太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年04月10日

323 玖珂の斎宮神社の倭姫命 

323 玖珂の斎宮神社の倭姫命 

ひぼろぎ逍遥、ひぼろぎ逍遥(跡宮)共通掲載

20161005

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

南阿波〜東土佐の神社調査の帰路、国道2号線で広島〜岩国〜周南へと移動していると、右手に気になる神社があり訪問させて頂きました。

無題.png

鳥居には神額がなく、所謂、顔の見えない神社かと思いましたが、何と驚くことに斎宮神社それも倭姫命を主神として祀る神社だったのです。

まず、斎宮ですが、ウィキペディア氏(20161005 18:20は、「斎宮(さいぐう/さいくう/いつきのみや/いわいのみや)は古代から南北朝時代にかけて、伊勢神宮に奉仕した斎王の御所(現在の斎宮跡)であるが、平安時代以降は賀茂神社の斎王(斎院)と区別するため、斎王のことも指した。後者は伊勢斎王や伊勢斎宮とも称する」「『日本書紀』崇神天皇紀によれば、崇神天皇が皇女豊鍬入姫命に命じて宮中に祭られていた天照大神を大和国の笠縫邑に祭らせたとあり、これが斎王(斎宮)の始まりとされる。そして次の垂仁天皇の時代、豊鍬入姫の姪にあたる皇女倭姫命が各地を巡行し伊勢国に辿りつき、そこに天照大神を祭った。この時のことを『日本書紀』垂仁天皇紀は「斎宮(いはいのみや)を五十鈴の川上に興(た)つ。是を磯宮(いそのみや)と謂ふ」と記し、これが斎王の忌み籠る宮、即ち後の斎宮御所の原型であったと推測される。また垂仁天皇紀は「天皇、倭姫命を以って御杖(みつえ)として、天照大神に貢奉(たてまつ)りたまふ」とも述べ、以後斎王は天皇の代替わり毎に置かれて天照大神の「御杖代(みつえしろ、神の意を受ける依代)」として伊勢神宮に奉仕したといい(ただし史料上は必ず置かれたかどうかは不明で、任期などもそれほど明確ではない)、用明天皇朝を契機に一時途絶えたが、天武天皇の時代に正式に制度として確立し(『扶桑略記』は天武天皇が壬申の乱の戦勝祈願の礼として伊勢神宮に自らの皇女大来皇女を捧げたのが初代とする)、以後は天皇の代替わり毎に必ず新しい斎王が選ばれ、南北朝時代まで続く制度となった」


と書いておられます

無題.png
無題.png

同社由緒

この神社に驚いた理由は、以下の通りです。

@  伊勢神宮(天照大御神)の鎮座地を求めてさまよい歩いたとされる倭姫命を祀る神社は、唯一、佐賀県の嬉野市(旧塩田町)の味島神社だけ(伊勢神宮内の一社は近世のものである)であると理解していたのです。

A  また、この九州王朝の重要な領域であり古代官道とも重なる2号線沿いの玖珂の同地に鎮座していた事にも驚いています。

無題.png

味島神社(嬉野市塩田町谷所)


鳥坂の鳥附城があった山の南の山麓に倭姫命を祭神とする味島神社があります。神社の由緒等詳かではないのですが、大正五年毛利代三郎編「塩田郷土誌」によれば「仁明天皇承和年間(八三四〜八四八)新に神領を下し社殿を建立した」                           (旧塩田町史)

同社の由緒は非常に興味深いのですが、とりあえず創立が大同年間(九世紀初頭)とされており、味島神社の創立より古いため考えさせられます。

 ここでは結論を急がず、倭姫命を祀る神社が存在している事を確認するに留めます。

無題.png

境内より2号線方向を望む

倭姫命に関しては、ひぼろぎ逍遥 012 日本で一つ、主神として倭姫命を祀る神社 で触れていますのでお読み下さい。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 14:00| Comment(0) | 日記

322 阿波の忌部の朝立彦神社初見 “境内摂社の若宮神社とは何か?”

322 阿波の忌部の朝立彦神社初見 “境内摂社の若宮神社とは何か?” 

20161001

 太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

西日本全域から日本海沿岸部の神社調査を少しずつ進めていますが、唯一、未踏の領域が南阿波から東土佐でした。

 紀州〜伊勢〜滋賀に入りたいのですが、それまでに未踏のエリアを消しておきたかった事から、長雨が上がらぬにも関わらず児島〜坂出ルートで香川に入り、一路、徳島市に向かいました。

 勿論、途中にも幾つかの神社を見ているのですが、重要度の高い順に書いて行く事から順番は無視していますし、触れない神社も数多くあります。

 ただ、書いていない神社が意味がないかと言えば、決してそうではなく、それらの蓄積から見えてくるものもあるのです。

 今回取り上げる神社は、阿波、徳島県でもほとんど知られていないでしょう。

 標高400メートル近い急傾斜の崖にへばり付いた様な小集落で守られる小さな神社であり、現在でも車も入らぬような尾根筋に置かれた山上の神社ですが、愕くことに延喜式内小社とされているのです。

無題.png

朝立彦神社 カーナビ検索 徳島県徳島市飯谷町小竹101

 朝立彦とはどなたでしょうか?言うまでもなく阿波は忌部の国です。考えなくても分かりそうですが、豊玉彦=ヤタガラスを祀る神社なのです。

確認のためネット検索を行うと、「阿波志」には、「和多津見豊玉彦命を祭る」ウィキペディア20161008 1910と出て来ました。

 ヤタガラスが大幡主の子であり、和多津見=海神と認識されていた事も同時に分かります。

無題.png
無題.png

と、これだけなら山上集落に豊玉彦を発見しただけでおしまいになりそうですが、そうではありません。

 境内には一つの摂社が置かれていたのです。

 若宮神社です。

 これは高良玉垂命(第9代開化天皇)と神功皇后との間に産れた仁徳天皇= 斯礼賀志命(シレカシノミコト)だろうと考えられますが、ヤタガラスも大幡主の嫡子として若宮とされる場合もあることから、他に証拠もなく断言はできないのですが、この神社がヤタガラスを祀る神社である以上、高良の若宮で良いのではないかと考えています。

無題.png
無題.png

離合もままならぬ山上集落を縫う隘路を何キロも走りようやく辿り着けるのです。

 気になったのは、この集落が小竹とされている事です。

 筑豊の小竹町は二田物部の起点であり中心地と考えていますが、もしかしたらこの集落を作った人々とは四散した物部氏の一部だったのではないかと思うのです。


「小竹町は二田物部の起点であり」としましたが、最近になって、久留米市田主丸町石垣に二田があり二田月読神社がある事をメンバーの宮原誠一氏が明らかにされ、更に南の八女市星野村一帯が二田(仁田)と呼ばれていた事が分かり、更に南を求めているところです。

熊本市植木町にも二田があるのですが…。
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:00| Comment(0) | 日記