太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png読者の皆さんに…真実の神社研究へのご支援を…


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久




ひぼろぎ逍遥、ひぼろぎ逍遥の読者の皆様、また、グループのブログをお読みの皆様、暑い中、丹念無題.pngにお読み頂き有難いと思っています。


 古田武彦が亡くなり、また、百嶋由一郎氏が亡くなり数年が流れました。


 当初、貴重極まりない百嶋研究の一部でも残せないだろうかと考え、手書きデータや神代系譜文書のDVD化、音声データの保存、複製、宣伝という作業を続けて来ました。しかし、単にデータの保管、配布の体制を確立するだけでは継承ができないと考え、blogで百嶋研究の説明、現場実調を徐々に進め公開してきました。この結果、全国にも理解者が増え始め、神社研究ではなんとか特異な勢力を形成できる所まで漕ぎ着けました。


 既に、百嶋研究の一部でも接点を持った全国の二十五人を超えるブロガーが独自の側面から研究を進めておられますし、ブログは書かないまでも、神社調査を行い記録を残している方もおられます。


 勿論、統一性は取れてはいませんし、なかなか難解な内容だけに、解明できない問題についてはメンバーの若い世代に託すことになるでしょうが、なお不明なものは後世の研究者に期待する事に成るでしょう。


 百嶋先生と知り合いになったのは七年ほど前だったと思いますが、もしも後数年生きておられたならばもう少し古代、神代の謎を継承できたかも知れません。しかし、未熟な者だけで作業を行わざるを得なかった事から今尚皆さんにご迷惑をお掛けしているものと理解しております。


しかし、私達の能力を考えれば、むしろ上出来といったものかも知れません。


さて、メンバーの背骨を形成している中心的思想とは、当然にも九州王朝論です。


 百嶋先生も“私も九州王朝論が分かっていない人に神代史を教えても意味がないし、教えたくないですね…”と言われていた事が今でも耳に残っています(吾は百嶋由一郎の面受の弟子なり!)


さて、四月の近江〜但馬、五月の糸魚川〜諏訪〜山梨、六月の青森と15日間づつ三度に亘って長躯の神社調査を行いました。


ぶっ続けで調査すれば良さそうですが、落ち着いてリポートも書かなければならず、研究会のスケジュールもあってそういう訳にも行かず、各々3,0004500キロの往復の調査とならざるを得なかったのです。


今後も、三重、和歌山、岐阜、福井…と、よりきめ細かい調査に入るつもりですが、もはや資金が底を尽きつつあります。


元々、福島の原子力災害辺りから、これ以上行政機関に留まりたくないとの思いが募り、後先き考えずに58歳で早期退職した事から(当時上の娘は大学に在学中だったのですが)年金と言ってもギリギリ暮らせる程度の物で、なんとかここまで働かずに神社調査を行ってきましたが、既に限界点を越え始めたようです。事実、当会は研究を優先するためメンバーから会費を取る事なく僅かな参加費で運営しています。


人手不足の時代、まだ、働こうと思えば職はあるはずですが、拘束時間が長くなれば、研究を進める事ができないまま人生の終末期を迎える事にもなりかねず、できるだけ体力がある間に遠距離の調査に入りたいと思っています。このため、出来る事ならばこのまま神社研究に専念したいものと考えています。


基本的には年金生活で何とかやっていますので、月額であと二〜三万増やせれば、車の維持、車検、保険、介護保険料、研修所の維持、研究会の組織化、ネット規制に対応するためにもう一つ別の発信のためのサイトの準備……と増加する負担にも対応できるのではないかと考えています。


今後、研究内容を保全するためにも、外付けハード・ディスクをタイム・カプセル化して鍾乳洞に保管する(太陽フレアによる磁気データの消失への対策)とか、研修所の維持、後世に残すためにユーチューブ化してオンエアするなど新たな作業に入る必要も生じており、もし可能であれば、通説とは全く異なる百嶋神社考古学の保護と継承のためのご支援をお願いできないかと考えています。


無題.png



年間一口2000円以上の任意の百嶋神社考古学研究会の支援会員となって頂ければ、九州においでになった際に会員待遇として温泉付き研修所に一泊お泊めできます。九州での神社調査の拠点として活用下さい。


