だったのです。

 天草島原の乱後、この島も徹底して弾圧が行われたはずで(何しろ反乱の武器である弾丸まで造っていた場所なのです)、キリシタンの痕跡は存在していないはずです。

 こういったところまでもが湯島訪問までのイメージでしたが、30分足らずの船旅(渡船往復1200円)を楽しむ間もなく、直ぐに南側斜面に家並が密集する湯島の集落が見えて来ました。

 勿論、神社研究に於いてはそれほどの重要性はないのでしょうが、有明海の出口とも言っても良い神社は見ておく必要はあったのです。

 まず、「湯島」とは奇妙な名前です。この事が以前から気になっていました。特別温泉が出ている島でもないのに湯島とは…でしたが、意識的に調べさえすれば自ずと理解できる幸運なケースでした。

 以下はネット上にあった有難い資料ですが、調べれば湯島(ユシマ)は石間(イシマ)だった事が書き留められていました。

 火山島だった時代の痕跡は、漁師や船乗りによって代々伝えられていたはずで…もしかしたら岩と岩の間の海底からもガスが沸き湯玉が上がっていた事が地名としても反映されていたのではないかと思うのです。

無題.png
無題.png

明快ですね。普通は他説に容易には順応しないのですが、これは矛盾がなく気になっていたことが払拭できました。もう一つは、東京の「湯島天神」(スサノウ+菅公)との関係です。

「湯島」という名称はこれ以外には見当たらない事から、何らかの関係があるのではないかと考えるのは常識の範囲内です。何やらこの点から町興し村興し風にイベントも行われた事もあるらしいですが、諏訪神社とする湯島神社とは無関係ではないかと考えていました。

 しかし神社を見ると氷解しました。直接の関係があるかは不明ですが、とりあえずは基層に天神様に関係のある神様も祀られていた痕跡があったことからこの点に関しても、一応、関係が全くないとは言えない事が分かり安心しました。祭神はスサノウ→タケミナカタ→金毘羅=オオヤマクイと変わったようです。

今回は息抜きの意味もあったことから、神社さえ見れば、後は、アコウの大木を見て廻り、猫を撫でで、魚でも食べて帰れば満足できそうですので、離島の旅としてはそれだけで完結するのでした。

 さて、「熊本県神社誌」には湯島神社は湯島諏訪神社として建御名方を祀るとそっけなく祭神が書かれているだけでした。

 島には天草五人衆(豊臣政権下の小西領の土豪)でもあった大矢野氏の居城跡もあることから、この建御名方神と言えども、後に大矢野氏が自ら祀ったものである可能性が高く、本来の神は別にあるのではないかと考えていました。

 そこで、神社を見ると思ったとおりで、やはり二つの摂社が境内に置かれていたのです。

無題.png

さて、境内には二つの摂社が置かれていました。

 社殿に向かって左に置かれたのが金刀毘羅神社で、右が祇園神社です。

無題.png

 ここからは推定ですが、恐らく幕藩体制下には金刀毘羅神社が祀られていて、明治か戦後になって、島原の乱で天草が実質的な天領となる前に祀られていた諏訪神社に戻されたのではないかと考えています。

 では、祇園神社は何でしょうか?それこそが、最も古い祭祀であり、肥後3,500社中1,300社を占める菅原系神社がこの天草の離島にまで及んでいたのではないかと考えるものです。

 では、由緒書をご覧ください。「貞観十八年」の記事の通り、これが最も古い祭祀であり、湯島の人々が古来守り祀ってきた神様であろうと思うものです。

 所謂、金毘羅さんは、家康のフィクサーであった天海僧正によって流布された日吉神社=日枝神社の事であり、これは島原の乱後に持ち込まれたものなのでしょう。

無題.png
無題.png

南方系の海岸性樹木であるアコウはイチジク科の木でしたか、イチジクのような実を着けることから磯ヒヨドリのような恰好の餌となり、この鳥の糞と共に海岸に頻繁に種が撒かれます。

塩分を必要とするため海岸から遠く離れては生きていけないのですが、性の強い木であることから成長も早く右側の木でもほんの25年程度なのです。

そして驚くほどの根を張る事から、別名「絞殺しの木」とも言われ、波際の道路や敷地の護岸のために意図的に植えられる事もあるのです(劣化の激しいコンクリートなどよりよほど強いのです)。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:48| Comment(0) | 日記