太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年09月19日

 237 あまりに立派な貴船神社 “福岡県鞍手郡小竹町勝野の貴船神社”

237 あまりに立派な貴船神社 “福岡県鞍手郡小竹町勝野の貴船神社”

20160407

 久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

以前、ひぼろぎ逍遥160 何故か感涙を禁じえぬあまりに立派な高木神社“大任町の高木神社”を書きましたが、今度は貴船神社の話です。

高木神社も筑豊に多い神社ですが、それを上回る(恐らく倍以上)の70社近くあると思われるのが貴船神社です。


貴船神社(きふねじんじゃ)は、京都府京都市左京区にある神社式内社名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格官幣中社で、現在は社本庁別表神社

全国に約450社ある貴船神社の総本社である。地域名の貴船「きぶね」とは違い、水の神様であることかららず「きふね」という。

ウィキペディア(20160408

 などと、何でも「京都からの勧請」などと説明されるのはこの貴船神社に於いても同様ですが、その分布の厚さを考える時(小竹町でも56社は有るでしょう)、筑豊こそが震源地である事だけは間違いないでしょう。

無題.png

ただ、貴船神社は多いものの、誰を祀っているのかが全く見当が着かないのです。

 かれこれ筑豊だけでも70社近くある内、40社近くを見て回りましたが、祭神に関してはほとんど参考にならないものが半分以上ある上に、祭神が分かったとしてもバラつきが多く、結局誰を祀っているかが拡散して分からなくなってしまうのです。

 その上、道路整備、地域整備が遅れているところが多いのですが、この神社は立派な上に、社殿に勢いと活力が感じられ、貴船神社の一般的な弱々しい印象を受けないのです。

それはともかく、これだけ見ても、結局、未だに祭神を特定できないのです。

 従って、この貴船神社に関してもその一例でしかなく、貴船一般を論じようとするものではありません。

無題.png

同社縁起


高龗神(タカオカミ)、闇龗神(クラオカミ)、素盞鳴尊(スサノオノミコト)、稲田姫命、脚摩命(アシナヅチ)、手摩命(テナヅチミコト)と書かれています。

 ただ、ここでは(も)、排斥されたスサノウ系を意識してしまいます。では、社殿をご覧ください。

無題.png

 境内社には、猿田彦は勿論の事、筑豊では珍しい大日霊(オオヒルメ)さえも従えているのですから不思議な神社です。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 14:27| Comment(0) | 日記

2016年09月23日

238 人吉盆地の懐深く最高格式神社に再訪  “熊本県多良木町の王宮(オウグウ)神社“

238 人吉盆地の懐深く最高格式神社に再訪  熊本県多良木町の王宮(オウグウ)神社“


「ひぼろぎ逍遥」「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)共通掲載

        20160404

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

無題.png

人吉盆地の神社を考える時、真っ先に頭に浮かんでくる神社は青井阿蘇ではなくこの多良木町黒肥地の王宮神社です。

 十年ほど前、この人吉盆地の最深部を走り回り、天子宮(天子社、天子神社)と呼ばれる奇妙な神社群を調べていました。

 実は、この王宮神社も天子宮が久米から移動してきたものなのですが(以前はその表示板が存在した)、天子宮に関してはひぼろぎ逍遥(跡宮)で独立したリポートを掲載中であるためここでは触れません。

 まず、熊本県南半部には〇〇木という(恐らく半島系)地名が数多く拾えます。

  球磨川の左岸には白木、久多良木(百済木川が球磨川に注ぐ)もあり、隣町の錦も含め多良木もその一つと考えられるのですが(そもそも百済はペクチェであり クダラと呼んではいないが、新しい多良に対して旧い多良が「百済」クダラと呼ばれたとしたのは「百済の王統と日本の古代」を書いた兼川 晋氏でした…)、 この神社の性格がそれに繋がるかどうかも、なお、不透明です。

