2018年07月25日

479 突然涼しくなったので丹波丹後の神社調査に… J 朝来市の當勝(マサカツ)神社の感動

479 突然涼しくなったので丹波丹後の神社調査に… J 朝来市の當勝(マサカツ)神社の感動

20170912

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 内倉武久氏と合流し、朝来市で勅使門を持つ二つの重要この上ない貴重な神社(足鹿神社、赤淵神社)をご案内し、幾つかの神社を見て廻りました。

 足鹿神社は既にご報告していますが(「ひぼろぎ逍遥」515但馬に勅使門を持つ神社がある “兵庫県朝来市の粟鹿神社”)、赤淵神社は重要過ぎるため後に廻すとして、先に当勝神社を報告させて頂きます。

無題.png

當勝神社 カーナビ検索 兵庫県朝来市山東町粟鹿2143 079-676-2199


 見るからに神秘性を漂わせる神社ですが、その社名から阿蘇の草部吉見神社のヒコヤイミミが頭に浮かんでいました。

 当勝(アカツ)神社と言えば、正勝吾勝勝速日天忍穂耳(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ)命=彦山神社の主祭神とは草部吉見神社の主神であり、武甕槌命、春日大社の表向きの神であり、同時に藤原の祖神なのです。

無題.png
和田山ICからそう遠い場所ではないのですがそれなりに奥まった集落の一角に鎮座しています
無題.png

境内に入ると素晴らしい社殿がありました

無題.png

カメラの向きがおかしいのはご容赦


 社殿に向かって右手には稲荷神社があります それは伊勢外宮=伏見稲荷が草部吉見神のお妃だったからでもあるのです。

武雷命の表記は気になりますが(始めは崇神の雷と思いました)、百嶋神社考古学の立場からは、タケミカヅチは阿蘇の草部吉見神=海幸彦 その人であり、奈良の春日大社の表向きの神様になるのです。

 そうすると、敬愛する玄松子氏が「境内の左右に境内社の祠があるが、詳細は未確認。『平成祭データ』には、境内社として稲荷神社の名が載っている。」というコメントが俄かに信憑性を帯びてくるのです。

それは、タケミカヅチ=海幸彦は伊勢の外宮の豊受大神=伏見稲荷の始めの夫神であり、後のそれがニギハヤヒ=山幸彦だからです。社殿右手には當勝天神社が置かれていました。

ここまでしなければならないという事は、もしかしたら、この神社の本来の祭神は別なのかも知れません。

無題.png
無題.png

そう考えると、逆杉社がありました。久々能知命は金山彦そのものですが、

 本来の神様は金山彦である可能性を意識せざるを得ないのです。

 さらに言えば、稲荷が最奥部に置かれている事までを考え合わせれば、金山彦の妹のイザナミの子がスサノウでその娘が伏見稲荷である事とも通底しているのです。

無題.png

参拝殿


この狐に乗った神は草部吉見神が狐を使う=伏見稲荷の遣いという意味なのでしょうか?

無題.png

久しぶりに目の覚めるような神社を見せて頂きました。

兵庫県神社庁の資料を見ると祭神は草部吉見神とそのお妃であった栲幡千千姫命とその父神である高皇産巣日神(高木大神)とされ金山彦、稲荷社は全く触れてありません。

 もうすこし検討が必要な気がします。

無題.png

研究目的で百嶋神代系譜を必要とされる方は09062983254までご連絡ください

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記