2018年04月28日

449 平家物語にも登場する関山の神社 “熊本県南関町の大津山神社”

449 平家物語にも登場する関山の神社 “熊本県南関町の大津山神社”

20170722

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 今回は南関ICに近い大津山阿蘇神社を取り上げます。

何の意味もない海の日を絡めた三連休の最終日でしたが、参拝客には一人も遭いませんでした。

 以前来た時には結構な参拝客が犇めいていたのですが、これが現在の神社を取り巻く現実なのです。

 向かいの南関いきいき村には買い物客の車が駐めるところがないほど犇めき合っているのですが…。

無題.png

さて、筑後と肥後との境に南関町という文字通りの関の町があります。

この一帯には、北の関、関東…といった地名がぞろぞろあるのです。

そもそも肥後の北に、何故、南関町があるのかが以前からの関心事でしたが、テーマが異なるためここでは触れません。

「和名抄」には郷名として玉名郡大水郷とあります。大水は「おおむつ」と読むようですが、現在の南関町に大津山という山がありこれと関係があるとされています。

「おおむつ」が大津山とは奇妙?とお考えになるでしょうが、ネット上には「大津山の比定」(筆者不明)というPDFファイルで読める論文が出されています。取り敢えず納得しましたので紹介します。


「おおむつ」は実際には「おおうつ」に近い発音だったということができる。したがって大水は「平家物語」にいう大津山 (大津) に同じものと考えられる。実際この「大水」という地名、 表記はその後の時代にもしばしば登場する。それも大津山という表現と交互する… 肥後琵琶南関の山鹿良之と書かれています。


まず、水は「みず」mizuではなく「みづ」miduなのです。「おおみづ」oomiduが、ou□□dumiは脱落し、二番目のou(実際は逆)に転化したのでしょうか。九州では「おおか」は「ううか」ですね。


無題.png

大津山阿蘇神社 カーナビ検索 熊本県玉名郡南関町大字関東958 0968-53-0625


 「平家物語」は磨墨(スルスミ)に乗る梶原景季と、池月に乗る佐々木高綱による宇治川の先陣争いぐらいしか読んでないのですが、この大津山の関が「平家物語」に登場するのです。


927年完成の『延喜式』兵部省諸国駅伝馬条によれば、この地域に宿駅が置かれたとされている。 平家物語の中に、南関町の関所が書かれた一節がある。「肥後国、菊池の武将である菊池二郎高直は、平安時代末期、絶大な権力を握った平氏に仕えたが、源氏との戦いに敗れ、安徳天皇、平宗盛と共に九州の大宰府に逃げのびた。その後、菊池二郎高直は大宰府から『大津山の関あけてまいらせん。』と言って、自領である肥後国菊池へ戻ったきり帰ってこなかった。」と書かれている。

平家物語巻八 - 菊池二郎高直は都より平家の御供に候けるが、「大津山の関あけて参らせん」とて、肥後国にうちこえて、己が城に引つこもり、召せども召せども参らず。

つまり高直は「肥後国に入る場所にある大津山の関は、警戒が厳重で簡単に通れない関所なので、自分が先に行ってあとから逃げて来る人たちが関所を通れるようにしておきます。」と言って、自分だけさっさと領地の菊池に逃げ戻ったということである。

ウィキペディアより

無題.png

この神社は阿蘇神社と生目八幡の二枚看板のようです。これはこの地域の神社を数多く見てくれば経験的に分かるのですが、生目は後ですので、阿蘇系が覆い被さる前、元々祀られていたのは、菅原神社、古刀比羅(金刀比羅)、八劔神社(スサノウ)なのだろうと思います(「熊本県神社誌」)。

 さて、敵国筑後に対して備えた大津山神社のアウト・ラインが把握できる準備ができましたので、まずは、生目八幡と阿蘇神社との関係から考えて見ましょう。

無題.png

まず、元はそうではなかったとしても、阿蘇系神社に、何故、宮崎市の生目八幡がある事が分からないと思われるかもしれませんが、実は関係があるのです。

百嶋由一郎神代系譜によれば、そもそも生目八幡(崇神の子垂仁)は、阿蘇高森の草部吉見と高木大神の次女のタクハタチジヒメとの間に生まれた氏族なのです。

この事が分かれば、阿蘇系と言ってもこの草部吉見系と健磐龍系との強固なスクラムが組まれている事が分かるのです。

それは、この地が肥後の最大の要衝であり、古来、ここさえ制圧しておけば容易には抜けない重要な拠点だったからなのです。

だからこそ、「平家物語」にも登場しているのです。

無題.png

「熊本県神社誌」113

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:07| Comment(0) | 日記