太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年09月10日

234 熊本県山鹿市の大宮神社とは何か? (再考)

234 熊本県山鹿市の大宮神社とは何か? (再考)

20160407

 久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

以前、ひぼろぎ逍遥(跡宮)熊本県山鹿市の大宮神社とは何か? を書いています。

今回はその続編と思って読んで下さい。以下、一部を再掲。

この神社も「突然始った肥後での神社トレッキング」で巡った神社です。

当初、この神社を対象にしてはいなかったのですが、志々岐阿蘇神社において参加者の中から「猿田彦の石塔をこれほど多く見たのは初めて…」との声が上がった事から、解散間際ながら急遽訪問する事にしたものです。

志々岐阿蘇神社の猿田彦の石塔は20基ほどですが、大宮神社には等身大以上も含む50基もの石塔があるのです。

まあそれはともかく、大宮神社と呼ばれる神社が山鹿市の中心部にあります。

無題.png

御祭神第十二代景行天皇、合殿:阿蘇十二神
 祭礼日:8月16日・例祭(燈籠祭)、1115日・秋季大祭(七五三祭)
 境内社:西宮・八坂神社(祇園社)・八幡宮、甲斐神社、猿田彦大神、金刀比羅宮、管原神社、生目神社、宮地嶽神社、出雲宮、高住神社、地主神社
 由緒:第12代景行天皇が筑紫御巡幸の折、玉名から阿蘇へ向わせられた途中山鹿にお着きになり杉山(現社地)に行宮を営ませられ附近の賊を御平定になられたという。その後行宮の跡地に天皇を奉祀したのがこの大宮神社である。大宮と称するのもこれに由来している。

ここでは、景行天皇にかかわる伝承とか、後で覆い被さって来た阿蘇系神社といったものは、全てこの神社の本質ではないものと考えます。

九州王朝論者の目から見たとき、大宮神社が何であるかについては、摂社を見ればある程度の見当が着く様です。と、言うのは、参拝殿や神殿でも正面の神紋は二枚鷹の羽紋なのですが、端に打たれた神紋は五七の桐だからです。

無題.png

良く見ると神殿の千木は縦切りで立派な五七の桐の神紋が打たれています

どう見てもただの贈)景行天皇を祀る神社でも、八幡宮でも、阿蘇系神社(菊池初代則隆が阿蘇神社を勧請)でも無い事は明らかです。

千田聖母宮と同様に、古代には(最低でも750年以前までは)高良玉垂命を祀る九州王朝の神宮だったと考えるべきではないかと思うのです。

そこで境内社を見て見ましょう。九州王朝の臣下を含む一族の揃い踏みといった状況です。

この境内社群を「熊本県神社誌」との付き合わせを行っているところですが、この境内社群が実際には誰を祀ってあるかについては大体の推定を試みて見ました。

西宮        ?

八坂神社(祇園社) スサノウ

八幡宮       正八幡=博多櫛田神社の大幡主 これが応神天皇には見えません

甲斐神社      ?

猿田彦大神     山幸彦=ニギハヤヒ(初期の本拠地の一つが山鹿だったのではないか…)

金刀比羅宮     通説では大国主命となりますが、百嶋神社考古学では大山咋とします

管原神社      道真

生目神社      贈)垂仁天皇

宮地嶽神社     ワカヤマトネコヒコ=後の高良玉垂命と神功皇后を祀る

出雲宮       大国主命

高住神社      彦山北谷豊前坊

地主神社      金山彦?

一番重要と思われるのが、最後の地主神で、一応、金山彦を当てています。

それは、この境内社群に最重要人物である金山彦が見当たらない事と、金山彦がこの地に居たという確信があるからですが、それについては先行する 191 櫛稲田姫(クシナダヒメ)は熊本県山鹿市で産まれた! をお読み頂きたいと思います。

今回はここで中断します。

まだ、不確定の所が多く、考えが纏まっていないまま書き始めたからですが、何故、肥後には異常なほどに猿田彦を祀る信仰圏が広がっているのかというテーマと関連します。

この問題の根底には物部氏のルーツが九州中央部の諫早〜島原〜玉名〜山鹿の一帯だったのではないかという話が絡んでくるのです。

 猿田彦を山幸彦、ニギハヤヒとし、草部吉見を海幸彦とするのは百嶋神社考古学の大きな特徴ですが、

 境内背後地に置かれた50基もの猿田彦の石塔は、この地が景行天皇の信仰圏だったとは凡そ考えられなく、本当の実力者が誰だったのかを伝えるほどの迫力を持っています。 それは、数年前まで小倉南区を拠点とする教派神道系の神理教の山鹿教会が大宮神社の境内地に存在したことでも分かります。


以下、再考。

今回はここから始めることにします。まず、前回、気づかずに高住神社?を?として見過ごしていました。良く考えれば分かったはずなのですが、その時には思考の連鎖が切れていたのです。

 高住神社とは、言うまでも無く、彦山北宮の豊前坊以外には考えようがありません。

無題.png

前回、「一番重要と思われるのが、最後の地主神で、一応、金山彦を当てています。

それは、この境内社群に最重要人物である金山彦が見当たらない事と、金山彦がこの地に居たという確信があるからですが、それについては先行する 191 櫛稲田姫(クシナダヒメ)は熊本県山鹿市で産まれた! をお読み頂きたいと思います。」と書いていました。

しかし、画像を失っていたため、文章だけで済ませていましたので、今回、ご覧いただきます。

無題.png

地主神社を大宮神社の本当の祭神であり「金山彦」としましたが、「火の神」と書かれていますね、この金山彦と埴安姫との間に産まれたのがスサノウのお妃となる櫛稲田姫なのですが、それも山鹿の某所に…

 この地主神社の祭神こそ大宮神社の主である事に気付いたのはほんの最近のことでした。

 まず、境内でも摂社は神殿の後ろではなく、脇、それも手前の邪魔にならない所に置かれるのが原則です。

 ところが、この大宮神社では神殿の背後にずらりと重要な神様が並んでおられ、その警護役でもあるかのように50基もの猿田彦の石塔が置かれているのです。

 また、神殿横にこの地主神が並んで置かれ、最大の猿田彦が神殿と地主社の線状に見守っているのも異様で、あたかも神殿に入るべきは自分であると主張しているかのようなのです。

 西宮、甲斐神社について依然不明ですが、なんとかこの大宮神社の構成も見えた様です。

 勿論、「熊本県神社誌」にもそんなことは一切書いてありませんし、あくまでも景行天皇(阿蘇12神)を祀る神社とされています。

 阿蘇が持ち込まれたのも菊池氏の勃興期、菊池則隆が合祀したからで、それ以前は景行が単独で祀られていたなどと本気で考えますか?という問題です。

 本来は、対岸に鎮座する千田聖母宮同様、これら多くの神々を従えた九州王朝の大王こそが祀られていた神宮のはずなのですが、実際の実力者は金山彦であったと思うのです。

それでこそ、神殿上部に五七桐の神紋が打たれている意味が分かるのです。

無題.png

山鹿灯篭とか景行天皇から離れこういった視点で大宮神社を見て頂ければ山鹿の古代史が見えてきます

では、九州最大(=日本最大)の猿田彦石塔群をご覧ください。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 18:21| Comment(0) | 日記