太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年09月14日

235 飯塚市の二つの許斐神社は誰を祀るのか?

235 飯塚市の二つの許斐神社は誰を祀るのか?

20160407

 久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

飯塚市に二つの許斐神社があります。いずれも「このみや」と呼ばれています。

飯塚市幸袋506-1(国道200号線許斐神社前交差点正面)

飯塚市赤坂430 (後藤寺線筑前庄内駅から北400m

無題.png

実は、宗像市大字王丸許斐636 伊弉冉命、豐玉姫命、田心姫命、湍津姫命、市杵嶋姫命、瓊瓊杵命を祀る第三の許斐神社もありますが、筑豊を優先し、同社については別のブログに廻します。

祭神

許斐神社 (幸袋)天太玉尊、天児屋根命、鈿女命

(境内摂社)

貴船神社(高龗神 闇龗神)須賀神社(須佐之男神)志賀神社(綿津見神)

天滿神社(菅原神)蛭子社(事代主神)那智社(事解之雄神)

福岡県神社誌 上巻

祭神

許斐神社 (赤坂)素盞嗚命、大己貴命、稻田姫命、大屋津姫命、五十猛命、抓津姫命

同じ名の神社、二社、三社の祭神にこれほどのバラつきが認められる例は無い訳ではありませんが、非常に珍しいケースと言えるでしょう。

 特に、川を挟んだ幸袋と赤坂の両岸の許斐の宮のそれに全くの対応が認められない事には空恐ろしさをさえ感じてしまいます。

 この背景には、まずは、筑豊をめぐる筑前、豊前…の抗争、政争が古代においても激烈であった事が想像できそうです。

 ここまで、見たうえで、この二社、三社が何故「許斐神社」(コノミヤ)と呼ばれているかを共に考えて見ようではありませんか?

 共通項は許斐神社」(コノミヤ)という社名でしかありません。

 このように混乱が認められる時は基本に戻って視野を拡げて手掛かりを探るしか手はありません。

では、「コノミヤ」とは何でしょうか?その話は後に譲るとして許斐神社」とは何でしょうか?

この際、表音表記と考えられますので、各々の漢字の意味は無視します。関心がお有りの方は、「コトバンク」でもご覧ください。私には、許(キョ)斐(ヒ)は気比神社と同一に見えます。

無題.png

氣比神宮 福井県敦賀市曙町11-68

氣比神宮(けひじんぐう、気比神宮)は、福井県敦賀市曙町にある神社式内社名神大社)、越前国一宮旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

ウィキペディア(20160407 18:30

無題.png

出石神社氣比神社)兵庫県豊岡市気比字宮代286

祭神 五十狹沙別命 配祀 神功皇后

「玄松子」による

出石神社氣比神社)兵庫県豊岡市出石町宮内99

祭神 出石八前大神、天日槍命

「神奈備」による

気比神社 石川県七尾市東浜町ホ1

祭神 帯中津日子命 誉田別命 去来紗別神 天神神

「石川県神社庁」

気比神社青森県上北郡おいらせ町上久保51-1

祭神  足仲彦尊

「省略」

気比神社紀の川市猪垣191番地

祭神 八幡宮 気鎮社

「和歌山県神社庁」

気比神社山形県鶴岡市菅野代字宮ノ下4

祭神 保食神、仲哀天皇、神功皇后

「山形県神社庁」

まだまだあります。


気比神社氣比神社(けひじんじゃ/きひじんじゃ)は、「気比(氣比)」を社名とする神社

東北

氣比神社(青森県上北郡おいらせ町)

気比神社(山形県鶴岡市三瀬)

気比神社(山形県鶴岡市菅野代)

中部

氣比神社(富山県高岡市醍醐)

気比神社(石川県七尾市東浜町)

気比神社(福井県福井市三尾野町)

気比神社(福井県福井市新開町)

気比神社(福井県福井市蒲生町)

気比神社(福井県福井市三留町)

気比神社(福井県丹生郡越前町宿)

気比神社(福井県丹生郡越前町気比庄)

気比神社  越前国敦賀郡式内社名神大社)、越前国一宮氣比神宮

気比神社(福井県敦賀市刀根)

氣比神社(福井県大飯郡高浜町音海)

氣比神社(福井県大飯郡高浜町神野浦)

氣比神社(福井県大飯郡高浜町日引)

近畿

氣比神社(京都府舞鶴市岡田由里)

気比神社(兵庫県豊岡市気比) - 但馬国城崎郡式内社

ウィキペディア(20160407 18:30

結果的には返って拡散し、気比神社が何であるかは分かり難くなったかも知れません。

  これらの神社全てを見て回り共通項を探り、帰納演繹的結論を出すことは可能かもしれませんが、現実的には不可能で、敦賀、出石の気比を見た範囲で結論を出 せば、アメノヒボコ(後のスサノウ)が、アカルヒメを追って列島に入って来たのが気比の宮の本質ではないかと考えています。

 これについては、ひぼろぎ逍遥、同(跡宮)共通掲載の 北北東に進路を取れ! 敦賀市の気比神宮 1/22/2 をお読みください。

 本来、スサノウを祀る神社が気比の本質と考えますが、今のところ、崇神、ニギハヤヒと祭神が変えられているものと考えています。

 いずれにせよ、コノミヤの「コ」とは胡人の「胡」であり、狭義のソグド人、後にはペルシャ系の人々の総称として胡人が使われた事から、その系統の人々の宮と考えるべきなのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 15:50| Comment(0) | 日記