2017年12月09日

403 奥出雲の神々 11 中村聞語山の横田八幡宮

403 奥出雲の神々 11 中村聞語山の横田八幡宮

20170504

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 まずは奥出雲町でも最も重要な大社と思えるのがこの横田の八幡宮です。

 よそ者ながら、一般的には櫛稲田姫を祀る稲田神社になるのかも知れませんが、地域の経営拠点という意味ではこの神社になるのではないでしょうか。

無題.png
無題.png
無題.png

大谷神社 カーナビ検索仁多郡奥出雲町中村聞語山170番地

無題.png

祭神:應神天皇・仲哀天皇・神功皇后


参拝殿には確かに横田八幡宮と書かれ、神社庁の資料でも 主祭神 を應神天皇・仲哀天皇・神功皇后としています。

しかし、境内には多くの神々が犇めき合っています。

私見ながら、当方にはこれらの神々こそが本来の神々ではないかと思ってしまいます。

理由は色々とありますが、祭神とされる 應神天皇・仲哀天皇・神功皇后 よりも遥かに格上の神々が摂社に祀られているからです。

無題.png少なくとも、九州の宗廟(これは列島の宗廟を意味する)を宇佐に引き渡す749年(「高良玉垂宮神秘書」)以前までは、摂社の神々こそが主神として崇められていたように思えるのです。

そう思ったのは、左の摂社の最上部に三五の桐紋を見た時でした。

これは神功皇后の神紋であり(仲哀死後の夫であり仁徳の父神である第9代開化=高良玉垂命は五七桐)、本来、贈)応神(ホンダワケ)、仲哀と共に神殿になければならないはずなのです。

 では、境内の神々をご覧頂きましょう。

無題.png

父神 高良社(藤原により第9代とされた開化天皇=ワカヤマトネコヒコ) 子神 同じく第14代仁徳天皇(オオササギ…)

無題.png

一般的には大国主命とかスサノウとか諸説ありますが百嶋神社考古学では金刀比羅社を大山咋とします


 出雲では大山咋と言っても通用しないでしょうが、佐田神社の本当の祭神佐田大神(猿田彦では断じてありえない)で阿蘇草部吉見と宗像の市杵島姫の間に産れた日吉神社の主神と同一神としています。

無題.png
無題.png

牛氏社はスサノウで、宇治社は阿蘇の草部吉見神=春日様=武甕槌で良いでしょう

稲荷社は良いとして(当然伊勢外宮の豊受大神)、松童社(龍宮少童社か)は不明です


 境内の一角には社日大御神(五角柱の天照大神、倉稲魂命、埴安媛命、大己貴命、少彦名命)と小さなしかし立派な社があります。これについては見当が付きません。それに三宝荒神…。

大己貴祭祀に先行するものかも知れませんが、神社誌もなく今のところ確認できません。

無題.png

今回はたまたま宮司が出仕されていました。

 偶然、出くわし目が合ったことからご挨拶させて頂き、それから3040分間お話を聴かせて頂きました。

 御歳をお尋ねすると大正8年のお生まれだとか、99歳になられます。それにしても、30分は立ってお話しされた訳で、実にご立派と感服した次第です。お賽銭はたまたま50円しか入れていないので気が引けましたが木山宮司だそうです。思えば戦時中はこの神社からも多くの出征兵士を送り出されたのではないでしょうか?方言研究では雲伯方言という概念があり、この一帯にはズーズー弁が色濃く残っています。実例に遭遇する事は少ないのですが、木山宮司はその体現者でした。長くなるためここまででとめますが、高良社、仁徳社があることから、恐らく749年までは、九州王朝の高良神社だった可能性さえあると思いました…が、早とちりは禁物です。

 無題.png無題.png社殿を降りると、そこには立派な倉持のお屋敷がありました。この倉の家紋は丸に木瓜でした。

これも九州王朝の初期を支えた金山彦の神紋なのですが、今でも久留米の高良大社の裏紋として使用されています。

 本物の門光(開化の神紋)は未だに高良大社の奥深く隠され続けています。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 04:54| Comment(0) | 日記