太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年01月09日

283 大宮神社と猿田彦大神 B “大宮神社の地主神が大宮神社の主祭神か?”

283 大宮神社と猿田彦大神 B “大宮神社の地主神が大宮神社の主祭神か?” 

20160721

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 はじめに、次の写真をご覧ください。「大宮大明神」と書かれた神額です。

 明治期の廃仏毀釈の中で廃棄された神額が残されているのです(明神は神仏混淆)。

無題.png

決定的な意味があるかどうかは不明ですが、神殿の真横に地主神が置かれ、あたかもこれこそが本当の祭神であるかのように、その延長上に大明神の旧神額が置かれているのです。

 「神社誌」を見ると、「…大宮大明神と称した。延久四年菊池則隆が阿蘇大明神を合祀し…」「明治四年旧称大宮明神(ママ)を山鹿神宮と改称し、」とあり、阿蘇系は11世紀(平安末期)に菊池氏のイニシアティブのもとに加えられています。

 問題は景行天皇ですが、景行が大宮大明神とは思えないため、もしかしたら、廃仏毀釈前後の縣社昇格に絡み通りが良い「景行」が挿入された可能性さえも考えておく必要があるかも知れません。

無題.png

地主神社は「土の神」(埴安命)「火の神」とされていますね… 火之迦具土神命では …

無題.png

「神社誌」では、地主神とは「埴安命外二神」と書かれています。

お分かりでしょうか?残りのお二人は隠されているようなのです。

しかし、今ならば、このお二人が誰であるかのある程度の見当が着きます。それはこの神社だけを考えていては分かりません。

一応、結論を先に申しあげておきます。勿論、埴安命の関係者であることは当然です。

お二人とは恐らく埴安命(埴安彦=土の神)の妹の関係者であり、その夫の金山彦(火の神)と金山彦と埴安姫の間に産まれた櫛稲田姫のはず(金山彦と埴安姫の可能性もあり)なのです。

恐らく、百嶋由一郎氏とも菊池至誠会を通じて濃厚な関係も持っておられた上米良純臣氏(神社誌の著者、編者)は、この点十分にご存じだったと思います。ただ、立場上、表に出せなかったのです。

それはスサノウのお妃となった櫛稲田姫の御素性が明らかになってしまい、「古事記」や「出雲神話」がでっち上げであることが明らかになってしまうからなのです。

これだけでそんな事が言えるのかと思われるでしょうが、ひぼろぎ逍遥(跡宮)191 櫛稲田姫(クシナダヒメ)は熊本県山鹿市で産まれた! をお読み下さい。

百嶋先生はヒントしか残してくれませんでした。

事実、昨年までは当方も全く分からなかったのです。

もしも、百嶋先生から「神社にご迷惑が掛かるため公にはできないがあなたにだけは教えておく…」と言われていたら発表できていなかったと思います。

しかし、名もない一民間人に過ぎない者が発表しても「素人の戯言」で済むため、今では百嶋先生のご配慮に感謝しています(よくぞ教えて頂かなかった…と)。

まず、境内摂社として手足の神様が祀られていた事を思い出して下さい。櫛稲田姫の御両親ですね。


アシナヅチ テナヅチ

無題.png二神はオオヤマツミの子で、出雲国の肥の川の上流に住んでいた。8人の娘(八稚女)がいたが、毎年ヤマタノオロチがやって来て娘を食べてしまい、スサノオが二神の元にやって来た時には、最後に残った末娘のクシナダヒメを食いにオロチがやって来る前だった。二神はスサノオがオロチを退治する代わりにクシナダヒメを妻として差し上げることを了承し、オロチ退治の準備を行った。このとき、スサノオによって娘のクシナダヒメは櫛に変えられた。

スサノオが無事オロチを退治し須賀の地に宮殿を建てると、スサノオはアシナヅチを呼び、宮の首長に任じて稲田宮主須賀之八耳神(いなだのみやぬしすがのやつみみのかみ)(『日本書紀』では稲田宮主神)の名を与えた。                   ウィキペディア(20160722 13:00による


「二神はオオヤマツミの子で、」は頂けませんが(オオヤマツミの子ではないのです)、「出雲国の肥の川の上流に住んでいた」は、あまりに符合し驚きますが、実に、山鹿は肥の国で、肥の川とは恐らく菊池川の 事なのです。そうです、スサノウは堂々たる八坂神社が拙社として置かれている事を思い出して下さい。当然にも、山鹿にも祇園祭があります。

元々、山鹿は博多同様の祇園祭の町なのです。


犬子ひょうたん祭(いんごひょうたんまつり)は、熊本県山鹿市、山鹿温泉にある八坂神社(大宮神社境内)で行われる祭りであり、毎年615日に行われている。正式名は「祇園祭」。米の粉で作られた授与品の「犬子ひょうたん」は無病息災に効験ありとされ、これを求めて多くの参詣者が訪れる。また山鹿では古来よりこの祭礼の日を「初かたびら」と言い、この日から浴衣を着始める習慣がある。

祭礼の名は、疫病退散に効験のあった子犬(神の使いとされる)の伝承に由来する。この伝承は、京都の祇園社(八坂神社)の神霊を山鹿の阿蘇品家に勧請した際にそばについてきた子犬をかたどってつくったという説と、同家で祀っていた祇園社を大宮神社へ勧請した時、神輿の後に子犬がついてきて離れず、神社についたらいつの間にか姿が消えていたのに因んでつくるようになったという説とがある。      ウィキペディア(20160722 13:00によ


一般的には、埴安彦神 埴安姫神とは、波迩夜須毘子神 波迩夜須毘売神 埴山姫神 埴安神 伊邪那美命の子神格とされ、土の神、田畑の土壌の神、陶器の神神社:榛名神社や愛宕神社が有名です。

 埴安神とは、伊邪那美命が火の神迦具土神を産んだときに、火傷で苦しみながら糞をした、その糞から生まれた神である。「埴」とは赤土の粘土を意味し、祭祀に用いる特別な器、たとえば酒、水、御饌(ミケツ=穀物)を盛る土器の甕の製作を司る神さまと言われています。

 埴安命の妹である埴安姫と火の神様=カグツチ=金山彦 or 金山彦と櫛稲田姫(クシナダヒメ)こそが外二神のご正体ということになるのです。

 ここで、百嶋由一郎氏が死を前にして残された最終神代系譜の一部分をご覧ください。

 瀛氏の金山彦と白族の埴安姫(埴安命=大幡主の妹)の間に櫛稲田姫(スサノウのお妃)が、金山彦と大山祗命の妹である越智姫の間に産まれた吾平都姫(アイラツヒメ)=本物の神武天皇のお妃もこの山鹿の近くでお生まれになっており、当時、この埴安姫が住んでおられた辺りに神話の世界の二大スーパー・スターのお二人が一緒におられた可能性さえもがあるのです。

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 07:06| Comment(0) | 日記