 ただ、そういった背景には関わらず、社殿の美しさ、気品、古代を感じさせる神秘性…の一切が閉じ込められ、多少とも相良以前を感じさせるのがこの王宮神社です。 

無題.png

例によって「熊本県神社誌」(264p)を見ると抑制気味ながらもこの神社が唯ならぬものであることが読みとれるのです。

 まず、黒肥地神宮(王宮)と大書(ボウルド)され祭神も神武天皇の一柱とされているのです。

 社殿(神殿)に打たれた神紋も五七桐であり、祭神と神紋はすっきりと一致を示しています。

 ましてや、神武僭称第10代崇神(ハツクニシラススメラミコト)の片鱗など欠片もないのです。

 この神社が、高原町の狭野神社と並ぶ本物の神武(カムヤマトイワレヒコ)天皇を祀る数少ない神社であることは、まず、間違いないでしょう。

 そして、前述のように「太郎・田部忠綱当郷に来たって久米蓑毛に住し、帝廟を勧請して王宮大明神と崇祀った。その後現在地に遷座」と書かれているのです。

 そこで、久米に現在も残されている久米熊野座神社(多良木町久米1098)の祭神及び久米に在る境外摂社五社の配神を見ることにしましょう。

 まず、久米は神武の戦闘集団(海兵隊と言うよりさしずめ古代の海軍陸戦隊)でした。


忍坂(おさか)の 大室屋(おほむろや)に 人多(ひとさは)に 来入り居り 人多に 入り居りとも厳々(みつみつ)し 久米の子が 頭槌(くぶつつ)い 石槌(いしつつ)い持ち 撃ちてし止まむ
厳々し 久米の子らが 頭槌い 石槌い持ち 今撃たば宜し


     忍坂の大きな室屋の中に人がたくさん来ている。人がたくさん入っていても、勢い盛んな久米部の者たちの頭槌・石槌を持って、敵を撃たずにはおくものか。勢い盛んな久米部の者たちの頭槌・石槌を持ち、今撃てばよいぞ

無題.png

 この久米が付された土地ですから、単に勇壮さに肖って付された地名とも思えず、古代の何らかの関係者(例えば大友旅人の隼人征伐にも参加した久米族の末裔の残留者…)が住み着いた土地ではないかとも思えるのです。

 では、この久米郷の摂社を「熊本県神社誌」からご覧ください。


 久米熊野座神社  熊野三神          白族

 若宮神社     健磐龍命外二神       阿蘇系(多少疑問?)

 治頼神社     相良治頼          相良氏(実体はニギハヤヒ系ではないか?)

 菅原神社     菅公            菅原系(白族かスサノウ系か?)

 年神社      大年、御年、若年神     草部吉見系

 八坂神社     素戔嗚尊・櫛稲田姫     スサノウ系


確かに戦闘集団の形跡があるのですが、今後、丹念にこの6社を見せて頂く事にしたいと思います。

 では、社殿をご覧ください。

無題.png

確かに神日本磐余彦命を祀る宮である事を表すかのように、五七桐の神紋が打たれています。

なお、境内社として健磐龍とされた若宮が、源嶋社(当方未確認)二社が置かれていますが、由緒を見る限り、玉依姫命、健磐龍命、比売命なる三神が加えられており、「熊本県神社誌」とは異なっています。

これは、多分、阿蘇系三神が後に追加されたものと思います。

本来、人吉盆地一帯は阿蘇系の領域ではないはずなのです。

それは、人吉、球磨地方全域の神社の配置を見れば明らかで、青井阿蘇も本来は阿蘇系神社ではないはずなのです。

少なくとも、王宮神社は単に初代神武=神日本磐余彦命(カムヤマトイワレヒコ)を単独で祀る神社であったはずで、相良侵入以前の古い神域を表す貴重かつ、人吉郡内最高高格式の神社が、この多良木の王宮神社だと思うのですが、“皆さんにも青井阿蘇から足を延ばしてご参拝頂きたい“と思ってやみません。

無題.png

なお、熊本県教委による大宮神社楼門の重文掲示板は現在撤去されているようです。


・・・多良木源島に帝廟(天子のみたまや)を勧進した。その後現在地に遷座したもので、祭神は神武天皇である。


どうやら「天子宮」なるものが胡散臭いと考えているようです。

撤去するにも、改竄するにもきちんと根拠を示し行うべきですが、その様な学問的な常識は最早持ち合わせていないのでしょう。

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 12:06| Comment(0) | 日記

2016年09月25日

239 山口県は豊の国  “豊田町の高格式 豊田神社“

239 山口県は豊の国  豊田町の高格式 豊田神社“

        20160421

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


春になりスケジュールが過密になって来ましたが、下記の関係団体のスケジュールで行動すれば、ほぼ、四、五日おきにどこかで何かがあることになります。


       久留米地名研究会

       太宰府地名研究会(トレッキング)