振込用の銀行預金講座、郵便貯金番号は以下の通りです。


 大分銀行 若宮支店 000093−7505802 フルカワ キヨヒサ


 ゆうちょ銀行 店番 778 預金種目 普通預金 口座番号 1165562 氏名上に同じ


また、もし差支えなければ、以下のメールにお名前と住所と電話番号を以下のメールに送信して頂き、カンパした旨の連絡を頂ければ、神代系譜のDVD(既にお持ちの場合はそれに代わる音声データなど)をお送りできるものと考えています。


 携帯のメール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp携帯 09062983254 (常時対応)


無題.png


無題.png



2017年10月01日

381 心惹かれる宇佐市院内の藤群神社

381 心惹かれる宇佐市院内の藤群神社

20170406

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久


一時間もかからずに行くことができる場所ながら、これまで数十メートル引っ込んでいる事から通り過ぎていた藤群神社を見せて頂きました。

鎮守の杜という言葉が的確な規模、雰囲気、清浄、静粛・・・といったものをそのまま持っているのが藤群神社です。

無題.png

宇佐市の安心院、院内が山に囲まれた比較的安全な場所です。

古代に於いても「まほろば」であり、ハート・ランドだった事は一目です。

それを物語るかのように、足一騰宮=一柱騰宮、三女神社、香下神社(北辰神社)が鎮座しています。

その一角と言うよりもはずれにこの藤群神社が鎮座しているのです。

無題.png

同社由緒


まず、23神と多くの神様が名を連ねておられますが、その上、明治以降に貴船神社、稲荷神社、八神社、稲荷社が合祀されているのです。


祭 神


蛭子命、菅原神、高龗神、闇龗神、罔象神、素盞鳴男命、大鷦鷯命、大己貴命、倉稲魂命、正哉吾勝日速日、天忍穂耳尊、隈野樟日命、天穂日命、市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命、天津日子根命、活津日子根命、大山祇命、闇罔象神、水分命、罔象女神、大田命                    23


縁起がそのままお読み頂けるかは分かりませんので、リライトを考えていたところ、良く参考にさせて頂いている「ぐんさん 物見遊山記」がありましたので、そちらをご覧に入れる事に致しました。

無題.png

蛭子命、菅原神、高龗神、闇龗神、罔象神、素盞鳴男命、大鷦鷯命、大己貴命、倉稲魂命、正哉吾勝日速日、天忍穂耳尊、隈野樟日命、天穂日命、市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命、天津日子根命、活津日子根命、大山祇命、闇罔象神、水分命、罔象女神、大田命
 <明治十九年>
 本村字竹の平より : 菅原神 
 字貴船より : 高龗神、闇龗神、罔象神
 <大正二年>
 大字斉藤字源五郎より     : 素盞鳴男命 
 大字斉藤字源五郎の境内より  : 蛭子命
 大字斉藤字余房より      : 正哉吾勝日速日、天忍穂耳尊、隈野樟日命、天穂日命、市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命、天津日子根命、活津日子根命、大山祇命、闇龗神、高龗神、闇罔象神
 大字斉藤字余房の境内より   : 水分神
 大字落狩倉字本宮より     : 高龗神、闇龗神、罔象女神
 大字落狩倉字本宮の境内より  : 倉穂魂命、大田命
 大字斉藤字出切より      : 大鷦鷯命
 大字斉藤字出切の境内より  : 高龗神、闇龗神、罔象女神、大己貴命、倉稲魂命
また、境内神社として以下の4社がある。

 貴船神社 : 祭神 高龗神、闇龗神、罔象女神  明治十八年七月 本村字貴船より移転
 稲荷神社 : 祭神 倉稲魂命、大田命  明治十九年六月 本村字イフクの上より移転
 八神社  : 祭神 正哉吾勝日速日、天忍穂耳尊、天穂日命、天津日子根命、活津日子根命、
 熊野樟日命、田心姫命、湍津毘賣命、市杵島比賣命  明治十九年六月 本村字宮ノ瀬より合併
 稲荷社  : 祭神 倉稲魂命、大田命  明治十九年六月 本村字逆水より合併

社地西側の境内入口に建つ石造鳥居。

無題.png

まず、建御名方神を祀る神社ならばともかくも、蛭子=惠美須神を直接祀る大社というのはあまり見かけません。

もちろん数は多いのですが小さな祠が多く、この事は事代主がそれほど高格式の神ではない事を物語っています。

しかし、「蛭兒宮」と書かれた古い額束が残されている様に古い時代から事代主=恵美須を祀る神社であった事は明らかです。

まず、そういった一般性から言えば蛭子命が筆頭神になっている事については違和感がある上に、もしかしたら、この藤群一帯には相当に古い時代から恵比須の直接的末裔の方が住み着いておられたのではないかとまで考えてしまいます。

