2018年03月09日

434 伊豆能売の神とは何か? A “二つ目の伊豆神社” イヅノメの神が少し分かってきました

434 伊豆能売の神とは何か? A “二つ目の伊豆神社” イヅノメの神が少し分かってきました

20170619

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

 次に向かったのは、木+八と書く朳(エブリ)地区の伊豆神社でした。

 エブリとは奇妙な地名ですが、中国の江南系の農具の名称とか言われています。

 農村部の皆さんならば見たことのあるものだと思いますが、要は水田の均し=均平(キンペイ)作業のためのもので、トラクターが主流となるまでは、こういった物を使って作業を行っていたものなのです。

無題.png

それはさておき、水巻町役場に近い頃末の伊豆神社からも1キロほどの山際(古くは岬の縁)といったところに鎮座する社です。

無題.png

ご覧の様に、脇には公民館が併設されており、一族的で私的な神社ではない事が分かります(とは言っても、古代この地区に住み着いた方達についてはある程度の見当が付いておりやはり同族なのです…後述)。

 さて、洞海湾と遠賀川は現在でも江川という浅い感潮河川によって繋がっている様に(神功皇后も通過し熊鰐が出迎えた…、また、豊臣秀吉大公殿下も江川を通過し魚釣池で戯れた…)古代にはかなり広い泊地を持ち、荒れる玄界灘を通らずとも、直接、遠賀川から中間、直方、田川、飯塚方面に移動できることから遠賀川河口でも取分け重要な場所であり、古代の要衝、最重要の港湾領域の一角であったことは明らかです。

 境内には石に刻まれた由緒書きがあり、この石場の伊豆神社からそう遠くない場所にある久我神社から移された事が書かれています。

 このことから、久我神社もかつては伊豆神社であった事もある程度想像できるのです。

 これについては「福岡県神社誌」をお読み頂きたいと思います。

 なお、百嶋由一郎最終神代系譜によれば、大国主命(宗像大社の本当の主祭神)には三女神の内のタギツ姫を除く市杵島姫と多紀理姫がお妃になっておられます(この辺りの事情が神殿内の「厳神社」(イヅと読むのかイツキと読むのか)との神額に影響しているかも知れません。勿論、混同かどうかは不明です)。

現地の聴き込みが出来ていないためこれ以上の浅酌は間違いのもとになりますので止めておきましょう。


えぶり小学校 カーナビ検索 福岡県遠賀郡水巻町えぶり2丁目31

無題.png
無題.png
無題.png

参拝殿の神額には厳神社とあります 当然 伊豆の置換え文字と考えますがこちらが原型かも


「厳」の意味は厳島神社の「厳」かも知れませんが、今後の課題です。宗像三女神の市杵島姫は、本来は厳(厳き奉るの意味)島姫であり、それよりも古くは島姫であったことはこれまでにも触れてきました。どうも豊玉(タゴリ)姫と市杵島姫の混同があるのかも知れません。いずれにせよ、垂れ幕の陽負いの烏と言い、同種の神社である事は間違いがないようです。

 次葉には「福岡県神社誌」上巻232pを置いています。伊豆神社の主祭神は豊玉彦=ヤタガラスの娘である(母神は高木大神の長女の豊秋ツ姫)豊玉姫と考えている事から、神社誌でも、朳(エブリ)地区の伊豆神社の祭神として多紀理比賣命(百嶋説では豊玉姫に対応するのです)が残されている事に感激しました。この女神こそ伊豆神社の本来の神様のはずなのです。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 21:00| Comment(0) | 日記