       菊池(川流域)地名研究会

       玄海地名研究会(宮地嶽神社)不定期

       百嶋由一郎神社考古学勉強会(サブ研究会)

提携団体

       菊水史談会

       豊の国古代史研究会

       久留米大学公開講座(古代史)九州王朝論

      

 このスケジュールの合間を縫って、懸案としていた安芸太田周辺の神社を見に行く事にしました。

 勿論、この一帯には過去何度か入っています。

 ただ、そのころの関心は民俗と温泉探訪でしかなく、神社に絞り込んだフィールド・ワークはやっていませんでした。

 しかし、アングルが変わると見えてものが違って来るものです。

 ともあれ、熊本大人工地震の五日前の昼過ぎには大分県日田市の天瀬温泉五馬高原研修所を出発し、中津市経由で関門トンネルを目指しました。

 これ以下のリポートに関しては ひぼろぎ逍遥 春本番!安芸太田から邑南町の神社探訪 として書いていますが、俵山温泉で最後の車中泊を終え山口県西部に戻ってくると訪問したい未踏の神社が頭に浮かんできました。

 そこで、町村合併が進んだ大下関市の二社、豊田神社と石鎚神社を取上げる事にします。

無題.png
無題.png

一目、荘厳な大社の雰囲気を持つ神社ですが、多くの境外摂社、境内社を明治期に合祀したもののようです。

 ただ、その中核となったのは長禄元(1457)年に太宰府から勧請された豊田神社のようで、その祭神には興味深いものがあります。

無題.png

既に見づらくなっているため画質を加工しています


その豊田神社も縁起書を読む限り、室町期に太宰府から勧請された菅原神社に元々現地周辺に存在した二つの若宮神社が合わせられ成立しており、この応神天皇、仁徳天皇、菅原道真というあまり見かけない(奇妙な)配神となっています。

 ただ、応神天皇が持ち込まれた経緯は不明です。既に陰りが見え始めていた宇佐神宮を配慮したものか?

若宮神社(仁徳天皇)に合祀されていたものかは文面からは読み取れません。

 仁徳天皇が何かについてはこれまでにも何度も書いてきました。

百嶋由一郎神社考古学の立場から再度、簡略化して言えば、高良玉垂命の9人の皇子の筆頭であり高良玉垂命と神功皇后(仲哀天皇の妃としての期間は一年程度)の5人の皇子の長男に当たる事実上九州王朝最後の天皇になる人物であり、だからこそ宇佐神宮の仮称中宮の若宮神社に祀られているのです。

 そういった話は置くとしても境内は手入れが行き届いており気品に満ちています。

無題.png

九州王朝論者の内部では比較的知られている久留米市山川町の高良御子神社の九躰の皇子です。

その筆頭が斯礼賀志命(シレカシノミコト)こそが仁徳天皇(オオササギノミコト)であり、次男が朝日豊盛命(アサヒトヨモリ)→草壁(稲員)氏へ続く、暮日豊盛命(ユウヒトヨモリ)…以下略載。

となるのですが、豊田町に朝日神社があり、豊田神社に若宮(仁徳天皇)が祀られている事自体、この豊田神社に九州王朝の影を感じるのですが、現段階ではそこまでしか言えません。

 しかし、豊田町全域の神社が合祀された集落名(地名)神社、祭神については非常に興味深いものがあります。

 ただ、日吉神社に大己貴命が祀られているのは奇妙です。

無題.png

これ以上の解析は空想になりかねない事からやめますが、下関市の矢原駅付近にも朝日神社がある事から、いずれ足を運び関連を考えて見たいと思います。

無題.png

いずれにせよ下関市の北部にこれほどの神社があるとは迂闊でした。

 関門トンネルに向かいましたが、帰路で豊田神社の案内板を見掛け、やはりと思い思わず写真を撮ってしましました。 境内ではこの五七桐紋(皇族のみ)は見掛けませんでしたが、これは高良玉垂命の神紋(三五桐は神功皇后で、皇族の関係者)なのです。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:56| Comment(0) | 日記