まず、蛭子命=事代主とは何かから理解しなければなりません。

通説の方は大国主命の子である事代主命と建御名方命とを、大国主命から国譲りについて意見を求められ直ぐに同意した兄の事代主命に対して、最後まで抵抗し諏訪に閉じ込められた弟の建御名方命と言った理解をされているのですが、百嶋神社考古学ではそれを認めません。

この三柱の神は、共に博多の櫛田神社の大幡主の配下で活動していたのでした。

このため、大国主、事代主と尊称と言うか称号としての「主」が付されているのであり、天御中主、経津主=山幸彦、大物主…も同様にこの大幡主の一族である事を理解して下さい。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)

まず、大国主命はトルコ系匈奴と考える越智族の大山祗と白族であり、博多の櫛田神社の大幡主の妹である埴安姫との間に産れた言わば本家同志のハイブリッドのエリートなのですが、建南方は出雲系どころか阿蘇の草部吉見の子であり、事代主は同じく草部吉見の孫である贈)崇神の姉の活玉依姫への入婿が事代主(古々代ヘブライ系)であり、直接的には大国主命との関係は辿れないのです。

結局、草部吉見系の血を引くも、スサノウの子である長脛彦(ナガスネヒコ)の姉であるオキツヨソタラシの血を引いた建御名方が国譲徹底抗戦派となり、草部吉見の血を引く活玉依姫への入婿の事代主が国譲り賛成派になっている事が見えるのです。

もしかしたら、健御名方はスサノウ〜ナガスネヒコの血を引き、再度の逆賊扱いとなった事から「主」の称号を持たず、大幡主系統からも慎重に排除された様に見えるのです。

もしも、この大幡主の影響力が大きい事がはっきりわかれば、院内の「院」とは忌部の「忌」の置換えであり、瀛氏の「瀛」の置換えである可能性も考えておかなければならなくなるのです。

それは、国東半島の伊美も同様で、石清水八幡宮別宮社の伊美別宮社とは忌部、紀氏、橘一族を意味しているのではないかとも考えられるのです。

無題.png

百嶋由一郎神代系譜(伊予系譜)部分

明治以降の合祀はこの際取り上げないとしても、23柱の神がお分かり頂けるでしょうか?

蛭子命、菅原神、高龗神、闇龗神、罔象神、素盞鳴男命、大鷦鷯命、大己貴命、倉稲魂命、正哉吾勝日速日、天忍穂耳尊、隈野樟日命、天穂日命、市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命、天津日子根命、活津日子根命、大山祇命、闇罔象神、水分命、罔象女神、大田命


まず、正哉吾勝日速日と天忍穂耳尊は同一神であるため22神となります。

続く隈野樟日命は実はイザナギと別れた後のイザナミの別名であり(白族)、天穂日命は大幡主の子でありヤタガラスと呼ぶ方がお分かりになると思います。豊玉彦(白族)、市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命の宗像三女神となるのですが、勿論、三姉妹という訳でもありません。

無題.png

ただ、両神とも大国主命のお妃となられている事から、姻族として考えれば、結果として姉妹にと言えない事もないと言った具合です。夫を通じて姉妹と言えない事はない。悪く言えば妾は皆姉妹なのです。

ただ、「古事記」に従えばスサノウの娘であり、続く、天津日子根命、活津日子根命は誓約により産まれた天照の子となる訳です。

この多くの祭神から本来の神が何であるかは判別が付き難いのですが、何とか解析して見ましょう。

どうもエビスが下剋上をやっている印象があるのですが、事代主が筆頭に掲げられている事を尊重し、事代主を祀る神社とは認めましょう。

気になるのは大鷦鷯命が祀られている事です。

何度も言ってきた事ですが、仁徳天皇は九州王朝の最後の天皇であり、宇佐市の神社であるにもかかわらず応神天皇など片鱗もありません。どうも、本来の神様が残されているようです。

罔象神(?)、素盞鳴男命、大己貴命、倉稲魂命(伊勢外宮=伏見稲荷)、前述した神々を飛ばして、大山祇命、闇罔象神、水分命、罔象女神、大田命とここらが本当の祭神のような気がします。

