太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年09月28日

240 山口市に石鎚神社があるのをご存知ですか?

240 山口市に石鎚神社があるのをご存知ですか?

        20160421

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 下関市に石鎚神社があります。

 以前から気になっていて、何時かは探訪したいと考えていたのですが、広島県の安芸太田から島根県の邑南町周辺の神社探訪を終えて九州に戻る途中に余裕ができたことから、関門トンネル手前数キロで思い直し、国道2号線からは参拝道も鳥居も確認できないまま下関市の石鎚神社の初見を試みました。


長府石鎚神社 カーナビ検索 山口県下関市大字松小田1−306

無題.png


無題.png

石鎚神社(いしづちじんじゃ)は、愛媛県西条市にある神社西日本最高峰鎚山神体山とする神社で、山麓に鎮座する本社(口之宮)、山腹の成就社(中宮)と土小屋遙拝殿、山頂の頂上社の4社の総称である。旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社。石鎚山総本宮と称し、宗教法人石鎚本教の総本宮でもある。神紋は丸に石の字。

石鎚毘古命(い しづちひこのみこと・古事記では石土毘古、石鎚大神とも称する)石鎚大神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の第二子で、天照皇大神の兄に当たるとされている。祭 神は一神だが、神徳を仁智勇の玉持ち神像(和魂 にぎみたま)、鏡持ち神像(奇魂 くしみたま)、剣持ち神像(荒魂 あらみたま)の三体の神像                       ウィキペディア(20160421 13:00による


山口県山陽小野田市厚狭5994−1

山口県防府市桑山2丁目1-2

山口県下関市吉見古宿町97号 宗)石鎚本教 吉見教会…

を始めとして山口県から広島県にかけて(福岡県田川郡内の一社を含め北九州市一帯にもかなりの分社があるようです)石鎚神社が数多く認められます。

 問題はこの神社の祭神です。


石土毘古命(いわつちひこのみこと)、また石鎚大神(いしづちおおかみ)とも申し上げ、天照大御神をお産みになった伊邪那岐命・伊邪那美命の第二の御子にあたられます。         石鎚神社HPより


とはあるのですが、それが誰かが分からないのです。

一応、ひぼろぎ逍遥(跡宮)044 四国に高良神社を探る E “伊予、讃岐は物部のエリア” 石槌神社は誰を祀るか? では、


この石槌神社の祭神とは、恐らく、博多の櫛田神社の祭神である大幡主(オオハタヌシ)もしくは、大幡主と伊邪那美命との間に誕生したヤタガラスこと豊玉彦だろうと思うのです。

勿論、伊邪那岐命伊邪那美命が夫婦であり、それ以外はあり得ないと考える方はそれで結構なのですが(それが神社庁の許す範囲でしょうから)、それこそが、現在なおタブーであり、そのために祭神を伊邪那岐命・伊邪那美命の第二の御子とされているのだろうと思うのです。

「矢田」「加茂」「鳥生」といった地名があり、加茂川が流れ、周辺を物部氏、紀氏、橘一族を思わせる地名や神社が取り囲んでいるのですから自ずとそう判断せざるを得ないのです。

 百嶋神社考古学の神代系譜では、瀛(イン)氏一族のイザナミは、確かにイザナギ=新羅系昔(ソク)氏と通婚しスサノウを産むのですが、後には白(ペイ)族の大幡主との間にヤタガラス=豊玉彦=鴨建角身=秩父大神=寒川彦=思兼命…を産むのです(これも誰も知らない秘密です)。


と、書いていますが、依然として悩み続けています。

ここでは結論を急がずに、問題解決のため一つの過程として同社の探訪に入る事にします。

無題.png

 ご覧の通り下関市長府町の市街地から離れた四王子山(太宰府にもありますね)の中腹に同社はあるのです。このため、狭い住宅地の坂を登りつめ、山の中に入ると鳥居が見えてきました。

無題.png

 簡単に言えば四王子山の南麓にこの神社が置かれているため、なにやら森の中に神域(神社空間)が形成されているかのようです。

 それは、愛媛西条市の石鎚神社も同様であって、役小角の流れを汲む山岳修験の教団とすれば当然のことと言えばそれまででしょう。

 それほど長くはない参道(といっても森の中の登山道の雰囲気が残されていますが)を歩くと、社殿が広がっていました。

 この境内地がいつから成立していたかは興味深いところですが、このような山岳修験の教団が今なお存続し続けている事実には驚きを禁じ得ません。

無題.png

今回は、明治維新後に西日本各地を中心に全国の石鎚講を再編し崇敬組合を確立させた石鎚本教、すなわち石鎚神社と呼ばれる新興教団を取り上げましたが、関連して一つだけ分かった事があります。

それは、やはり役(エン)行者も博多の櫛田神社の大幡主→ヤタガラスに象徴される白族=「瀛」(イン)氏=忌部=卜部=陰(オン)陽師であることが確認できたことでした。

役行者も秦の始皇帝と姻戚関係を結んだ金山彦、白川伯王、白山姫、大幡主の流れを汲む一族であり、だからこそ孤高を保っているのです。

してみると神功皇后伝承で名高い「忌宮」(イミノミヤ)も付近の「印内」という地名も「瀛」氏の忌部の関連が考えられそうなのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:50| Comment(0) | 日記