太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年11月02日

391 第三次奥出雲調査に行かなければならない

391 第三次奥出雲調査に行かなければならない

20170429

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


スポット099 奥出雲の仁田調査に行かなければならない において島根県仁多郡の調査に触れました。

これまで雲南市には何度か入っていましたが、奥出雲町までは入っていませんでした。

ところが、物部氏でもその筆頭に掲げられる二田物部の避退、拡散、展開地が現奥出雲町だったのではないかと気づき、二泊三日、往復1100キロの第一次奥出雲町神社調査(4月の第4週)を行いました。

と言っても、島根県神社庁作成の奥出雲町神社一覧から、直接、五十猛(ニギハヤヒ)を祭神とする4社を拾い出し実踏するだけの事でしたが、戻ってくると、やはり全ての神社を見る必要があるとの思いがつのり、再び、三泊四日、往復1100キロの第二次奥出雲町神社調査(4月の第5週)を行ったのです。

まとまった地域とは言え、奥出雲町の全ての神社を実際に踏み、実見し収録してくる事はこれまでにも無い事であり、それだけでも面白い試みでした。

結果、35社ほどを踏み、全体像が掴めると、ある程度の纏まらないイメージが湧いては消え、消えては湧いてくる様になりました。

言うまでもなく百嶋神社考古学では現出雲を古代出雲とはしません。

あくまでも博多の櫛田神社の大幡主が列島に展開した多くのエリアが出雲だったのであり、現出雲はその一つだっただけの事なのです。

大国主命もこの大幡主の配下として活動していた大山祗の子であり入り婿だったのであり、宗像大社の本当の祭神も大国主命であり(だから宗像の神殿には男千木が立っている)、本来、大国主命も少彦名命も北部九州で活動していたのです。

それは、これまで述べてきたところです。


ひぼろぎ逍遥

177 大国主を出雲の神様と考えておられる方に対して僭越ながらも…

176 少彦名命とは何か?

115 宗像大社の本来の祭神とは何か?以下。


ひぼろぎ逍遥(跡宮)

067 少彦名命とは何か?

066 宗像大社の本来の祭神とは何か?

027 宗像大社は8世紀初頭まで三女神を祀っていなかった! “本当の祭神は大国主命”

021 宗像大社の祭神は三女神にあらず!!


今のところの認識は、通常出雲系と呼ばれる大幡主系氏族が、その理由は不明ですが、この奥出雲に移り住み、海岸部の出雲は近畿大和朝廷の占領支配を受け、テーマ・パーク化されたものと考えています。

 その結果、この奥出雲町には本物の大幡主(出雲)系の神々が凍結保存されているものと考えています。

無題.png

こうして行った35社の神社調査(全て初見)でしたが、実は一社だけ見落としていました。

無題.png

どうやら、写真はカメラ店に委託して確保できるのですが、やはり現地を実見する必要はある訳で、再び出雲を訪れる時に奥出雲に入る事になりそうです。


スポット099 奥出雲の仁田調査に行かなければならない

20170407

この間「先代旧事本紀」巻第三 天神本紀 筆頭二田物部の拠点を求めて調査を進めてきた事はお話ししていますが、既に、二田物部の故地には二田類似地名とニギハヤヒ祭祀とが共存している事実を認識している事から、これをメルクマールとして二田物部の移動を探っています。

現在のところ、最も南の@熊本県熊本市植木町田底二田に二田神社が…A福岡県八女市星野村仁田坂、仁田郷があり天照国照彦…祭祀が…B福岡県久留米市田主丸町石垣二田に二田月読神社(猿田彦祭祀あり)…C福岡県久留米市田主丸町中心部に三夜様=月読神社(猿田彦祭祀あり)が…D福岡県小竹町新多が…この地こそ二田物部の最大拠点だったと認識する研究者は多い E島根県太田市に全国最大の物部神社が存在している事は言うまでもなくF新潟県柏崎刈羽原発に近い西山町に二田があり物部神社が…さらにG秋田県潟上市天王字上江川に二田があり二田神社が存在している事まで確認してきました。

どうやら、日本海ルートで北に避退した二田物部が見えるのですが、島根県にはもう一つの避退地があった事に気付きました。

無題.png
それが島根県(出雲国)の仁多郡(ニタ)郡です。
無題.png

島根県神社庁/仁多郡奥出雲町 神社一覧を見ると

無題.png
無題.png

仁多郡には五十猛を祀る神社が四社確認できます。これまでにも何度か入っていますがこの四社は未見の神社であり、現地を踏めば、物部の移動について何らかの痕跡を確認できるのではないかと考えています。

勿論、五十猛とはニギハヤヒの別名であることは言うまでもありません。

以前にも一度触れましたが、分かりやすい例がありますので再度ご紹介しておきましょう。

山陰本線五十猛駅、静間(ここも建葉槌命と関係がありそうですが)、太田市…と駅が続きますが、物部氏の最大拠点の傍に五十猛駅があることは象徴的ですらあります。

無題.png
無題.png

いずれにせよ、神社調査は記憶が鮮明なうちに書かなければならないので、36社のリポートに取り掛からなければなりません。「島根県神社誌」を入手していない段階ですので不正確かも知れませんが始めます。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:40| Comment(0) | 日記