ただ、罔象女神はスサノウのお妃として理解できますが、罔象神と闇罔象神は見当が付きません。

無題.png

祭神が多すぎて中々分析できません。しかし、ここで思い当たる事があります。

藤群という地名です。藤は藤原の藤である事は鮮明です。

正哉吾勝日速日=天忍穂耳尊の末裔が藤原ですからとりあえず納得してしまいます。

問題は「群」ですが、ムル、ムレ、ムロは古代朝鮮語という曖昧な概念ながら、村という言葉の語源であり、群れるという言葉でもあるのです。

大己貴命、大山祇命はトルコ系匈奴だと申し上げて来ました。そうなのです。「群」「室」「牟礼」はトルコ系匈奴が入った痕跡地名と考えていますので、密かに整合性を感じてほくそ笑んでいるのです。

そして、高良大社が鎮座する久留米の高良山も古くは高牟礼山と呼ばれていたのです。


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:03| Comment(0) | 日記

2017年10月04日

382 国東半島に展開した紀氏と神社 “杵築市大田の白鬚田原神社”

382 国東半島に展開した紀氏と神社 “杵築市大田の白鬚田原神社”

20170406

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久


 常陸の国ふしぎ探検隊からの依頼もあり大分県は国東半島の両子寺の撮影に向かう道すがら白鬚田原神社に訪れました。

 過去何度か踏んでいますが、太田という地名と本来の祭神の探査の思いが継続しています。

無題.png

どぶろく祭で著名な神社です。それだけで注目されている神社といった印象を持っています。

主祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵命とされていますが、これについては以前からと言うより、鼻から疑いを持ち続けています。

それは、白木、白髭、白髪…は物部の主力ニギハヤヒ=山幸彦を祀る神社でしか無い事を経験しているからであり、長崎県島原市、佐賀県北東部の基山町、福岡県の太宰府市、嘉麻市に掛けて分布する荒穂神社もニニギへの偽装、転換(祭神切り替え)を感じており、今回も同様だろうと考えられるからなのです。

明治期の神名帳を手に入れていないため未確認ですが、「古代史ウォーカー」氏は「祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににきのみこと)と猿田彦命(さるたひこのみこと)他51柱が祀られております。」白鬚田原神社は滋賀県の琵琶湖のほとりにある白鬚神社を勧誘したと言われております。滋賀の白鬚神社は祭神が猿田彦命で、顎に白い鬚をたくわえていた事から白鬚神社と言われると言うのが一般的ですが、色々調べるとそれは違うようでした。「白鬚」は「新羅」が転訛した言葉だと言われており、社名の語源は新羅であるそうです。さらに辞書を引くと、猿田彦命は新羅からやってきたと書かれております。つまり新羅渡来神なんですね。」と書いておられます。

 分かっておられる方はおられるもので、正に的確な分析力と言うべきでしょう。

特に「顎に白い鬚をたくわえていた事から白鬚神社と言われると言うのが一般的ですが、色々調べるとそれは違うようでした。」の部分も正確でその通りなのです。

今回書こうと思っていた事は「古代史ウォーカー」に書かれてしまいましたので、同氏が触れておられない部分を補足させて頂きます。

それは、「祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににきのみこと)と猿田彦命(さるたひこのみこと)他51柱が祀られております。」の部分です。

普通に考えれば2神他51柱となりますので全体では53神の様にも読めますが、祭神は天津日高彦穂瓊瓊杵尊(あまつひこひこほににきのみこと)と…までで一旦切れば、猿田彦とはニギハヤヒであり山幸彦であり五十猛(イソタケル)ですので、他51柱とは五十猛しか祀っていないと読めない事はないのです。

 天津日高彦穂瓊瓊杵尊(アマツヒコホノニニギノミコト)と猿田彦命(天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊=ニギハヤヒの貶められた祭神名)と、後に強要されたニニギノミコトと猿田彦命を外したら残りは51柱であり、猿田彦と五十猛そのものと伝えられたようにも見えるのです。50柱ならまさに五十猛なのです。

無題.png

一方、神社に置かれた同社御由緒では、もっと明瞭で、ニニギ、猿田彦、アメノウヅメ他51柱と書いてあり、押付けられたニニギを外せば、アメノウズメと併せ51神であると主張している様に見えるのです。

