太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年10月27日

250 神阿多津比売命を確かめましょう “湯原温泉の社の佐波良、刑部神社”

250  神阿多津比売命を確かめましょう “湯原温泉の社の佐波良、刑部神社”

20160504


久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


ひぼろぎ逍遥 341 真庭、湯原から蒜山高原へ中国山地の奥深く G “湯原温泉の社の佐波良、刑部神社”において、HP「玄松子」氏は 形部神を(神阿多津比売命)とされており、それが正しければ、確かに神阿多津比売命とは木花咲耶姫であるはずで、大山祇命の娘となり、横見神社との関係が考えられそうです。

 と書きました。ただ、百嶋由一郎氏はこの背後にかなり複雑な背後関係があることを解明されていたようで少しコメントを加えさせて頂きます。

確かに「神阿多津比売命」は木花咲耶姫で良いでしょう。

以下、話を分かり易くしたいので箇条書きにします。


@  コノハナノサクヤヒメは確かに大山祇命と埴安姫(大幡主の妹)との間に産まれた大国主の妹でもあるスーパースターの女神様であり神阿多津比売命とも呼ばれています。


 一方、イワナガヒメは、美人のコノハナノサクヤヒメに対してニニギから返された姉として知られています。


A  イワナガヒメは、埴安姫の兄である大幡主とイザナギと別れた後のイザナミとの間に産まれており、   

ヤタガラス(豊玉彦)の妹でもあり、アカルヒメとしても知られた女神様なのです。

アカルヒメは新羅の王子様であるスサノウが半島から追っかけてきたほどの女性ですから、ニニギから返された女性という話はイザナギ側(勿論8世紀初頭のイザナギ系勢力)から持ち込まれた貶められた話と考えて良いでしょう。


イワナガヒメは福岡にお住いの方には糸島市の細石神社の祭神(実際にはコノハナノサクヤも祀られているようですが)として知られています。

また、糸島市志摩船越桜谷の桜谷神社には古計牟須姫(コケムスヒメ)が祀られていますが、この女神様がニニギとコノハナノサクヤヒメとの間に産まれた方のようです。

問題はコノハナノサクヤヒメとイワナガヒメとが姉妹であるとされていることです。

ここには、北部九州最大の実力者であった大幡主が関与しているようで、大幡主の妹である埴安姫を介して考えれば義兄弟のような関係にあったと考えられないこともないのです。

コノハナノサクヤヒメは確かに大山祇命と埴安姫(大幡主の妹)との間に産まれた大国主の妹であり、阿多を一つの拠点にしていた大山祇命を想定すれば、神阿多津比売命は神産巣日神の「神」を冠した阿多の姫として相応しいでしょう。

ここらあたりは神代史の最大の謎の部分で、ここには、イザナミ イザナギ神話のイザナミと別れた後(神話では黄泉の国に…)のイザナミは博多の櫛田神社の主神である大幡主のお妃となっているという複雑な事情を百嶋先生は解明されているのです。


石長姫(イワナガヒメ)は、日本神話に登場する女神。『古事記』では石長比売、『日本書紀』・『先代旧事本紀』では磐長姫と表記する

ウィキペディア(20160505 16:30


 コノハナノサクヤヒメはニニギと別れた後に前玉姫と名を変え、ヤタガラス(豊玉彦)と一緒に鹿児島県溝部町の前玉神社に移動し、富士浅間神社、埼玉県行田市の埼玉古墳群正面の前玉神社に祀られ、埼玉県の県名の元ともなっています。

 これらについては、


ひぼろぎ逍遥  67             霧島市溝部町の前玉(サキタマ)神社にコノハナノサクヤヒメを探る

ひぼろぎ逍遥(跡宮)23    コノハナノサクヤヒメを祀る霧島市溝部町の前玉(サキタマ)神社再訪 

をお読みください。


なお、研究のために百嶋由一郎最終神代系譜(外)を希望される方は、09062983254(古川)までご連絡下さい(常時対応)。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 20:58| Comment(2) | 日記