太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年02月19日

296 大宮神社と猿田彦大神 O “猿田彦は何故猿田彦と呼ばれたのか?”

296 大宮神社と猿田彦大神 O “猿田彦は何故猿田彦と呼ばれたのか?”

20160822

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


再掲 「ひぼろぎ逍遥」065 四公(シコウ)神社とは何か?


福岡県豊前市に四公神社と呼ばれる、見慣れない聞き慣れない小社があります。

この存在については、六年前に百嶋先生からお聴きしていましたが、非常に分かり難い場所にあることから何回行ってもいつも見つけることができず、従って実感も湧かないことからそれっきりにしていたものです。

ようやく三年ほど前でしたが、豊前火力周辺の貴船神社を調べている時に偶然発見し、先生が言われていたのはこの神社の事だったのだと気づきました。

当時は重要さも全く理解できなかったことから、気付いた時には既に数年が経過してしまっていました。

まず、一般的には見つけることも殆どできない場所にあります。

もちろん他地域に類型はありませんし、現地に行っても何の縁起も解説もない。このため付近で聴いても誰も知らないといった類のもので、気付かなければ今でも分からないままのものだったことでしょう。

無題.png

上の二社は豊前火力の正面、八屋地区の狭い路地を抜けたところにある四公神社です(八屋字汐入、八谷字浦町)。

この場所も覚えておくことは非常に難しく、カーナビでポイントを押さえておかなければ、おいそれとは再訪できません。

事実、この場所を探して走り廻っている内に大冨神社に近い山田地区四郎丸に新たに別の四公神社を発見しました。それが、下の神社です。

無題.png

今回、三〜四つの四公神社が確認できましたが、問題はその意味であり、誰が誰を祀ったのかです。

一応、インター・ネットで検索すると、豊前市による「神社一覧」があり、猿田彦、猿田彦+恵比寿神とされています。

実は、この「猿田彦説」も、百嶋先生が「まだ、豊前には四公神社が残されていますか?」と問い合わせされた際に、教育委員会側から逆に「誰が祀られているのかお教え願いたい」と言われ、「恐らく猿田彦=山幸彦が祀られているのではないかと考えている…」と答えられた事からのもののようなのです。

これについて百嶋先生の話を思い出すと、「猿田彦という意味自体に赤米研究田という意味がある…」「米の生産を進めその取り分を四公六民に定めたことから四公の意味が生じているのではないか…」「アマテラスオオミカミの依頼によってお米の古代米、赤米の研究をなさって、お子様のウガヤフキアエズまで継承されており…」と言われていました。

まず、赤米です。民俗学では知られた話ですが、種子島の宝満神社のお田植え祭という神事に猿田彦が登場します。

その外にも、鹿児島県の川辺町(現南九州市)の飯倉神社(「高良酒造」の高良家が宮司)のお田植え祭に猿田彦が登場するのを内倉武久氏と一緒に見たことがあります。

このように、かつて(数十年前まで)は高良大社でも行われていたお田植祭が南九州にもかなりの広がりを見せていたようなのです。そして、その多くに猿田彦の陰が認められるのです。

ここで、始めに俗な結論を申し上げておけば、そもそも猿田のサルとは、シャーリータのシャリであり、銀シャリのシャリなのです。

無題.png

種子島の宝満神社では宝満御神楽猿田彦舞が舞われます。


銀シャリは仏舎利塔のシャリ、シャリコウベのシャリとの説が横行しているようですが、サンスクリット語では、ご飯を「シャ−リ」とも呼ぶそうですので、全く見当違いでもないようです。

今のところ、非常に大雑把ながら、大和朝廷に先行する九州王朝において、猿田彦=山幸彦は、ヤゴローどんとして南九州への水田稲作の導入に働き掛けた痕跡として、各地のお田植神事に猿田彦が登場しているのではないかと考えているところです。


下野敏見 著 「南九州の伝統文化」(ネット上にPDFファイルがあり全文を読めます)

無題.png

なお、蛇足になりますが、本州では、佐田大神(大山咋神、日吉神社、松尾神社…)を猿田彦だとする向きがありますが、佐田大神(出雲の佐田神社…)は猿田彦では全くないので申し添えます。

 これについては、現在、当の出雲の佐田神社も神社庁の圧力に屈して猿田彦を受け入れていますが、ネット検索を詳しく行えば、それが祭神の入れ替えでしかないことがお分かりになるでしょう。


ネット上に「ひぼろぎ逍遥」051 出雲の佐田神社と安心院の佐田神社 としても公開しています

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 10:55| Comment(0) | 日記