 つまり、五十猛+天受売命(ニギハヤヒと伊勢外宮の豊受大神=伏見稲荷はご夫婦なのです)が51神の意味ではないかと思うのです。

 もう一つの考え方は、「先代旧事本紀」の物部25部族の夫婦神は50神のはずで、ここらへんに謎解きの鍵があるように思うのです。

無題.png

この白髭田原神社から上手に一〜二キロといった所に田原(永松)若宮八幡社があります。

 この若宮の意味ですが、当然にも九州王朝最後の天皇=仁徳(大鷦鷯(オオサザキ)命)の痕跡と見るべきで、伊美別宮社〜岩倉社〜岐部神社…と大まかに言えば、高良神社+若宮神社が境内社としてセットで祀られています。さらに上手の比枝神社にも猿田彦面が置かれている様にこの太田町全域が猿田彦=ニギハヤヒ=山幸彦のエリアだった事が見えるのです。

 無題.pngしかも、国東全域と言っても良いほど、宇佐神宮の傍であるにも関わらず石清水八幡宮系の八幡宮が祀られる傾向が認められるのです。それは、半島全域が紀氏=橘一族の領域である事と無関係ではないのです。

 紀氏の後裔とされる財前家の墓所が杵築市大田町の山奥にありますが、この紀氏との関係を考える事無く国東の神社調査はありえないのです。ここで国東と言う地名を考えて下さい。国東とは九州王朝の東の端の意味なのです。 そして、伊美も忌部=橘一族=ヤタガラス系の領域の意味であり、岐部も紀氏の部の意味であり、有名なケベス祭も岐部の衆または岐部の「し」の意味なのです。


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:16| Comment(0) | 日記

2017年10月05日

383 国東半島の殷の鳥居(瀛の鳥居) “国東市国東町来浦の八坂神社”

383 国東半島の殷の鳥居(瀛の鳥居) “国東市国東町来浦の八坂神社”

20170407

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久


百嶋神社考古学の研究仲間である「常陸の国ふしぎ探検隊」からの依頼で国東半島の両子寺の撮影に来ている事は申し上げましたが、ついでに普通は入らない領域の神社を訪れこれまで十回は入っていますので、何とか主な神社を見たことになりそうです。

国東と言えば「六郷満山」と言われる天台系の名刹古刹が集中する寺参りの場所です。

その国東でただひたすら神社を廻り続ける人間もあまりないでしょう。

逆に言えば、だからこそ普通の人間が気付かない事に気付く事になるのです。

 国東半島の東部国東市来(クノ)浦に八坂神社があります。


o0598075914041943465.png
o0636018014041943515.png


参道を少し進むと直ぐに立葵の神紋が抜かれた石灯篭が目に入りました


参道を少し進むと直ぐに立葵の神紋が抜かれた石灯篭が目に入りました。このことから、この神社を立てた人々が博多の櫛田神社の大幡主の一族、豊玉彦=ヤタガラスの一族である事が分かりました。

従って、来浦の「来」も紀氏の置換えの可能性が高くなりました。始めは右離れ立葵か左離れ立葵かの判別が付きませんでしたが、山門の瓦を見ると右離れ立葵である事が分かりました。

o0649064314041943591.png

八坂神社ですから祭神は、一応、スサノウで良いでしょう。ただ特定には、なお、情報が不足です。

 それは、境内に残された古い神額の存在からも裏付けられます(つまり、明治期に追加されたようなものではない)。

 また、参拝殿の手前には天満宮の鳥居が置かれ奥にも天満宮としての神殿がありました。

 神社神明帳が無い事から、その写しが手に入るまで今のところ祭神の特定はできません(大分県には「大分県神社誌」なるものがありません)。


o0583078714041943701.png
o0286021514041943743.png

亀蛇(ギダ)の水盤は珍しいですが、妙見宮=天御中主命を祀っているのでしょうか


 境内を見て回っていると、神殿に向かって右手に驚くべきものを発見しました。殷の鳥居です。

無題.png

佐賀県嬉野市の八天神社、福岡県吉富町の古表神社(実は中国の胡表)などに認められる殷の鳥居


 この鳥居があることは単にスサノウを祀る神社という評価は単純過ぎており、イスラエル系金山彦の後裔氏族がいたとしか考えようがありません。

無題.png

これについては、ひぼろぎ逍遥 363 八幡古表神社(吉富町)の殷の鳥居 他をお読みください。

 再度、大分神代史研究会のメンバーと調査に入りたいと考えています。

犬も歩けば棒に当たるではないですが、どうやら凄い鳥居に当たったようです。

 国東には中国の要、表の胡人が入っているのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 03:55| Comment(0) | 日記