太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年10月04日

382 国東半島に展開した紀氏と神社 “杵築市大田の白鬚田原神社”

382 国東半島に展開した紀氏と神社 “杵築市大田の白鬚田原神社”

20170406

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久


 常陸の国ふしぎ探検隊からの依頼もあり大分県は国東半島の両子寺の撮影に向かう道すがら白鬚田原神社に訪れました。

 過去何度か踏んでいますが、太田という地名と本来の祭神の探査の思いが継続しています。

無題.png

どぶろく祭で著名な神社です。それだけで注目されている神社といった印象を持っています。

主祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵命とされていますが、これについては以前からと言うより、鼻から疑いを持ち続けています。

それは、白木、白髭、白髪…は物部の主力ニギハヤヒ=山幸彦を祀る神社でしか無い事を経験しているからであり、長崎県島原市、佐賀県北東部の基山町、福岡県の太宰府市、嘉麻市に掛けて分布する荒穂神社もニニギへの偽装、転換(祭神切り替え)を感じており、今回も同様だろうと考えられるからなのです。

明治期の神名帳を手に入れていないため未確認ですが、「古代史ウォーカー」氏は「祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににきのみこと)と猿田彦命(さるたひこのみこと)他51柱が祀られております。」白鬚田原神社は滋賀県の琵琶湖のほとりにある白鬚神社を勧誘したと言われております。滋賀の白鬚神社は祭神が猿田彦命で、顎に白い鬚をたくわえていた事から白鬚神社と言われると言うのが一般的ですが、色々調べるとそれは違うようでした。「白鬚」は「新羅」が転訛した言葉だと言われており、社名の語源は新羅であるそうです。さらに辞書を引くと、猿田彦命は新羅からやってきたと書かれております。つまり新羅渡来神なんですね。」と書いておられます。

 分かっておられる方はおられるもので、正に的確な分析力と言うべきでしょう。

特に「顎に白い鬚をたくわえていた事から白鬚神社と言われると言うのが一般的ですが、色々調べるとそれは違うようでした。」の部分も正確でその通りなのです。

今回書こうと思っていた事は「古代史ウォーカー」に書かれてしまいましたので、同氏が触れておられない部分を補足させて頂きます。

それは、「祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににきのみこと)と猿田彦命(さるたひこのみこと)他51柱が祀られております。」の部分です。

普通に考えれば2神他51柱となりますので全体では53神の様にも読めますが、祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににきのみこと)と…までで一旦切れば、猿田彦とはニギハヤヒであり山幸彦であり五十猛(イソタケル)ですので、他51柱とは五十猛しか祀っていないと読めない事はないのです。

 天津日高彦穂瓊瓊杵尊(アマツヒコホノニニギノミコト)と猿田彦命(天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊=ニギハヤヒの貶められた祭神名)と、後に強要されたニニギノミコトと猿田彦命を外したら残りは51柱であり、猿田彦と五十猛そのものと伝えられたようにも見えるのです。50柱ならまさに五十猛なのです。

無題.png

一方、神社に置かれた同社御由緒では、もっと明瞭で、ニニギ、猿田彦、アメノウヅメ他51柱と書いてあり、押付けられたニニギを外せば、アメノウズメと併せ51神であると主張している様に見えるのです。

 つまり、五十猛+天受売命(ニギハヤヒと伊勢外宮の豊受大神=伏見稲荷はご夫婦なのです)が51神の意味ではないかと思うのです。

 もう一つの考え方は、「先代旧事本紀」の物部25部族の夫婦神は50神のはずで、ここらへんに謎解きの鍵があるように思うのです。

無題.png

この白髭田原神社から上手に一〜二キロといった所に田原(永松)若宮八幡社があります。

 この若宮の意味ですが、当然にも九州王朝最後の天皇=仁徳(大鷦鷯(オオサザキ)命)の痕跡と見るべきで、伊美別宮社〜岩倉社〜岐部神社…と大まかに言えば、高良神社+若宮神社が境内社としてセットで祀られています。さらに上手の比枝神社にも猿田彦面が置かれている様にこの太田町全域が猿田彦=ニギハヤヒ=山幸彦のエリアだった事が見えるのです。

 無題.pngしかも、国東全域と言っても良いほど、宇佐神宮の傍であるにも関わらず石清水八幡宮系の八幡宮が祀られる傾向が認められるのです。それは、半島全域が紀氏=橘一族の領域である事と無関係ではないのです。

 紀氏の後裔とされる財前家の墓所が杵築市大田町の山奥にありますが、この紀氏との関係を考える事無く国東の神社調査はありえないのです。ここで国東と言う地名を考えて下さい。国東とは九州王朝の東の端の意味なのです。 そして、伊美も忌部=橘一族=ヤタガラス系の領域の意味であり、岐部も紀氏の部の意味であり、有名なケベス祭も岐部の衆または岐部の「し」の意味なのです。


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:16| Comment(0) | 日記