2017年11月04日

392 奥出雲の神々 01 大馬木の天満宮

392 奥出雲の神々 01 大馬木の天満宮

20170501

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


最終的に仁多郡奥出雲町の神社を全て見る必要があると思い、二度に亘り奥出雲町に入りました。

 二度のフィールド・ワークで356社の神社を実見しました。

 実際に参拝した順番も異なりますし、重要度も系統も各々異なるのですが、とりあえず分かり易くするために、島根県神社庁の神社一覧(仁多郡奥出雲町)の登載順に沿ってリポートする事にしました。

無題.png

大馬木の天満宮は奥出雲町でも広島県境に近い最奥部の神社で、大馬木、小馬木という親子地名が拾える辺境の地域です。

とは言っても意外と平坦で、奥出雲町全体がそうなのですが隠れ里といったおどろおどろした印象など微塵もない山上楽園といった風情を持っています。

無題.png

大馬木の中心部、大馬木小学校付近


ダメ押しで神社周辺の写真を見て頂きましょう。

無題.png

まず、馬木という地名ですが、一般的には官牧、藩牧といった兵馬養成の地域だったのではないかと考えてしまいます。

祭神から考えて、まさか、宇佐神宮の大元神社が鎮座する馬城峰(マキボン)の「マキ」ではないでしょうが、○○木(城…)といった表記の地名は馬を使う戦闘集団が入った地域に付される地名で、付近には「女良木」も拾えます。

無題.png

参拝殿には確かに天満宮と書かれていますが、神社庁の資料では天穂日命、真經津命となっています。

天穂日命は豊玉彦=豊国主=ヤタガラス(武夷鳥の父神)の事ですし、真經津命も恐らく経津主(フツヌシ)=山幸彦=猿田彦=ニギハヤヒのだと思われます。

従って菅原道真は掲載されていません。ただ、この武夷鳥の後裔が道真であることから、天満宮となっても一向におかしくはないのです。

逆に言えば、藤原氏が雷に恐れ“菅原の祟りじゃ”として、“道真を祀れ”としてできたのが天満宮であるかのように言われますが、そうではなくその底流には藤原にとって疎ましい先祖神を奉斎する氏族がいたのであり、それを消し去ったのが天満宮だった事が透けて見えるのです。

境内には別の祭祀も認められます。

大国主祭祀(下右)は土地柄の事受け入れられますが、分からないのは、猿田彦の石柱の如き石塔(下左)です。

無題.png

無題.png 一応、日之尾大神は社日大御神(五角柱の天照大神、倉稲魂命、埴安媛命、大己貴命、少彦名命)として理解しておきますが、正確に読めないためここでは保留しておきます。

 当初、伊賀武神社など直接五十猛神社など4社に絞り込んで仁多郡と「先代旧事本記」に言う筆頭の二田物部祭祀を確認しようとしていましたが、このようにじっくり調べれば、天満宮であっても経津主=五十猛を確認できる訳で、これだけでも奥出雲の全社実見には意味があった事が分かるのです。



無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 20:49| Comment(0) | 日記

2017年11月07日

393 奥出雲の神々 02 大谷の大谷神社

393 奥出雲の神々 02 大谷の大谷神社

20170501

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


大谷神社は大馬木から一つ峠を越えた集落です。

 この一帯には大馬木別れとか大谷別れとか万歳峠と言った民俗学的に興味深い地名もあり、それだけでもイメージが膨らんできます。

 特に全国にもかなりある万歳峠がここにもあり、集落から戦地に送り出す時の別れを告げる場所であり、残された者にとっては峠そのものが生死を分ける境になる場合もあったのです。

 二度のフィールド・ワークで356社の神社を実見しました。

 その万歳峠を下ると大谷集落があり、大谷公会堂(古いですね…思わず終戦直後を思い出してしまいます)の道を挟んだ小丘に鎮座しているのが大谷神社です。

無題.png

面白いのは大谷峠、万歳峠と「峠」を「タワ、ダワ」と呼んでいることです。

民族学や地名研究に関係した人はある程度知られたことですが、普通、峠とは最もい場所の様に考えられています。ただそれは進行方向に向かう人の目線に沿った考えであって、それに交差する当の峠は一番低い場所を通るのであって、実際には一番低い場所になるのです。

つまり、たわんだ低い場所が峠であり、その痕跡地名が「タワ、ダワ」となるのです。

ただ、万歳が何故「バンジョウ」と呼ばれているかは今のところ分かりません。

無題.png

大谷の中心部から万歳峠方面を望む

無題.png
無題.png

参拝殿の大谷神社の額は面白いデザインです(馬か龍か?)


参拝殿には確かに大谷神社と書かれていますが、神社庁の資料では主祭神 大己貴としています。

言うまでもないでしょうが、大国主命を祀っています。

境内を見渡した限り、それを物語るのは上、左の写真の亀甲紋章(大幡主の使用が先)しかありません。

無題.png

境内の一角には社日大御神(五角柱の天照大神、倉稲魂命、埴安媛命、大己貴命、少彦名命)と小さなしかし立派な社があります。これについては見当が付きません。

大己貴祭祀に先行するものかも知れませんが、神社誌もなく今のところ確認できません。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記